スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ロードバイク南下

Category : 自転車
昨日 深夜京都から帰ってきた
いやはや帰りの高速で眠いこと 眠いこと
何度か仮眠をとりながらの長距離運転
まあどうにか帰ってこれた
今まではただひたすら距離を伸ばすことにだけこだわって走ってきた
思い返してみると観光地で観光らしいこともせず
気がついたら山形と滋賀の間をただ走っていただけだった感もある

そこで今回からは観光も取り入れながら
ゆっくりゆっくりと自転車行脚を続けることに決めた

今回の地図のログは下記
ピンクのラインがそれだ。
130430-1.jpg

彦根の町並みって彦根城のお膝元らしく
情緒溢れる雰囲気
かるく彦根市内を観光した後
彦根から国道8号線を南下して
近江八幡に立ち寄る。
近江八幡宮こと日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)にハンドルを向ける
P1250040.jpg
GWということもあり
神社の中庭にはたくさんの鯉のぼりが飾られていた
青い空の下になびくその姿
なんだかとてもすがすがしい
130430-2.jpg

そんな心地よさを胸に
琵琶湖方面へ・・・
琵琶湖では有名らしい陶器「水茎焼きの里」に立ち寄った
130430-3.jpg
ろくろの体験コーナーもあり
無性にろくろを回したくなったが
それでは時間が無い
好奇心をぐっと抑えて
ロードバイクを南下させたのであった。。。

途中 気になる会社「村田製作所 野洲工場」の前でパチリ
130430-4.jpg
連休ということで工場は完璧にお休みだった
余裕のある会社は良い。。。

そして私のKUOTAは待望の京都へ着いたのであった。。。。
130430-5.jpg

詳しい京都でのグルメレポート等は後日書くとして
とりあえずめぼしいところでの写真コーナーなど。。。

↓祇園にて
130430-8.jpg
祇園のメインストリート花見小路をロードバイクを押してエッチラオッチラ
ラッキーなことに舞妓さんにも会うことが出来た

↓ご存じ嵐山の渡月橋で
130430-7.jpg
初の嵐山観光 渡月橋って有名だが
行ってみると「なぁんだ」って感じが本音の感想

↓定番の金閣と清水にも足を運んでみた。
130430-9.jpg

130430-10.jpg
これらの場所
さすがにロードバイクの進入は禁止なのであった

今回はしっかりと観光も楽しむことの出来たロードバイク行脚
次は北の方も攻めておかなければ。。。

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

京都到着

Category : 自転車
今京都に来ている

自転車で本州縦断チャレンジしている一環
昨日は滋賀県の彦根に入り
今日は彦根市内と近江八幡をロードバイクで周り
今夜京都に着いた。
さすがにゴールデンウイーク
国道8号線、国道1号線共に大渋滞
なかなかハイペースで走ることはままならない

明日は京都市内をポタリングして帰ろうと思う
金閣寺、嵐山あたりに攻めてみようかと。。。

ホームタウンの群馬からの距離が長くなればなるほど
そこまでの移動時間だけが増えてしまい
なかなかロードバイクで走る距離を伸ばすのが
大変な状況になってくるが
関西方面は歴史の宝庫
じっくり観光を楽しみながら
本州を南下していきたい。

次回あたりから輪行バッグの登場かな。。。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

GWのお勧め リーズナブルグルメ

Category : 未分類
今日は身近なグルメレポートを
それはセブンイレブンで発見
「とろとろたまごの親子丼」新発売らしい。
写真なくて申し訳無いが
定価398円でこの味が得られる?
と驚かされる
上蓋に乗っかった親子丼の具を
ご飯にかけて食べる
つゆの多さと卵のトロトロ感が
共にご飯をみずみずしくしてくれる
それでいて鶏肉の柔らかさも
ちょっとした洋食レストラン並
うちの会社の食堂で¥400出して食べる定食と比べて
圧倒的なコスパだと思った。

春の行楽シーズン
費用削減のツアーをお考えなら
セブンのこの親子丼
超ウルトラお勧めのグルメだと思う。


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

お勧めの春スキー

Category : スキー色々
今週末からゴールデンウィークが始まる
多くのスキーヤーにとっては
おそらく今シーズン最後のゲレンデチャンスになると思う
有名なところでは
志賀高原方面、白馬方面、苗場方面などが
お気軽に行ける春スキー場のメジャー所だが
ちょっとマニアな春スキーを今回ご紹介したい

それは蔵王だ
蔵王は宮城県と山形県にまたがる国定公園
特に山形蔵王スキー場は5月の連休明けまで営業している
そんなことからもそれなりに豪雪の山であることはわかる
厳冬期は日本を代表する樹氷原を滑ることが出来る
なんとも幻想的なスキー場なのだ

しかし私が紹介する春スキーはもうちょっとマニアだ
ずばり「蔵王のお釜に向かって滑りましょ!」
っていうプラン。
蔵王の山頂にはお釜と呼ばれる火口湖がある
夏場に行けばわかるが
お釜の水の色はエメラルドグリーンやターコイズなど
光の反射により様々な色に変わる
そのお釜は 春の蔵王エコーライン開通により
乗用車で行けるようになる

↓これがその光景だ
130425.jpg
まさにこの壮大なスケールの斜面を
お釜に向かって滑っていくのだ

ここに行くのは簡単
都内から行くのなら
東北自動車道を北上し白石ICで降車
そのまま遠刈田方面に車を走らせ
蔵王エコーライン入り口の鳥居をくぐる
そこからは山の7合目あたりから
雪の回廊を楽しめる道が待っている。
そして目的地の山頂に駐車
(GWは結構混んでいるかな。。。)
スキーウェアに着替えて
お釜が見える場所まで歩く
と言っても数分で見える場所に着く
そこからはフリーのバーン
とにかくお釜に向かって 春の雪渓をすべるだけ
そうねぇ 滑走時間はものの数分かな。。。。
それでも良い感じの春の雪を
思い切り自由に滑ることが出来る
日頃体験出来ない 開放感あふれるスキーシーンを
味わうことが出来るのだ。

滑り終わったら大変だけど
板をかついで登るだけ。
これがきつい。
だから実際のところ
一日に2本も滑れば もうお腹いっぱい
そんな素敵な景色を眺めながら
おにぎりなどのランチを食べるのもいと美味し。
(春スキーとは言え山頂は相当に寒いから
 服装には要注意)
===裏技としては・・・===
お釜からさらに渓谷沿いに滑って行き
大黒天という場所まで辿り着くコースもある
この場合、大黒天の駐車場で車を回しておけば
それなりに長いコースを滑ることが出来る
(でも大黒天からエコーラインに出るまでは
 結構厳しい斜面を登らなくてはならない)
が、今年は雪が少ないので
きっと途中でコースは途切れているだろうから
あまりお勧め出来ない。
===============

滑り終わった後
山頂のレストハウスで売っている
玉こんにゃくを食すのも これまたいと美味し!

普段からリフトやゴンドラのある
ゲレンデしか滑ったことのないスキーヤーの方々
こういうちょびっとワイルドなフィールドを滑ることも
スキースポーツの醍醐味の一つだと思うので
是非トライしてみて欲しい。

テーマ : オタク的日記
ジャンル : 日記

        

腰痛の時のお勧め

Category : 未分類
夕べ辺りから 軽い腰痛気味な状態
特別何かがあったとかの心当たりがないのだが
腰痛とは長~い友達と割り切ってここまで来たが
ここのところしばらく
奴は顔を見せなかった
とりあえず湿布してコルセット
で、痛み止めのロキソニンを飲む

このロキソニンって効果抜群
昔腰痛で通った医者でもらって
その存在を知らされた
とにかく痛みが和らぐのだ

医者に行ったところで
レントゲンを撮り
「骨に異常はありません」
で、変な低周波治療器で電気流されて
良くなるまで通わされる

その昔 こんなクイズがあった
「その祈祷師が雨乞いをすれば
 100%雨が降るという。それはなぜか?」
答えはこうだ
「雨が降るまで祈祷し続けるから」

腰痛の時に通う形成外科はそれに似ている
とにかく良くなるまで通わされる

通っても1週間くらいで痛みは引くし
通わなくても1週間くらいで痛みは引く

だから今回もロキソニンを飲んで
一週間ほどおとなしくしていれば良い

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

        

季節の変わり目で

Category : 未分類
スキーシーズンも終わると
ブログに書くネタも少なくなってくる
6月辺りから来シーズンのスキーグッズの展示会などが始まるが
とりあえず今 スキーモードの心は
その展示会待ちといったところだろう

来シーズン 気になるグッズは
とりあえずスキーブーツかな。
今履いているガルモントも全く問題が無いのだが
そろそろインナーがへたってきた感もある
といえシェルはお気に入りなので
出来ればインナーだけでも買い換えかと。。。

小物だとバッグも気になるし
ブーツバッグも気になるところ
等と物欲に心躍らせて 展示会を待つことにしよう。

そうそう
今朝の浅間山もまだまだ白かった
昨日よりは空気が乾燥しているみたいで
写真にもそれなりに収まった。
130423.jpg

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

浅間山の雪

Category : スキー色々
今朝、会社へ向かう道
遠くに見える浅間山が真っ白になっていた
その白さは半端なじゃなかった
おもわず写真に納めたが
やはりこの季節
春の霞が若干あるため
真冬のように鮮明な写真を納めることが難しい
しかし、↓この写真の真ん中に
130422.jpg
しっかりと真っ白な浅間が写っている

昨日、上信越道は軽井沢から上田まで
雪のため通行止めになっていた
その事実とこの写真
昨日の長野はかなりの大雪であったことが想像つく
今週末は浅間2000スキー場は営業するらしいが
良い感じの雪が楽しめることだろう

季節外れの雪山に
ちょっと心が躍る自分
でも、心のスイッチはロードバイクに切り替わっている
GWのどこかで
今シーズンの雪山への感謝の意を込めて
最後のスキーをエンジョイしたい

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

        

ありがとう泥棒

Category : 未分類
今日コンビニに行ったときのこと
店員さんは非常に親切で丁寧な人だった
歳の頃なら50代のお母さん
とにかく言葉遣いから
接客の姿勢から
どんなお客でも絶対に気持ち良く商品を買うことが出来る
そんな感じの人だった

私の前に一人の男性が並んでいた
私は彼の後ろに当然並ぶ
私の順番が来たとき
私は持っていたパンとジュースを差し出した
その間もお母さんの態度は極めて気持ちが良い
手際よくパンとジュースを袋に詰めてくれている
と、その時 一人のおばちゃんが私の背後に並んだのがわかった
ちらっと目をやると
大きながま口を抱え
身体を横方向に足踏み状態
よほどせわしくしているようだ

で、先ほどのお母さんに目を移すと
〇〇円になります!
とこれまた最高の笑顔
私は「ナナコで」
「はい、かしこまりました」とまたまた笑顔
ナナコの音が聞こえた時
私は「どうもありがとう」
お母さんも満面の笑みで
「どうもありがとうござい」
この後、「ましたぁ!」で
気持ち良く追われたはずだったのに
小さな喜びを感じることができたはずだったのに
先ほどのおばさん
よりによって この「ありがとうござい」のタイミングで
背後から大きなダミ声で
「23番のタバコ三つ!!!」
いやはや何とも自分がもらった大切な何かを
途中で奪われた気分になってしまった

ああああああ、私はこのおばさんに言いたい
私がもらった「ありがとうございました」の心を返せ~。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

        

榛名ヒルクライムの準備 (1)

Category : 自転車
今日は寒かった
高崎の最高気温は13℃
この季節にこれだけ冷え込むと
まるで冬に戻ったかのような錯覚さえする
そんな寒~い中
榛名ヒルクライムに向けて
今年 初の榛名湖までの試走を試みた

榛名庁舎をスタートして
榛名荘病院の急坂を登り切り
榛名神社前1kmのうんざりする長~い急坂を越え
榛名神社からの3.2kmのウルトラ激坂
すべてクリアして
どうにかノンストップでゴールへ到着
いやあああ 疲れた。

今日は気温が低めだったので
ある程度走り易い状況ではあったが
もしも大会当日 異常気象チックに
夏日みたいになったらこりゃ大変だと思えた

↓これ、榛名湖まで行った人にしかわからない
榛名ヒルクライムのコース名物「男根岩」
130420-1.jpg
ここからゴールまでの残り500m
ラストスパートを簡単にさせてくれない
心臓破りの激坂!
マジで辛かったぁ。。。

愛車KUOTA-KOMの恩恵は十二分に感じるが
最終的には漕ぎ手の能力
残り1ヶ月で どこまで体力をつけられるか?
などと考えながらの帰り道
汗で冷えた身体を 「魚籠屋:びくや」の囲炉裏が暖めたくれた
130420-2.jpg

イワナの串焼き と囲炉裏の炎を眺めながら
蕎麦とキノコの網焼きに舌鼓を打った次第だ

明日は雨のようだ
とりあえず ゆっくり休養をとることにしよう。


テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

        

スキー技術選DVD、スキー技術雑誌の弊害?

Category : スキー色々
スキーの技術選が終わると
各社、各誌がこぞってその特集を動画や写真で組んでくる。
これ 基礎スキーヤーにとっては一つの楽しみでもある
それ見て「なあるほど・・・」と
技術解析や写真なり動画の運動のイメージを
自分自身の滑りに照らし合わせて色々考える
要するに「あんな滑りが出来たらなぁ・・」
が、これらを参考にする向上心の根底なのだ。

そんな意味で上述のスキー技術選特集は
基礎スキーヤーに対する影響力は大きいと言える

しかしながら
実はあの特集にいくつかの落とし穴があることを今日はお話したい
それは速度感のミスマッチだ
多くの動画、写真は
選手の細かな運動要素をフレームの中に納めたいため
画面に大きく選手を捕らえようとしている

「ターン前半部分で内足を上手く先行させて・・・」
「クロスオーバーさせた体軸を上手く使って・・・」
などとアナウンスや文章の説明が
動画や写真とシンクロさせるというのが常套手段
この場合、選手のシルエットが
出来るだけ大きく画面に捕らえられている方が説明もし易い
結果、我々の中には選手達のあのかっちょいい内傾角や
腕の振り上げ方などが
ビジュアル的にインプットされるのである

ここに落とし穴があると私は思う
技術選の場合
殆どの選手が我々一般スキーヤーの限界速度以上の速さで滑っている
その速さ故に 結果的に出来てくる内傾角やシルエット
ところが写真や動画からだとその速度感はわかりにくいことが多く
一つ間違うと基礎スキーは全てこうやって滑るべし!
みたいな「形」を追う方向に行ってしまう可能性もある

一方で一般のスキーヤーがゲレンデで滑っている際に
「見ろ! 俺のこの速さ~!」みたいに
気合い入れて飛ばしているつもりでも
大抵は技術選の選手の速度にはとうてい及ばないのが現実
リフトから見ていて、特別速く感じるスキーヤーって
そんなに多くはいない。
その「見ろ!」という気持ちはわかるのだが。。。

そうなってくると速度に応じた運動をした結果に
得られる内傾角やシルエットと
滑っているスキーヤーの実際の速度との間に
いつの間にか差が出てくる
簡単に言えば

〇技術選の選手の速度=40km/h程度?
 内傾角=結果的にターン内側の手が雪面に付く位に倒しこむ
〇一般のスキーヤーの滑り=20km/h程度?
 内傾角=何としても雪面に手を近づけたい! 
     デモの滑りが目標だから。。。

という速度と結果の乖離が生じてしまうのだ。

基礎スキーって見られてなんぼだし
ナルシスト的に「なりきっている」から楽しい部分もある

だからこの乖離が決して悪いとは言わない
(だってかっちょよく滑っているって自分で思えることが楽しいんだから)

でも、私は技術選の動画を見るときに
この速度感というものをある程度イメージしながら
見るようにしている。
技術の本質だけを取り組むように頑張る。

そしてゲレンデでその本質部分を練習する。
そうすると我々が滑っているゲレンデでのスキーって
意外に地味なものなんだなって思えるようになった。




テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

肩こりの救世主 その名は「コラントッテ」

Category : 未分類
今年の1月 かなり重症の肩こりに陥り
このブログでも読者の方々からアドバイスを頂いた

あの後数日間は地獄のような肩こりに悩まされた
ピッ〇〇レキバンとか磁気関係にも手を染めた
血行が良くなるという漢方にもトライしてみた
しかしどれも殆ど効果なしだった

もう年なのか。。。
そうあきらめかけていた時
ある製品の購入をきっかけに
神がかり的に肩こりが解消された
それがこの↓コラントッテ TAOだ
130417-1.jpg

130417-2.jpg

たまたまメガネ屋に行ったときに見かけたのがきっかけ
そこには詳細な技術資料が置いてあり
技術者「私」の探究心はゆれた
しかもお値段もそこそこする。
でも従来に無い磁石の配置パターンに心を惹かれ
わらにもすがる思いで購入に踏み切った

そしたらどうだろう
まさに神業
購入後3ヶ月以上経つが
全く肩こりにならない
信じられないかもしれないが
本当に皆無なのだ
1.5諭吉を払って購入した価値があったと思う

もしも今肩こりでお悩みの方がいれば
このコラントッテを購入してみてはいかがだろうか?
私はTAOを購入した
もっと廉価版もあるようだが
その効果があるかどうかは不明だ
でも15000円の価値は十分にある!と断言できる
私の救世主だ。



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

RitcheyとZIPP

Category : 自転車
先週末 軽井沢までKUOTA-KOMに乗って行った時
正直すっごい疲れた
KOM自身は軽くなっているはずなのに
「体力が落ちたかなぁ・・・」
と自分自身の体力の衰えが原因だと思った

↓この写真は昨年、栂池を登り切った時
ボードマンの写真
黒に黄色のデザインはなかなかだった
120917-4_20130416225845.jpg

↓そしてこれが先週末に軽井沢に行った時の
KUOTA-KOMの仕様
黒いフレームは渋くて良い
130414-1_20130416225846.jpg

で、よく見てみると大きな違いが
ハンドル部分にあった!
基本的にロードバイクは
サドルの先端からハンドルのセンターまでの距離を
セッティングさせる
そしてハンドルの高さも
ハンドルのアッパーサイドに合わせこむ
結果、ドロップの下側のハンドル高さや位置は
サイズ合わせの時にはあまり参考にされない

今回KUOTA-KOMの購入に合わせて
ハンドルをZIPPに変更した
この変更が良くなかった
素人の私はハンドルのドロップ形状にそんなこだわりを持っていなかった
ところが明けてみたら
上の写真のように
明らかにハンドルの位置に差が出てしまい
この差が私の上半身に大きな負担をかけていたのだ

元のハンドル=リッチー製のショートリーチ
新ハンドル=ZIPP製のトラッドリーチ

こんなにもハンドルの位置が違うなんて。。。
やっぱり 日本人の体系って
ショートリーチにぴったしはまっているって感じだ
早速ハンドルを元に戻さなくては。。。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

雪不足の春スキーシーズン

Category : スキー色々
今年は記録的な大雪だと言われた割に
現段階でオープンしているスキー場の雪の量は少ない
どうやら3月のあの記録的な暖かさが
記録的な大雪を
記録的に消し去ってしまったようだ
本来今週末は浅間2000で
アトミックのキャンプが開催される予定だったが
レーシングキャンプは雪不足で中止
基礎キャンプは野沢に変更になったらしい

じゃ野沢は雪があるのかというと、
上記レーシングキャンプの場所を野沢に変更しなかったことが
野沢でも同様に雪不足であることを証明している
先々週末に五竜に行った際に
身をもって雪の少ない春を感じた私
なんとなく春スキーへのモチベーションが下がっている
せいぜいGWにどこかで一日くらい滑って
今シーズンの打ち止めにしようかなと思う

この記録的な異常気象
やはり温暖化のせいなのだろうか。。。


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

日曜日の自転車いじり

Category : 自転車
昨日の軽井沢行脚
久しぶりの坂だったので
それなりに疲れていた

で、今日はまた趣味の世界で
ロードバイクの手入れなどをしてみた
基本的にはもうこれ以上手を加える必要はなく
デザイン的にも気に入っている
全くシンプルな黒
私的には 大人の渋さを感じさせてくれてるGOOD DESIGN
130414-1.jpg

まずは新車の重量測定など。。。
いつものようにバネばかりで計ってみると
車重は5.8kg
130414-3.jpg
まずまずの軽量化が出来ているが
前回ボードマンのフレームで測定したときは5.9kg
ということはボードマンとKUOTA-KOMのフレーム重量は
たったの100gだったということ
そう考えるとボードマンというメーカー
日本には輸入されていないが
すっごいメーカーだと思わされた。。。

ショップでボードマンのフレームセットとホイールを合わせて
5万円で下取りしてくれるとのこと
ふーーーむ 若干迷ってしまう
このままこのフレームをとっておいて
通勤用に仕上げてしまうか
それともそのまま下取りに出してしまうか。。。
火曜日まで答えを待ってくれる
それまでちょびっと悩まなくては。

昨日KUOTA-KOMで走った感じ
ZIPPのドロップハンドルのカーブが
自分にしっくりこない感があるので
そのうち、元のリッチーのショートに戻すことも考えなくては。。。
130414-4.jpg
KUOTAのKOMはデザインに大満足の一台
これからはあまり軽量化にこだわること無く
乗りやすいロードバイクになるように
チューンして行こうと思う。


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

KUOTA KOM 軽井沢へ

Category : 自転車
今日はKUOTAの初乗りだ
天気は最高
雲一つない青空
初乗りには最高の天気
とは言え、ここのところあまり長距離を走っていないので
そんなに無理は出来ず
ロードバイクに慣れることが目的
とりあえずハートレイトを抑えながら
軽井沢へとKUOTAを向かわせた
130413.jpg

KOMという名前の通り
こぎ出しの軽さはボードマンとは違いがわかる
まだ新しいライディングポジションになれていないため
細かな感覚は80点程度

良いところ
・圧倒的なこぎ出しの軽さ
・思ったよりもダンシングした時などの剛性がある
・やっぱデザインでしょ。渋い!

悪いところ
・下り、正直遅い。
 (これはZIPPのホイールが問題か)
・下りのハンドリングに若干不安あり。

まだまだこれから自分のポジションを探す必要があるが
とりあえず榛名ヒルクライムは
KUOTA KOMで出られそうだ。


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

KUOTA KOMが来た

Category : 自転車
KUOTAのロードバイクが届いた
パワーキッズに取りに行って来た
夜間だったので写真のアップは明日以降になるが
KOM(King Of Mountain)という名にふさわしく
かなり軽量な感がある
なによりもマッドブラックの雰囲気が良かった

明日はとりあえず初乗りにでかけてみようと思う。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

戸隠スキー場のゆるキャラ

Category : スキー色々
戸隠スキー場でコブトレしたのは つい最近のこと
結構ハードな斜面もあったりして
私的には結構体育会系のゲレンデというイメージを持っていたが
実はその戸隠スキー場にも
今流行のゆるキャラがいたのだ
その名は「トガッキー」
130411.jpg
戸隠って場所は蕎麦と忍者屋敷で有名
そんなわけでトガッキーは忍者スタイル
なんともそのまんま忍者って感じなのだが
せめて蕎麦も何らかの形で捻って
デザインに入れて欲しかった

そんな戸隠スキー場も
今は完全クローズ
来シーズンまで あのコブ斜面に会えそうにない
ちょびっと寂しい気がするが
とりあえずこれからはロードバイクに乗って
初雪を待つことにしよう。
気が早すぎるか。。。。



テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

回転寿司「いちもん」の商魂魂

Category : 国内探訪
今日は微妙に気温が低め
群馬の北部の山沿いでは雪が降っているとのこと
明日の朝の浅間山が楽しみだ。。。

先日、回転寿司に行った
最近はアンダー100円の回転寿司が普通になっているが
ま、そこは安かろう悪かろう
味を求めるのはいささか無理がある

そんな回転寿司市場の中で
値段は高いが味はそこそこという寿司屋も存在している
千葉や神奈川の沿岸沿いに行くと
そういったローカルの回転寿司が結構ある
しかしながら私の住む群馬県
ご存じ 完璧に海が無い
故に新鮮な海鮮料理にはあまり恵まれた環境では無い
そんな環境ではあるが 伊勢崎市にちょびっと高めの
味で勝負!的な回転寿司「いちもん」がある。
130410-1.jpg

ここは120円~500円程度の皿が流れる回転寿司
個人的にはまずまずの味
特にマグロ関係は上手いと思う

この寿司屋さん
売っているのは寿司だけかと思いきや
想像もつかないモノを売っていた

↓これは「いちもん」のメニュー
130410-2.jpg
ぱっと見た目
何の変哲も無いメニュー
寿司メニューやデザートメニューなどが
きれいにならんでいる。
だが
!!!!!
な、なんだぁ!
こんな↓文字を見つけた
130410-3.jpg

そう、このお店
なんとメニューを売っているのだ
誰が心ゆくまでメニュー眺めるというのか・・・
しかもその値段
おそらくは店の中で最高額の¥5000!

「いちもん」
すんごい回転寿司屋だった。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

動画の難しさ

Category : 未分類
先日の全日本スキー技術選以降
いくつかの動画をYOUTUBEにアップさせてもらった
素直に技術選の臨場感と楽しさおもしろさをまとめたものもあれば
対照的に大会そのもののジャッジに対する疑問を投げかけたものもある

特に後者について 私はまだまだ表現力が足りない
あるいはセレクトがまずかったと反省させられることがある
毎回思う スキー技術選の疑問」では
吉岡選手と栗山選手との滑りを一例に比較して
点差の付け方に対する疑問を投じたつもりだった
その結果YOUTUBE上に
「なんで? 吉岡の方が良いでしょ。」とか
「こうだから吉岡が良い」という意見を頂いた。
でも中には
「栗山選手の方が良い」というコメントも頂いた。

そしてその後、私なりにもう少し極論を表現すべきかと思い
技術選20位のコブ斜面の滑走タイムと点数をまとめてみた
これでは吉岡選手と丸山選手の差が10秒もあるのに
点差が3点というところをアピールしてみた
40秒と30秒の滑走タイムの違いは
ビデオで個別の滑りをみて把握できるモノでは無く
あのゲレンデを駆け下りてくる躍動感に
圧倒的な違いが出るタイムだ。
10秒差はそれほどに大きい

誤解の無いように言うが
私は決して吉岡選手云々、栗山選手云々 丸山選手云々を
あの動画や、このブログで唱えるつもりはなく
何か審査基準が曖昧すぎるのでは?
と投げかけたつもりであったのだが。。。

その一方で私のブログには真摯なコメントも数多く頂いている
まあ 私自身 ある意味この大会は競技ではなく
ショーであると割り切るべきという結論に到達しつつあるのも事実

みなさん特に丸山選手と吉岡選手の10秒差と3点差についても
何の疑問も持たず、吉岡選手へのジャッジは正しいと言い切れるのだろうか。。。
動画で何かを伝えること
特に疑問や批判的なものを伝えるのって難しい

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

スキー帰りの糖分取得

Category : 国内探訪
私の良く行くゲレンデ
それは、白馬方面なら
 白馬さのさか、白馬コルチナ、八方尾根、五竜
蓼科方面なら
 白樺高原国際、ピラタス蓼科
上信越道沿いなら
 浅間2000
っていう感じだろう

スキーをして疲れた身体って糖分を欲している
そこで、今日はそんなスキー帰りの身体に良い?
スペシャルスイーツのお店を紹介したい
このスイーツショップ
とりあえずお勧めは、蓼科方面、あるいは上信越道方面の帰りが
地理的には良いだろう

その店の名は「喫茶ノンnon」。
佐久インターから車で10分ほど軽井沢方面に向かった
JR御代田駅の前にひっそりと存在している
お店の風貌はこんな感じ↓
130408-1.jpg
見ての通り、決してきゃぴきゃぴした
あるいは今風の小洒落た感じの外観ではない

お店の中もどちらかというと暗め
晴れた日に店にいきなり入ると
暗順応がうまく出来ず(目が暗さに慣れずに)
足下がおぼつかないくらいだ
130408-2.jpg
昔あったジャズ喫茶を彷彿させる店で
店内にはこんな張り紙がしてあるくらいに
店の雰囲気にはこだわっている
130408-3.jpg

さて、ではこの店のスイーツの何がお勧めなのか?
というとずばりこれ↓
130408-4.jpg
ウルトラジャンボなパフェだ。
一応比較のために水のコップを並べてみたが
写真中の小さい方でも十分にジャンボだが
これが小サイズ
大きい方が大サイズになる。 圧巻だ!

また、ここのパフェの特徴は
ベースのアイスクリームとかフルーツやソースを自由に選べるところ
店員のお姉さんから
「具はなににしますか」と聞かれる
パフェ注文して「具」を聞かれたのは生まれて初めて。
パフェは基本的に
パフェグラスの底にプリンをつぶしたモノとコーンフレークを敷き
その上にアイスクリームを多段化して
外周を生クリームでデコレートしながら
フルーツを搭載していく(写真の場合はイチゴだが)
まあ、よほどの生クリーム好きでもない限り
この生クリームを食べたら若干胸焼けする。

最初はその大きさに驚き
一口食べて甘さに喜び
次にフルーツの酸っぱさとの調和に喜び
徐々に生クリームとの死闘に苦しみ始め
最後にはアイスクリームで冷えた身体の寒さと
ただただ満腹感に苦しむ
そんな感じのパフェだ

スキー帰りの糖分取得にはちょっとハードすぎるが
是非 話のネタにトライしてみてはいかがだろうか。

 

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

五竜キャンプ終了

Category : スキー色々
この週末は白馬村にいた
JESCの春キャンプがあったからだ
事前に週末の天気は芳しく無いとの情報を得ていたが
今シーズン最後のキャンプだし
JESCの定例キャンプだし。。。

ということで強行
一同白馬村の五竜スキー場へ集合した
土曜日の朝
五竜の天気は曇天ながらも雨は降っていない
そのままゴンドラに乗り込み
アルプス平へ到着
意外にゲレンデは空いていた
しかも適度に雪がしまっていて
なかなか滑りやすい状況
130407-1.jpg

とは言え、春スキーの醍醐味はコブ
みんなで一日コブトレーニングに汗を流す
アルプス平のコブであれば
八方尾根の兎平や黒菱ほどコブはハードでは無いため
ゆったりと基本トレーニングが出来る
みんなそれなりにコブと戯れていた様子だった

午後に入り1時半頃から雨がポチポチと降り始めた
この季節に風邪引くわけにも行かないので
山を下りることにした
ところが今年の五竜は雪が少なく
アルプス平から下山するコブコブのエキスパートコースは既にクローズ状態
仕方無く迂回コースを使って下山

日曜日は朝からヒョウが降るわ
雷が鳴るわの大嵐
130407-2.jpg
こりゃ駄目だ
と解散決定
みんな若干筋肉痛気味の身体と一緒に帰路についた

今回の宿はログハウスのレンタル
食事はシェフ私の作るグリーンカレー
みんなお世辞でも美味しいと言ってくれる
素直に嬉しい

今シーズンのJESCの雪上キャンプはこれでおしまい
今シーズンも良いシーズンを過ごすことが出来た。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

JAWBONE UP レビュー

Category : スポーツ
先日、私のブログで記事にした
アメリカで流行している活動量計
「JawboneのUP」
いよいよ4/20に日本でも販売されるらしい

そこで、これからUPの購入をお考えの方々の参考になればと
ここまでUPを使ってみた私の感想などを書いてみたい

◎まず使い勝手。
これはなかなか良い。
手首にちょいとつけておくだけで
活動量を測定してくれるのは便利
腕時計感覚で身につけておけるところが便利
一応、日常防水となっているが
IPXのいくつかわからない限りは
出来るだけシャワー等での仕様は避けた方が良いだろう
参考までにキャップをはずすとプラグが丸出し
こんな製品を水中に沈める勇気は私にはない

◎サイズについて言えば
意外にサイズは小さめに出来ている
一般的に日本人のサイズは欧米人に比べて小さいので
日本人のMの場合、アメリカサイズだとLが良い
などとされているが
このUPに限っては日本で使っているサイズで
全く問題無いと思われる
参考までに身長169cmの私はMを使っている

◎上述にあるキャップ
これは紛失し易い
というか私もどこかで落としてしまった
キャップをきちんとしていても
例えばシャツやジャケットを脱ぐ際に
引っかけて落としてしまうことがあるようだ
もしも日本でスペアの購入も可能なら
一緒に注文しておいたほうが良い

◎測定の精度は
良いのか悪いのかわからない
リファレンスとして今まで使っていたタニタの活動計も使ってみたが
歩数に関してはおよそ正しいようだが
タニタは手にとって活動計を振っても歩数をカウントしないが
UPは振ったらカウントが進んだ
また、なぜか消費カロリーは
タニタの消費カロリーよりも20%程少なくなる
どちらが正しいかは別だが
何となく日本製、しかも健康器具の老舗タニタの方が
信頼できてしまう。

◎アプリについてだが
私の場合はiphoneのアプリを用いている
一応運動量、睡眠量など計測してくれるところはなかなかのもの
アプリに自分の食べたものをインプットすると
ネットにつないでカロリー表示してくれる機能がある
これはやや便利
でも、ITチックに食品についているバーコードを
カメラで読み込むと
同様に消費カロリーを調べてくれる機能
これはまだまだ「該当するデータがありません」という表示が多すぎる
アップデートされることを待つしか無い。

総評してUPは今のところ
睡眠時間を測定する機能をどうしても必要とされる方以外には
あまり価格に見合った価値が無いという結果になる
私はタニタのAM120という活動量計を用いていたが
これは今ならネットオークションで新品で¥2000程度で買える
一方 UPは日本での販売価格は¥14000弱
この金額の差に匹敵する
機能やパフォーマンスを感じることは正直出来なかった
当面は日々の相対的な運動量の目安として
UPを使い続けると思うが
冷静に考えると「タニタで十分」という感じだ

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

春の浅間山

Category : スキー色々
今朝 家の外に出たら快晴
昨日までの雨がまるで嘘のよう
そしてちょっとした景色にほんのり感動
浅間山が真っ白になっていた
130404.jpg
昨日の雨は
高い山では雪になっていたようだ
久しぶりに見る真っ白な浅間山
でも今回の浅間山を演出してくれるのは
冬のあの透明な空気では無く
目下に広がる桜並木達
春にしか見ることの出来ないレアな景色
浅間2000は 良い感じで雪が着いただろうなと
ゲレンデを恋しく思いながらも
会社への車を走らせた

今週末の五竜のキャンプ
どうやら天気は最悪のようだが
今のところ
そう、私の若かりし頃のように
気合い入れて滑ろうと思う。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

スキー帰りの隠れ家

Category : 国内探訪
今日は長野市内にある
ちょっと隠れ家的なレストランを紹介したい
スキーの帰りにちょい寄りするなり
善光寺帰りに家族と一緒に立ち寄るなりしてみてはいかがだろうか。
そのレストランはデコレッドカフェ
ホームページを見る限りだとイタリアンレストランなのだが
私が行った時には
ランチはアジアンテイストの料理が準備されていた
このレストラン、元々古工場を改装した作りで
表から見ると決して小ぎれいな
今風の風貌では無い
130403-1.jpg
しかし中に入ってみると
新しくは無いものの
隠れ家的でいて 清潔感のある
プチアンティークな空間が
お客を迎えてくれる
130403-2.jpg

私が注文したのはランチのタイカレー
結構グリーンカレー系が好物な私
実はここに行くとき
「タイカレー 長野市」でググって見つけたのだった
注文してから待つこと約10分
幾分「遅いなぁ」と思いかけたときに
これまた親切な女性が料理を運んできてくれた
それがこれだ↓
130403-3.jpg
じゃーーん!
ちょっと写真では伝えられないが
とにかく野菜たっぷりのグリーンカレー
その野菜もみんなビッグサイズ
キャベツの入ったカレーは生まれて初めて。
130403-4.jpg

で、食してみて
味の調和に感動することになる
まずカレースープ
これは良い感じでココナッツテイストのまろやかさがあるものの
やはりタイカレーらしくピリリと辛口
でも多くの香辛料を使っているなって感じで
香りがまた良い。
食べた後に ゆっくり辛さが来るタイプのスープだ
この辛さにベストマッチなのが
ご飯(おそらくタイ米)を取り巻く数々の野菜達
この野菜一つ一つの甘さがスープの辛さと見事にマッチ
スープでピリリと辛さが残るモノの
野菜の持つ優しさみたいなものが
口の中を見事に中和してくれるのだ
正直、久しぶりに上手いタイカレーを食べることが出来た
これだけヴェジタブルなカレー
当然ヘルシーであることは言うまでも無い
本当は隠れ家にしておきたいところだが
美味しかったので みなさんにお勧めしたい。


+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

        

技術選の採点基準

Category : スキー色々
今回のスキー技術選の動画
YOUTUBEにアップしたことで、色んな方々からコメントや感想を頂いた。
概ね、みなさんにお褒めの言葉を頂いているようだが
特に「毎回思う スキー技術選の疑問」には
色んな意見を頂いた。

本日「銀嶺ジョージさん」という方から頂いたコメントの情報
へえええっとSAJの裏事情を納得出来る内容でもあった
私が90点!と思っても人によっては80点と思うこともある。
これは人間の主観なのだから仕方が無い

だけど多くの方々が
技術選のジャッジに対して何らかの疑問を抱いているのは事実のようだ

同じように雪上で人間の主観を扱う競技に
スノーボードのハーフパイプがある
あれって、やはり海外で始まった競技故に
日本人的な曖昧なジャッジは出来るだけ除去されている
例えば、この技は難易度がAとかBとか。。。

果たして技術選で何を評価の対象にするのかは
議論するべきだろうが
以前貴雄が何かの動画で話をしていた
「丸い深い弧を、素早く描く」
という表現を借りるとすれば
・スピード
・ターンスペース
・閉脚、開脚による難易度の設定
なんてのは容易に思いつきそうだ。
これって若干、昔流行ったカービング選手権に似ているようにも思うが
少なくともそういう努力をSAJがしたのであれば
技術選にだって
ギャラリーや、何よりも選手が
納得出来る採点基準というのを議論することは出来ると思うのだが。。。


+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : スキー
ジャンル : 日記

        

一人花見

Category : 国内探訪
今シーズンもずっとスキーのネタを中心に
このブログを書き続けてきたが
今日からいよいよ4月
巷ではあちこちでフレッシュマン達が
入社式を迎え
希望を旨に社会人への一歩を踏み出す

もう雪の季節は完全に終了
花の季節へ突入する
東京都内の桜はもう散ってしまったようだが
上州群馬の高崎は
今週が桜の見頃
今日、出張の帰りにふらっと高崎市内のお堀へ足を運び
ひとり花見をして来た
130401.jpg
ライトアップされたたくさんの桜が
お堀の水の光と相まって
日本的な景色を演出してくれる
昨日まで「雪のあるうちにコブトレ!」などと気合い入れてた私だが
こんな情緒あふれる景観の前では
もうそろそろ雪も要らないんじゃない?
そんな気持ちにさえなってしまう
そして日本人に生まれて良かったな
などとほんの少し思えた出張帰りの一人花見であった。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。