スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

この週末の思い

Category : 自転車
今日は朝から快晴
日差しは強いものの
風がすごく気持ち良い朝だった
昨日までの天気予報だと週末の天気は芳しくなかったが
今日の予報だと明日は暑くて晴れ!
明後日は気温低めで曇り
と、とりあえず天気は持ちそうな雰囲気

じゃ、ロードバイクいつ乗るの?
「明日でしょ」
って、週明けの会議の資料がまだ出来ていないので
土曜日は仕事が入りそう。。。
それでも気合い入れて短時間で良いからどこかを
走るようにしてみよ。
夕方の榛名山なんてのも良いかもねぇ。。。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

OSBEのヘルメット

Category : スキー色々
ロードバイクの世界では普通にかぶるヘルメット
交通事故などいざという時に
守ってくれる頼もしいグッズだ

同じく最近はスキーの世界でも
かなりヘルメットの着用者が増えてきている
私もここのところずっとヘルメットを着用する派になってきた

でもスキーのヘルメットの場合は
ロードバイクと違ってゴーグルなるものの着用が原則だ
このゴーグルとヘルメットの相性が結構重要で
おでこに隙間が出来たり
あるいはゴーグルが鼻孔を圧迫したりと
フィットするヘルメットを探すのは一苦労だ

そんなヘルメットでお悩みの方々に
ちょいとクールでコンフォータブルなヘルメットを紹介したい
それが↓これだ
130529-1.jpg

130529-2.jpg

130529-3.jpg

イタリア製のOSBE(オズベ)というブランド
元々はバイクのヘルメットメーカだったらしいのだが
2年程前からスキー用を日本に入れてきた
これに似たようなものに
GIROやVISTなどもあるが
それらはいずれもフルフェイスに近い構造のため
状況によってはレンズが曇る
このヘルメットの良いところは
レンズがゴーグルのレンズのような形になっていて
レンズが曇りにくい
当然レンズは開閉式で
ウルトラ警備隊の気分になれる。

今のところ
私もこのモデルを来年狙っているが
すでに購入が難しいとのこと
早めに手を回さなければ。。。
(ちなみに写真のモデルで定価が¥27000とのこと。)


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

ロードバイクの相棒

Category : 自転車
先日のハルヒルの時
あることに気がついた

それはみんなサドルがぼろぼろってこと
良くロードバイクの雑誌で見るけど
スポーツサドルって慣れるまでは結構痛い
また人それぞれ 
乗るポジションやお尻の形が違うから
ある人が「最高のサドル!」というサドルも
他の人には「最悪!」となるケースもあるらしい
要するに自分に合うサドルに出会うまでは
それなりに買い換え買い換えして
時間とお金がかかってしまうのだ

だから自分にぴったりのサドルに出会ったら
みんなそれにずっと乗り続ける
私もようやく最近買ったセレイタリアのSLRが
ぴたっときたようだ

ロードバイクのサドルって
スキーでいうところのスキーブーツに似ている
私の履いているスキーブーツのGARMONT
使い始めてすでに4シーズン
そろそろインナーがへたってきているが
それでも買い換える気にはあまりならない
結構傷も付いてたりするけど
ゲレンデで頼れる私の相棒だ

今私のロードバイクに付いているサドルも
これからしばらくは私の良き相棒になってくれることを期待したい。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

スキーとロードバイクの雑誌

Category : スポーツ
私はスキーとロードバイクにはまる
自称「二足のわらじを履くなんちゃってアスリート」
元来の体育会系の性分で
やるからには何でも真剣になってしまう

そんな私 スキーは幼少期からやっていたこともあり
基本的なものは身体にたたき込まれている
それでも最新のスキー技術やマテリアルなどが気になるため
不定期ではあるがスキージャーナルやスキーグラフィックなど
スキーの技術専門誌を買って読む

一方、ロードバイクに関しては全くの素人
数年前 シェイプアップのために購入したミニベロがきっかけで
スポーツバイクの世界にはまり
今ではすっかりロードバイクの魅力にはまってしまっている
ロードバイクに関しては
基本も何もわからずにここまで続けて来た
風になれる感じや
知らないうちにいい汗をかける
その感じが好きだったからだ
しかしながら そんな自分も
やはりきちんとした基本運動を身につけたい
そう思うようになって
最近は定期的に自転車の専門誌を買って読むようになった。

で、それらの技術雑誌を見て思うことなのだが
明らかにスキーの技術誌の方が
技術的な解説記事が多い
スキーというカテゴリの中に
アルペン、モーグル、基礎等と
様々なものを含んでいることもあるのだろうが
圧倒的に技術解説記事の多さが目立つ

一方ロードバイクの雑誌は
そうでもない。
確かに技術解説記事があることはあるのだが
誌面全体の中で技術解説の占有率は
スキー雑誌の半分にも満たない気がする
その分、もっぱら道具のPRやインプレッション記事が目立つし
小さなショップの広告も目立つ

スキーは今のところ不人気になってしまい
商業性の魅力が乏しくなってきた
だから一生懸命にマニアなファンを捕まえるための
技術解説が多くなる

ロードバイクは今ちょっとした流行のスポーツ
そこに参入してくるメーカも
広告料を惜しまない
その結果 広告記事が増えてしまう

個人的にはもう少しロードバイクの技術解説面を
増やして欲しいと思うが
もしかしたら自転車って
スキー(特に基礎スキー)みたいに年柄年中技術が変わらないから
変な理屈を唱える必要は無いのでは?

スポーツは普遍的な部分があるから
老若男女が楽しめる
そういう意味では ロードバイクの方が
やっぱシンプルなのだろうか。。。





テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

        

暑いぜ 赤城

Category : 自転車
昨日に引き続き
今日はロードバイクで赤城山を攻めた
スタートした時間が遅かったせいで暑かったぁ!
先週のハルヒルとは全く違う気温
それでも最後まで走り切った自分を褒めることにしよ。
130526.jpg
群馬県ってあの超有名漫画「イニシャルD」でもわかるように
本当に峠が多い
昔はバリバリに改造した車が
スピンさせて走っていたが
最近、峠を攻めるのはロードバイクに乗るローディー達
そんな土地柄
標高を稼ぐには不自由しない

赤城、榛名は元より
二度上峠や草津だって楽しく走れる

週末に赤城ヒルクライムの申し込みを終えた
9月末までにどれだけの標高差を稼げるか。。。
この歳になってもまだまだ速く走りたい

基礎スキーとは違って
タイムでデジタルに順位が決まる
だから結構はまってしまう

そろそろ梅雨入りのようだ
今のうちに走れるだけ走っておきたい

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

再びの榛名湖

Category : 自転車
今日も榛名山をロードバイクで攻めた
先週のハルヒルがまだ記憶に新しいのだが。

ハルヒルは榛名支所側から榛名湖を目指したが
今日の私は家を出て渋川から
水沢~伊香保温泉経由でアタックしてみた
家を出た時、曇天で空気はひんやりしていたが
山頂に着いたときは快晴
130525.jpg
日光に当たっている限りは暖かい陽気であった
そんな天気に魅せられて
榛名湖の周りを何周かTTもどきしていい汗をかいた
そして身体が冷えないうちに
先週のハルヒルコースを下った

先週まで ハルヒル開催のこのコース
多くのサイクリストが走っていた
でも今日は殆ど人はいなかった
兵どもが夢の後と言ったところだろうか。
また来年の春までは こんな感じになるのだろう
おかげで下りも安心して走ることが出来た

帰宅した時、手元のとサイコンは90kmを越えていた
どうりで疲れるはずだ
今夜はゆっくり眠ることにしよう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

福島にて

Category : 国内探訪
福島のいわき市に出張した
実のところ、震災以降初のみちのく入りだった
いわき市は海に面した街
頭の中に 震災当時の悲惨な光景が浮かんでいた
私は車を常磐道に沿って北上させた

途中右手に見える海の蒼さは美しかった
そこに見えるその色は
昔のまま いやそれ以上に静かだった

いわき市内では海岸側に訪れることは無かった
少なくとも高速を降りて
車で走った範囲には
震災の爪痕を思い起こさせるものは無かった

お客さんのところにつく
小高い丘の上にある工場
働く人達 何も変わっていない
しかし ひとつだけ
でも その一つで十分なほどに
昔と変わっていたところがあった

工場の中に設けられた
「現在の放射線量」というデジタル掲示板。。。。
一日も早く この掲示板が無くなることを
心から願う次第だ。


テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

        

ロードバイクも走れば。。。

Category : 自転車
犬も歩けば棒に当たる
ロードバイクも走ればSLに出会う

群馬県って何を隠そう
それなりに知る人ぞ知る機関車SLのメッカ
水上方面や横川方面で
比較的簡単にSLを見ることが出来る

先日、高崎市内をロードバイクで走っていたら
偶然にもSLが踏み切りにさしかかるシーンに出会った
その踏切の回りには
カメラを構えた鉄マニ、鉄オタが数人立っていた
直感的に「SLだ」と思った私
ポケットからiphoneを取り出し1枚
130523.jpg

意外にも良い感じで写真が撮れた
その日のロードバイクは着の身着のままのツーリング
まさにロードバイクも走れば。。。
そんな一日であった

テーマ : 踏切
ジャンル : 日記

        

名古屋にて

Category : 国内探訪
名古屋に出張した
130521-1.jpg
昨年の秋にロードバイクで訪れた街だ
あれ以来 
結構名古屋に愛着を抱くようになった

前回のロードバイク行脚時に
食べた味噌カツが忘れられなかったので
今日も栄にある「矢場トン」へ味噌カツを食べに出かけた
130521-2.jpg

矢場トンは名古屋では超メジャーな味噌カツのお店
事前にネットで調べて行ってみた

そして注文したのが↓これ
130521-3.jpg
わらじとんかつ
ボリューム満点
で、お味の方も良い
久しぶりの味噌ソース
これぞ名古屋の味!
とは言えカロリーの取り過ぎは禁物
わらじとんかつの肉のボリュームに的を絞って
ご飯は敢えてパスしてみた。
でも、ほんの少しだけビールなども飲む
また味噌かつがビールに合う!

仕事の後のこの食事
今日も頑張って良かった!と
自分への褒美になる

明日もまたまた出張だ。
とんかつパワーで頑張るぞ!

テーマ : ある社会人のオタ日記
ジャンル : 日記

        

ハルヒルを終えて

Category : 自転車
ハルヒルを終えて
今日は意外にも特別な筋肉痛などなく
自分のヒルクライムへの順応性を感じられる一日であった。

今日の上毛新聞にもこの大会が大きく取り上げられいた
参加者はほぼ4000人
全国的に見ても参加者数では かなり大規模な大会だったと思う
私も高崎市民なので こういう企画はとても誇らしく思える
が、しかし大切なことは
こういう大会が一回きりでは無く
これからも持続していけることだと思う
そのためには今回の大会の反省点を次回に活かすことがポイント

果たして事務局がどう捕らえているかは不明だが
昨日のスタート地点での待ち時間の40分間
周辺にいた選手の人達と雑談した限りでは
必ずしもポジティブな内容ばかりではなかった

私のスタートウェーブは今回のコースを1時間前後で走る
ミドルレベルの選手の人達
持っているロードバイクも高級品を揃えた人達だった
ある意味、こういう大会には出場慣れしている選手層
そんな人達の意見は辛口だった
しかもみんな 同じ群馬県内で開催されている
赤城のヒルクライムと比較してしまう

そんな人達の意見を下記に羅列してみた

1)ちょっと人数が多すぎるんじゃないか?
2)開会式は榛名の体育館 あるいはグランドでやったら?
3)スタート時の待ち時間は選手の身体を冷やすだけ

ってところだった。
私も赤城HCに参加しているが
確かに大会当日の選手の一体感は赤城の方がある
みんなで開会式に参加している感があり
その開会式で緊張感とワクワク感が増してくるのがわかる
それと、なぜかスタートまでの待ち時間が短く感じる
やっぱり人数が多すぎるのだろうか。。。

それ以外に私が感じたことは
閉会式を山頂でするのはちょっと考え物
やっぱり寒い。
仮に小雨の中だったらみんな凍えてただろう
下山の待ち時間も同じ。
選手は風邪を引いてしまうっしょ。
帰りの道は赤城よりも遙かに斜度がきついので
これまた小雨だったりした場合
転倒者やけが人が出たのでは?と心配してしまう。

と、総じて言えることは
人を集めるのなら それなりの場所を確保すること
って感じだろうか。。。

地元の方々の暖かい応援や
太鼓などのエンターテインメントもすばらしいし
走っている選手の励みになる
出来ることなら
榛名神社から榛名湖までの最後の激坂に
たくさんの応援が欲しかったかな。

一回目の大会としては点数は70点くらい
来年はもっともっと良い大会になることを期待している。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

        

ハルヒル完走

Category : 自転車
ハルヒルが終わった
いやーーー疲れた
榛名の体育館周辺に4300名からの選手が集まったわけで
ものすごい人 まるで夏の豊島園プールみたいであった
まあ人の数だけ自転車の数もあるわけで
特にずらりと並んだロードバイクの数は圧巻だった
130519-1.jpg
みんな高そうなロードバイクばかり
仮に一台平均20万円として4300台の
総額は8億6千万円!
すご!

JESCのメンバーも何人か参加したが
なかなか現地で会うことができないくらいに人の海
ちょっと人が多すぎるかな?というのが本音

で、選手のスタート位置への移動が始まった
榛名支所前から道路を敷き詰める選手の群れ
130519-2.jpg
どうも前方で開会式をやっているが
かすかな音は聞こえるものの
まったくわからない状況
赤城の開会式は
とりあえずみんなで開会式の雰囲気を味わえたが
榛名は一部だけで盛り上がっている感
これは次回大会に向けて大きな反省点だろう。

そしてスタート
スタート前はそれなりの雰囲気
気合い入れてペダルをこぐ
道路脇にいる町民の方々の応援が嬉しい

この大人数であの道幅?
と心配していたが
意外に右側車線は走り易く
ストレス無くコースを走ることも出来た
130519-3.jpg

やはり榛名神社から湖畔までの激坂は
キツかったが
回りの選手に引っ張ってもらって
130519-4.jpg
自分なりに満足の結果を出すことが出来た
振り返ってみると 結構面白いコースだったように思う
他のJESCメンバーも完走できたし
充実した大会だった

思えば昨年の赤城でデビューして
今回が2回目
少しずつではあるがヒルクライムの走り方がわかってきたように思う
今度の赤城に向けてエンジン全開させたい。
130519-5.jpg



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

ハルヒル前夜

Category : 自転車
明日はいよいよハルヒル(榛名山ヒルクライム)だ。
今日は榛名湖畔でTTがあった。
榛名の体育館の受付会場は大渋滞
駐車場は溢れんばかりの車で埋まっていた
また多くのロードバイクが街中を走っていた
これだけでも緊張してくる。。。
130518.jpg

明日スタートは7:00
赤城もそうだがヒルクライムはなぜか朝が早い
とりあえず明朝は4:15に家を出ようと思っている
これってどこか一昔前のスキー行に似ている。
ウィンターシーズンだと早朝はしばれて辛いが
今の季節ならとりあえずそこは大丈夫。

赤城んぼヒルクライムとは違い
まだロードバイクのシーズンは始まったばかり
なので十分に走り込んできてわけではないが
まずは完走を目指して頑張ることにしよう。

さあ 明日の朝は早い
もう寝なければ・・・・。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

        

スキーウェア

Category : スキー色々
私が所属するJESCこと十人十色エキスパートスキークラブ
来シーズン創部30周年になる
四半世紀以上も活動を維持してきたことは
まさに快挙だ

そんな30周年にふさわしいスキーウェアを今検討中だ
過去の経験からして安かろうは悪かろうだ
せっかくみんなで揃えるクラブウェアなのだから
デザインはもちろんだが
機能性は充実させたいと思っている
今、いくつかのメーカとコンタクトを取り始めた
クラブウェアである以上オリジナリティにはこだわりたいし
かと言って 目が飛び出るほどの価格では
みんなも買いづらいだろうから
なかなか難しいところだ。

ま、出来れば6月中旬までに素案をまとめて
クラブのメンバーに連絡したい。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

        

諸々の思い

Category : スポーツ
今日も天気は良かったが
昨日のような暑さは無かった
今のところ太平洋高気圧の力が弱いらしく
なかなか梅雨前線が北上しづらい状況とのこと
今週末の天気予報
じゃっかん傘マークがあるようだが
おそらくは曇りくらいのところに落ち着きそうな気がする
日曜日の榛名ヒルクライム
何とかして天気だけはもって欲しい
一応 おニューのロードバイク
雨の中を走ることは出来れば避けたい

そんな折、ご存じ石井スポーツのスキーカスタムフェアが
6月の初旬 新潟から始まる
特別買う物が無くても
会場中に広げられたスキーのグッズを見ると
やっぱりワクワクしてくるものだ
今年もどこかの会場に足を運ぼうと思っている。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

        

ロードバイクの恩恵

Category : スキー色々
季節はいよいよ夏に突入した感のある
昨日、今日の気温
またしてもうだる季節がやってくる。あ~あ。。。

ここのところ、しばらくロードバイクの話がブログ上で続く
ロードバイクはすごく楽しいスポーツだと思う
ストイックになれる部分
開放感に浸れる部分
達成感を味わえる部分
そしてエンジニアの私を魅了する
メカを触れる快感
と色んな楽しみ、喜びがある

基本、ロードバイクに乗って走ることは私の楽しみであるものの
その一方で身体の中心にはスキーが何よりも好き
というコンセプトが常にある
スキーとロードバイクのどっちを取る?
と聞かれたら迷わず「スキー」と答えると思う

若かりし頃 情熱の全てをスキーに傾け
ひたむきに鍛え、練習した
そのせいもあって、腰痛に悩んでいた
ところがこの数年間 全くと言って良いほど
爆発的な腰痛が無くなった
特に夏場はほぼ皆無だ
私なりにこの理由はロードバイクによるものだと分析している
ロードバイクに乗ることで
知らず知らずにバランスを取りながら
左右対称の体軸が出来
かつ体幹もしっかりできているのだと思う
正直、この歳になっても
まだまだスキーが上手くなっている気がしてならない
補足的にはビンディングペダルを引く際に
ハムストリングなども鍛えられているのがわかるし。。。

夏場に楽しみや喜びや達成感を感じながら
大好きなスキーのためのトレーニングが出来る
こんなスポーツあまり無い

そんな意味で私にとって
ロードバイクはスキーと切り離せないスポーツと言うことが出来るだろう。

テーマ : みんなに知って貰いたい事
ジャンル : 日記

        

京都で感じたこと

Category : 国内探訪
先日の滋賀~京都ロードバイク行脚の際に
ちょびっと感じたことを書きたい

私は大阪生まれ。
とは言っても小学校5年生で仙台に転校している
そのため、三つ子の魂の分だけは大阪ッコなのだが
青春時代を東北で過ごしている
でも、子供ながらに京都と大阪の人間に壁があることは感じていた

大阪を離れて東北、北関東、三重と転々と渡り
ある意味 それぞれの地域を客観的に見れるようになっていると
自分でも思う。

私の親戚にも京都の人間はいるし
友人にも京都に住んでいるやつもいる
みんなとても良い人間だし
日頃からおせわになっている。

さて、そんな私が京都で感じたこと
それは残念ながら人間の冷たさだった
ロードバイクで走り続けていると喉も渇くし
冷たいものも欲しくなる
市内でソフトクリームの看板を上げている茶店があった
店内に入りソフトクリームを注文した
抹茶の美味しそうなソフトクリームが出てくる
店内を見るといくつかのベンチがある
幸い店内にいるのは私だけの様子
私はおもむろにベンチに腰掛けソフトを食した
と、店のおばさんが
丁寧な京都弁で
「ソフトクリームのお客さんはテイクアウトでお願いしています。」
え? でもベンチが完璧に空いているでしょ。
そう思ったが、ま、そこは大人になろうと
「あ、そうですか。すみません」と
なぜか私が謝って店を出た。

そしてまた別の店でも団子を注文して食そうとした
同じく店内にベンチがある。
とりあえず今度も同じように座って食べようとしたその時
「すみません、団子一本だけの人は表で食べてもらっています」
と、表をみるとサンサンの日差しの中
太陽に思い切り照らされたベンチがある
その暑い中で私に食べろというのだ。

一日のうちに二度も同じような冷遇を受けた私

考えてみたら「一見さんお断り」などという言葉は
京都ならではの言葉であったようにも思う

言い方が厳しいかもしれないが
1個買う客と100個買う客
1回しか来ない客と100回来る客
それは違う!
というのが京都の考え方なのだ。

文字通り観光の街「京都」 経済の多くは観光に頼る部分も多いはず
そうなると一見さんが普通だし
その一見さんが使うお金で京都が潤っていることを忘れてもらっては困る

「お上りさん」なんて言葉も
どことなく差別感を感じてしまう。

先日の東日本の震災の時
被災地のがれきの一部を大文字焼きで焼いて
鎮魂したいという申し出にも
地元の「放射能の拡散が心配」という強い反対でNGになっている
(むろん専門家が放射能の影響が無いことを確認していたにも関わらずだ)

やっぱりどことなく京都の冷たさと思い上がりを感じてしまう。
130513.jpg

ちょっと寂しさを感じた京都へのロードバイク行脚であった。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

榛名ヒルクライムの天気

Category : 自転車
今日は仕事の資料作り等があって結構ハードであった
しかしながら来週末には榛名のヒルクライムがあるため
全く走らない訳にもいかず
少しだけ近所をロードバイクで走った

ほんのわずかな時間ではあったが
今日の天気は今までと違っていた
日差しの強さが全く違う
レーシングパンツの境目にしっかり日焼けの跡が残ってしまった
また若干顔もひりひりする
完璧に日焼けしてしまったようだ

それにしても今日 車で見た外気温は30℃
いよいよ夏がやってきた感がある
もしも今度の榛名ヒルクライムの時に
こんな気温だったら
高地とは言え 結構辛いと思う

で、天気予報を見てみたら
どうも今度の週末は天気が芳しく無いようだ
正直、雨の中を走って
ロードバイクを傷める気にはなれない
最低でも曇りくらいのところで落ち着いてくれると嬉しい

今週も出張がてんこもり
ロードバイクに乗れない不安さもあるが
とりあえず天気が良くなることを祈りたい。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

とようけ茶屋の行列

Category : 国内探訪
今日は雨
本当なら来週の榛名ヒルクライムに向けて
コースの試走にでかけるはずだったが断念
ま、そういう日があっても良い

先日の京都のお勧めグルメの湯葉丼の「とようけ茶屋」
朝一番に行っても並んでいたと書いてみたが
その実感がわかないかもしれないので
私の撮った写真を1枚↓
130511.jpg

これ正午過ぎの店の前の状況。。。
この行列を乗り越えても
食べるだけの価値がある
そんな湯葉丼なのだ。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

Jawbone UPの防水性

Category : 未分類
先日もこのブログで紹介した
アメリカ製JAWBONEのUPその後もずっと使い続けている。

実は先日、酔っ払った勢いで
UPをつけたままお風呂に入ってしまった
良い気分で湯船につかっていた
「!」
時 すでに遅く
時間にしておそらく5分くらいはUPを水没させていた。。。
酔っているということは人間の気持ちを大きくさせる
「ま、いっか? また買えば良い」
なあんて気持ちでそのまま入浴中ずっと装着したまま

お風呂から出て
とりあえず軽くUPの水分を拭き取り
iphoneにプラグを差し込みデータをアップデート
すご!
ちゃんと作動するではないか?
このUPは一応日常防水保証となっているが
どうやら入浴程度はもつようだ

それからはシャワー程度なら
装着したままで使っているが
今のところ故障は無い
なかなか使えるアイテムだった。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

        

東大訪問

Category : 未分類
今日は久しぶりに東大の工学部へ行った
むろん仕事でだ。

ほぼ10年ぶりにN教授に会い、公私含めた話に花を咲かせた。
東大の学生も就職に関しては大変なようで
・英語しゃべれて当たり前
・コミュニケーション能力があるか
・課題設定能力と課題への挑戦意欲があるか?
が、現代の就活に求められるコンピテンシーらしく
特に工学部に必要な専門的な知識は
優先順がかなり低くなっているらしい

たしかに私も最近の若手を見ていて
上記の3項目の欠如を感じることが多い
受検のための勉強って
難しい問題は後回しだが
実際の社会では難しい、簡単に関わらず
課題を解決することが仕事

そういう意味では
東大も他の大学も含めて
学生に求められる要件って同じなのかもしれない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

とようけ茶屋

Category : 国内探訪
今日も先日の滋賀~京都ロードバイク行脚からグルメネタを。

京都にある北野天満宮はあまりにも有名
学問の神様、菅原道真公が祭られている
その正面の鳥居の真向かいにあるのが
↓この「とようけ茶屋
130508-1.jpg
朝は11:00からオープンしているのだが
私がオープン10分前に行った時には
既に20~30名の行列が出来ていた
そう、超人気店なのだ。

この店舗の人気の理由は「豆腐料理」
京都は元来 豆腐料理の多い地域ではあるが
このとようけ茶屋は、格別なメニューがある
それがこの↓生湯葉丼なのだ
130508-2.jpg
実際に、私は他の店でも湯葉丼を食べてみたが
とようけ茶屋の湯葉丼だけは別格の味とコスパであった
まず、この↓生湯葉の潤沢なボリュームを見て頂きたい
130508-3.jpg
ご飯の上にびっしりと
層厚の生湯葉がのっかっている
さらに、椎茸ベースの出汁がかかっており
この出汁と湯葉とそして椎茸が抜群の味で迎えてくれる
口に入れた時の柔らかな食感
次に広がる椎茸の香り
その途端 湯葉がとろけるように口の中に広がり
そこにご飯が全ての味を超バランスでまとめるように入ってくる
とにかく美味い!
正直、この丼を食べに行くだけでも
京都に行く価値があると思える味だった
この丼で¥800なのだから
そりゃ、行列もできるはずだ

で、サイドメニューにはこれ↓
130508-4.jpg
生麩の田楽
「生麩」って何だ?と思って
好奇心半分で注文したのだが
これもまた湯葉同様に柔らかい食感に田楽味噌
いやあ これも美味い!

今回のブログ
先日の京都行で一番のお勧めのグルメなのだ!!!

テーマ : みんなに知って貰いたい事
ジャンル : 日記

        

榛名ヒルクライム 地元の噂

Category : 自転車
群馬県って知名度の低さでは日本で一二を争うレベル
実際には谷川岳、草津温泉や伊香保温泉などの
有名な観光地や温泉地は数多い。
それでも知名度はワーストを競う県なのだ

そんな知名度の低い県にも関わらず
県庁所在地の前橋市と
新幹線の主要駅のある高崎市は
いつもいつも競い合っている
大阪と東京の競いあいに比べれば
まさに「ドングリの背比べ」

参考までに人口では高崎市が37万人
前橋市が33万人と若干高崎市の方が上回る
でも前橋市も
県庁所在地らしいケヤキの並木は
「さすが」とうならせる風格はある
(他県から来た私にとってはどうでも良い話なのだが)

そんな前橋と高崎の競い合い
5月に開催される
榛名山ヒルクライム高崎にも現れている

前橋市には今年で3回目を迎える
赤城山ヒルクライムという大会がある
私も出場したが
会場の雰囲気、コースの道の広さ
そして景観と
いずれをとっても素晴らしい大会だ

それを横目で見ていた高崎市
うちも負けてはいられないと
今回の榛名山ヒルクライムを企画開催したわけだ

で、このコース
正直、パワースポットの榛名神社を抜かすと
特に景観が良いわけでもなく
道路も狭いし 周辺で応援してくれる民家も少なそう。
明らかにコース的には赤城に軍配が上がる

それでも高崎市のライバル意識はけたたましく
赤城があれだけのコースを準備して
3000名の募集にとどめているにも関わらず
高崎はなんと5000名の募集をかけた
結果、そんなに人は集まることもなかった。

これは市役所に務める私の友人の話だが
高崎市は今回の大会の規模を全国でトップレベルにすると意気込んでいたが
あまりにの人数が集まらなかったので
地元の中学生に半ば強制の参加を促した
榛名の地元には榛名中学というマンモス中学がある
そこの生徒たちがまたぞろママチャリで参加するのだ
しかも一般的な大会ではNGとされている
ママチャリ用のカゴまで認可したのだ。
それでも人数が少ないので
高崎市内の地元の消防団まで招集かけるありさま。

参加者は4000名を超えたとのことだが
もしかしたら1000台近いママチャリが
当日スタートラインに並ぶかもしれない。

本格的この大会を楽しもうと思っている
スポーツライダー、ホビーライダーにとって
なんだか ねこそぎ緊張感を折られてしまう大会になるかもしれない

個人的には榛名山でヒルクライムを開催するなら
伊香保温泉側からのコースの方が良い
景観も道の広さも赤城に負けない。
でも、そこは渋川市の道路
高崎市の主催にはならない。

主催者あっての大会であることは十分に理解しているが
やはり自発的に参加したいと思う選手たちの気持ちを
反映してくれるとうれしい。


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

        

赤城山の悲劇

Category : 自転車
今日も晴天なり
榛名ヒルクライムに向けた体力作り
ってな感じで 本来なら榛名山のコースを走るべきなのだろうが
そこをあえて赤城山を走ることにした

スタート時に少し気になっていたこと
それは時折 変速機の切り替えが上手く行かないこと
一応リアディレイラーのワイヤ調整をして出発

赤城の鳥居を越えて
そろそろ旧料金所というところで
フロントをアウターからインナーに切り替えた
スタート時に感じた
あの変速機の不自然な感じがまた発生
気にはなるものの
ペダルを漕ぎ続けることに支障はなさそう
とりあえずノンストップで山頂まで行こうと決めて
走り続けた。
リアの変速を一段上げたその瞬間
「カチン!」という音と共に
ペダルが空回り。
『あああ、チェーンがはずれた!』
そう思い、足下をみて唖然。。。
チェーンが無い。

そう、生まれて初めてのチェーン切れだった。
私のチェーンは軽量化を狙ってKMCにしていたが
こんなに簡単に切れるとは。。。
道ばたに落ちていたチェーンを拾い上げて
よく観察してみると
ミッシングリンクの部分が切れていた。
ふーむ 噂に聞くミッシングリンクの弱さが露呈したか。。。

仕方無くチェーンなしで
下り坂を下山。
(平地で無くて良かった)

パワーキッズにロードバイクを持ち込み相談
・KMCとかSRAMとかの軽量チェーンはやっぱり寿命は短い
・特にミッシングリンクは1500km位走ると切れやすい
ということだったので、ついでだからチェーンごと交換
DURA-ACEのチェーンに変更
もちろんミッシングリンクは無しで。
ついでにチェーンロックもつけてもらった。

軽く試走してみたが
めちゃくちゃ静か。
パワーキッズのスタッフ曰く
・軽量化を考えたものは音は我慢しなくては。。
とのこと。

でもチェーン切れが榛名ヒルクライムの前で良かった。。。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

清水寺カフェ「Oggi」の謎

Category : 国内探訪
連休二日目 体調悪し
夕べからひどい胃痛が続き
結局今日は一日 家で寝てた
風邪と違って胃痛は寝てても痛い
薬を飲んで寝るだけなのだが
とにかく動くのがいやな位に胃が痛かった

それでも夕方頃 ようやく体調が戻ってきた
なんとも無駄な連休を過ごしてしまった。

今日は先日の滋賀~京都ロードバイク行脚ネタを一つ
この間のブログでも書いた
清水寺のカフェ「Oggi」
↓これがその店内の写真
130504-1.jpg
結構な自由空間が広がる開放感のある店内だ
この写真の上部にある赤い張り紙に注目

↓これが拡大したもの
130504-2.jpg
この高さで頭をぶつける奴はいない。
店長のユーモアかそれとも
国際色豊かな京都ならではの
外国人に対する気遣いなのだろうか。

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

        

二度上峠

Category : 自転車
GW後半の初日 高崎の天気は最高!
でも少し肌寒く 風も強かった

榛名ヒルクライムまで残すところ約2週間
GW前半は滋賀~京都の平坦なコース
ロードバイクを身体に馴染ませた

今回は体力作りのために
山岳方面に向かった
榛名湖方面に行くのが本当は一番なのだが
連休で榛名神社付近が混雑することや
おそらく多くのローディー達が走りにきていることなどを
加味して、榛名山の隣に位置する
二度上峠に向かった
途中のゆうすげ山荘にはまだ桜が咲いていた
130503-3.jpg


標高1400m
まあなんとなく赤城のヒルクライムコースを彷彿させる道
案の定 車の量も少ないし
ローディーも殆どいなかったので
快適に走り切ることが出来た
130503-1.jpg

二度上峠はその昔
私が鹿沢スキー場等に行くときに
よく使った道
すっごい懐かしい思いで走ることが出来た
自動車で走っていた時
もっと急に感じた坂道も
ロードバイクで走るとそれなりに走れる坂道に感じれたし
結構余裕を持って峠に到着することができた

峠から見える浅間山
130503-2.jpg
ロードバイクで登り切った汗に対する
自然がくれた最高のねぎらいだった
しばし言葉を失い その景観に酔った
残雪を見て 
今シーズンの自分のスキーの成長を思い出したりもした
そしてまた雪のシーズンが来る日まで
ロードバイクで頑張ろうという気持ちにもなれた

連休初日 とても良い気持ちになれた一日だった

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

よーじやカフェ

Category : 国内探訪
今日も滋賀~京都ロードバイク行脚から。。。

あぶらとり紙で有名な「よーじや」
最近は国内の至る所で目にするようになった
参考までに顔の脂の取り過ぎは
お肌にあまり良くないとのことらしいのだが

そんなよーじやのカフェを
嵐山で発見した
(って、これは普通なのだろうか・・・)
130502-1.jpg

嵐山のメインストリートに
いわゆるあぶらとり紙を売っているショップの横に
よーじやカフェとして存在していた
ロードバイクに乗って 結構疲れていたので
好奇心に駆られて店に入った

中はいわゆるカフェ
昔風に言えば喫茶店
清潔な感じの白をベースにした空間がそこにはあった

そこで注文したのがこれ↓
130502-2.jpg
抹茶のシフォンケーキ
なんとなく京都=抹茶なる公式が頭に働いたせいである
見た目は普通の抹茶シフォン
食べてみる。。。
やっぱ、普通の抹茶シフォンだった
ただシフォンがとても柔らかくて
みずみずしく感じる
シフォンって、若干口の中の水分を奪われてしまいやすいが
このシフォンはそんなことはなく
口の中に余裕の唾液がまだまだ残っている感じ
でも、味は普通に抹茶シフォンだった

そしてこれ↓が目玉 「アイス抹茶ラテ」
130502-3.jpg
カプチーノって
あの泡を使って 泡の表面に色んな絵を描いてくれるが
一般的だが
ここのラテはちょっと違う
写真のようにラテの泡の上に
抹茶パウダーをまぶして
みごとによーじやのあの「顔」が描かれていた

味の方は特別どうこうという訳ではないが
とりあえずなかなか遭遇できない
よーじやの顔付きのラテにちょびっと感動した次第であった。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

清水寺のお勧めカフェ

Category : 国内探訪
今日も今回の滋賀~京都のロードバイク行脚ネタで。

京都の清水寺の五条坂の下の方に
ちょいといかしたランチカフェの店がある
その名は「Oggi」
この店より上は豆腐だ お茶だ 蕎麦だ
と和のテイスト三昧の食堂が連なるが
その中にある紅一点の
小洒落たカフェレストランだ

店の前にある写真付きのメニューに惹かれて入ってみた
私の惹かれたメニューはオムライス
写真から もろにフワッとろの卵感が伝わってきたからだ
それに京都の春野菜を使用というのも魅力だった

それがこれ↓
130501-0.jpg
なんていうのか
卵がまるでターバンのようにライスを包んでいるのがわかる
このふわトロ感が食欲をそそるのだ

↓これがその中身
130501-01.jpg
ライスはケチャップでもなくバターでもなく
何て言うかちょっと香りの良い
上品な味のフライドライス
そのフライドライスの中に
このタケノコがどかどかと入っている

食してみる。。。
「美味!」
卵は見たままのふわトロで
ケチャップやソースなどの後付けの味付けは不要
うっすらと出汁入りの塩味
これがまた上品

そしてタケノコの柔らかさも格別
フライドライス、タケノコ、卵の3拍子が
口の中でシンクロする。
ふわトロだけのオムライスはたくさんある
でも、具もライスも全て整ったオムライスは
そんなにない。
しかもこの味で¥800は超格安!
京都のぼったくり食事群の中では抜群のコスパだ!
と、大満足なランチだった。

でもそんなOggiにも小さな落とし穴が。。。
それはここのアイス珈琲
確かに味は良い。
スタバなんて比べものにならない香りとコクがある
が、しかし値段が¥600は頂けない
オムライスが¥800とコスパ抜群なのだから
例えば珈琲セットで¥1000なら出来すぎ
せめて¥1200なら及第点といったところだろうか。
次回行った時に
ランチセットなるものが登場していることに期待したい。

「Oggi」 清水寺に行ったその帰り道
是非是非立ち寄って欲しい店の一つだ。

テーマ : みんなに知って貰いたい事
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。