スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

¥16,400,000の道楽

Category : スキー色々
今日は東海方面に出張
今、帰りの新幹線の中
名古屋はとても暖かく すっかり春の気配が街を覆っていた

新幹線の中ブログを見た
のべ5年近くブログを書いている自分
そこから話が発展して
「もう何十年もスキーをやっている自分」
一体どのくらいスキーにお金を貢いだことか・・・

社会人になってから29年
今回はあえて学生時代 親のスネをかじっていた頃は除外する
29年間 平均的に見て12月~4月末までほぼ毎週末滑る
そうするとシーズンの滑走日数は最低でも

 5ヶ月×4週末=20週末=40日
これに年末年始とGWが平均で5日ほど付く
そうすると
 40日+5日=45日
(若い頃はもっと滑ったが、あくまでも平均滑走日数だ)
 
これが29年続いたとすると
 45日×29年=1305日!!!
 
で、途中SSAWSやスキーイング津田沼があった頃は夏も滑れた。
その頃、おそらくのべで30日以上は滑っただろうから
その日数を上記に加算
 1305日+30日=1335日
 
交通費、リフト代、宿泊代等々含めて
 ¥10000/日で計算すると私の社会人以降の
生涯スキーエンジョイ費用は
 ¥1350万にもなる。

この他に道具代も必要
小物やスキーや、ウェアやなんだかんだと
1シーズンに¥10万程度の費用はかかっている気がする。

そうすると29年間に¥290万の道具代
これと上記のエンジョイ費用を足し合わせると・・・
 ¥1640万

スキーを通して自分自身の向上心を養えた
心身の健康を維持できた
大会に出て緊張感と達成感を味わえた
何よりも素敵な仲間と出会えた
たくさんの思いでも出来た
それを考えるとこの費用を高いとは思わない

まだまだ私の楽しい浪費は続くことだろう


+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


スポンサーサイト

テーマ : スキー
ジャンル : 日記

        

ピラタス蓼科 残念。。。

Category : スキー色々
このブログでも取り上げたことのあるピラタス蓼科スキー場
蓼科山の裾野に広がるスキー場で
ロープウエイが機動力のメインになっているスキー場だ
ここって、スキーのジャンルを抜きにして
開放感があり
林間コースの楽しさを誰もが味わえるスキー場として
私としては◎だったのだが
先日、ここのスキー場に行って
ちょびっと残念なことに気がついた
景色は抜群のゲレンデなんだけどねぇ。。。。

今シーズン、2月に一度気温が緩んで
高い山のスキー場でも雨が降った
そうそう、我々が白馬コルチナのキャンプに出かけていた時だ
その結果、ゲレンデは氷の床になってしまい
危険な状況になったようだ

ピラタスも例に漏れず雨
ゲレンデはアイスバーンと化したのは容易に想像が付く
ピラタスの一つの特徴でもあるのだが
ここはスキーヤーやボーダーだけではなく
山岳指向の人達も多く集まる
そうなってくるとゲレンデ外の路面が凍っていることは
彼らに危険を及ぼす
そんなわけでスキー場サイドは
ゲレンデの周辺に滑り止めの砂を撒き危険回避した

これが結果 スキーヤーにとって残念な結果を招く
その砂に混じった砂利が歩行者の足の裏に付着して
ゲレンデに。。。。
ゲレンデの下部は砂利があちこちに点在する状態
当然スキーのソールに良いわけがない

せっかく良いスキー場なのに
とても残念な思いでゲレンデを後にした

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : スキー
ジャンル : 日記

        

サロモンのヘルメット買いました

Category : スキー色々
ヘルメットを新調した
今まではGIROのオーメンを使っていたのだが
私は頭の形がGIROには合わないようで
コブ斜面を滑った時に
時折前後にゴーグルの位置がずれたりすることもあった
それ以外は抜群の性能だったのだが
やはりスキーではゴーグルの位置がずれることは
許されないので 仕方無く新調
でも エビさんには何故かこのヘルメットが合うらしく
今シーズン中に1級をとったらプレゼントすると約束
要するに今のオーメンはエビさん待ちの状態なのだ。
是非、気持ち良くゲットしてもらいたい

さて、新調したヘルメットはサロモン
カスタムエアというモデル
マッドブラックが渋くて良い
マッドブラックが渋い
ショップでかぶった瞬間に
一目惚れならぬ一かぶり惚れ
私の頭にぴったりだ
さらにショップのゴーグルを付けて
頭をガンガン振ってみても
殆ど動じない
エアベンチレーション機能も付いていて
この↓頭部のレバーを動かすだけで
ベンチレーションはこの頭部のレバーを動かすだけ

ベンチレーションのレベルをコントロール出来る
これで蒸れることもなさそう


何よりも後頭部の左側にあるこの↓エアポンプを押すと
ヘルメット後部から側部に設けられた
エアバッグが膨らみ
これまたばっちり頭部を固定してくれるのだ
このポンプを押すとフィット感が倍増!!!
エアバッグなんて・・・と馬鹿にしていたが
ポンプをずっと押し続けていると
頭が痛くなるくらいにフィットさせてくれる

ヘルメットと言えばGIROと
なんとなくそういうブランド意識が定着していたが
サロモンのヘルメット あなどってはいけない
残りのシーズンでどれだけ使うかは不明だが
先日の浅間2000のコブトレではフル活用
あの深いコブの中で
ビクともしない大活躍

しばらくはこのサロモンにお世話になりそうだ。


+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : お買い物
ジャンル : 日記

        

小競り合い

Category : スキー色々
クワッドリフトにペアリフト
最近ではほとんどシングルリフトなるものを見かけなくなった
結果、誰かと一緒にリフトに乗る機会が増えた

その乗る人が友人であろうと見ず知らずの人であろうと
誰かと一緒にリフトに乗っている時
私の中では小さな小競り合いがある

それは足下 スキーの板の位置だ
リフトに座ると自然に足がガニマタになり
スキー板の先が開く
隣の人とスキーが交差する
この時、スキーがぶつからないように
人は自然とスキーの板を上下にずらす

。。。ここだ。
これが私の小競り合い
自分のスキーが人のスキーよりも下にあることで
「私の方が足が長い」
とプチな優越感に浸れる

何もいつもそんなことを考えてリフトに乗り込むわけではない
ふと気がつくと自分の板が下だった
そこが大事。
だって自然に出来た形で
私の膝下の方が長かったわけだから
その時のちょっとした優越感 気分が良い。。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

オークリー アジアンフィットとインターナショナルフィット

Category : スキー色々
今ゴーグルの購入を考えている
今日は菅平スキー場で軽く滑った帰り道
軽井沢のアウトレットモールにちょこっと立ち寄った
ここには泣く子も黙るオークリーのアウトレットショップがある
元々私はサングラスもオークリーで10個以上所有し
かつ自身のメガネもオークリーで調達した
そんなオークリーファンなのだが
ゴーグルだけは消耗品ということで
そこそこのお値段で購入できる他メーカ
スミスはWepsなどを使用することが
最近は多かった

アウトレットに行って色々と見てみたが
やはり現品ものが多く
レンズに手垢や曇りで付いているのは許容出来ない
Aフレームやクローバなど
流行のゴーグルを一通り付けてみて
自分にあったモデルを探すにとどめておいた
後は通販だ。

さて、ここでオークリーのゴーグルに
アジアンフィットとインターナショナルフィットという
二つのタイプがあるのをご存じだろうか。。。
日本に正規品で入って来ているのは
殆どがアジアンフィットらしいのだが
いわゆる並行輸入品の場合
インターナショナルフィットであることも多いとのこと

そこでアジアンフィットとインターナショナルフィット
それぞれの違いについて簡単に書くと

アジアンフィット:
 ゴーグルのノーズパッドの厚みが厚い
インターナショナルフィット:
 ゴーグルのノーズパッドの厚みが薄い

という違いだけらしい。
一般的に日本人は欧米人に比べて鼻が低い
そのため、ノーズのスポンジの厚みを厚くして
鼻とゴーグルの間の隙間を埋めるように工夫しているのだそうだ

私が以前使っていたAフレームは
アメリカで購入したモノでインターナショナルフィット
それでも隙間が出来て、風がゴーグル内に入ってくる
なんて問題なかったから
インターナショナルフィットで問題はなさそうだ。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

        

浅間2000のコブトレ

Category : スキー色々
今日は浅間2000スキー場
ここ数日の積雪でゲレンデにも良い感じの雪がついていた。
そこにエビさん、はるなっこさんと一緒に参上
がっつりコブ斜面のトレーニングに気合いれた

先日このブログでも紹介した浅間2000スキー場の凸凸バーン
その上には凸凸の形状もわからないほどの深雪
そこにまずは最初のシュプールを残すところから始め
帰る頃には、まあそりゃ深いコブが出来ていた
っていうほどにぬた~っとコブ漬け
天候は寒いながらも終日快晴
気持ち良いゲレンデではあったものの
結構疲れた一日であった。

本日の収穫
エビさんの1級受検に向けたコブ斜面滑り 完成。
はるなっこさんのスキーを横にしないライン取り完成
意外にまだ縦ラインイケるじゃん、俺。

実り多い一日、満足満足。。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : スキー
ジャンル : 日記

        

2014年 オガサカのプチ情報と心配ごと

Category : スキー色々
2014年モデルのオガサカスキーについてプチ情報を。

基本的にケオッズシリーズもテクニカルラインも
今シーズンモデルと同じロッカースキーを採用する
そこをベースにしてチューニングを変えてくる
新しくなるのはトライアンだ
今シーズントライアンではロッカーを採用していなかったが
2014年モデルではロッカースキーをラインナップする
これでトライアンもターンの導入が更に楽になる
内足主導の時に ロッカースキーのターン導入性能は武器になるし
体軸を使ったターンが楽になる

2013モデルでも私自身十分にその性能に満足しているが
いよいよ全面的にロッカースキーが普及し始めるようだ

私が心配するのは
ここぞとばかりに また頭でっかちのSAJのイグザミナー連中が
「新教程」なるものを「ロッカースキーの場合は・・・」
などと唱え始めること

イントラのライセンス取得を目指す方々
早めに受検された方が良いようですだ。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : スキー
ジャンル : 日記

        

セイフティバーは責任を持って!

Category : スキー色々
先日、白馬村の某スキー場で
クワッドリフトに乗った時のこと
その日は意外にゲレンデが空いていて
クワッドリフトでさえ一人で乗ることの出来るような状況だった
天気も良いし 気分は最高

130221.jpg

クワッドリフトに乗り込もうとしたその時
後方からどこかのおじさんがリフトに同乗してきた
後ろを見ると誰もリフト待ちしている状況はない
「空いてるんだから一人で乗れば良いのに・・・」と心の中のささやき
私は左側によって座った
おじさんのスキーは一昔前のアトミック
ウェアはファブリスの黒
黒いサングラスにヘアバンドの出で立ち
ちょっと オールウェイズ風のファッション。。。
若干タバコの臭いが流れてくる

リフトは心地よい風を切り
見ず知らずの二人を乗せて軽快に進み始めた
リフトが進んですぐ 頭上に動くモノを感じる
それはセイフティーバーだった
おじさんが一言も声をかけずに
セイフティバーを、しかも勢いよく下げてきたのだ
驚いた私は本能的に私は頭の位置を下げて
セイフティバーを避けた
「あ、すみません」と何故か私が謝る
そしたらおじさんは仏頂面
超違和感のある空気

・・・私は基本的にクワッドリフトでセイフティバーを使わない
リフトの背もたれにもたれかかる方が気持ちが良い
それにセイフティバーに寄りかかる
あの若干の前傾姿勢はあまり腰によろしくないとも思うので・・・

おじさんの卸したセイフティバーを
とっさに私は手で押さえ
やむなく前傾姿勢を取ることになった
この姿勢って何となく落ち着かない・・・・
で、おじさんの方に目をやった
!!!!!
な、な、な、何~~-------?!!!
おじさんはセイフティバーから手を離しているではないか。
しかも私サイドとは逆方向に頭を向けて
悠々自適に景色など眺めてい様子
おじさんの肩越し白馬の山々がきれいに見える
「ええええええええ!
 そりゃないでしょ。」
最悪なのはこのセイフティバー
手を離すと自然に上に上がっていってしまうタイプ
要するに今私が手を離すと
バーは上に上がり
場合によってはおじさんの顔面を直撃する可能性も否定出来ない
私だって背もたれにもたれて
この白馬の爽快な景色を思い切り堪能したい
でも手を離すとおじさんの顔面が。。。
でも景色をゆっくりみたいし。。。
何とも言えない憤りを感じたまま
そして腰が辛いなぁと感じたまま
リフトは終点に近づいてきた
全くもって散々な一本だった
おじさんはふんぞり返って景色を見続けている(怒!)

「すみません、上げますよ」と丁重に話す私
私は何と良いスキーヤーなのだろう
そして私は何と小心なスキーヤーなのだろう
そんな自問自答を繰り返しながら
クワッドリフトを私は降りた。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

        

オガサカスキー

Category : スキー色々
私の所属するJESC
私がオガサカスキーのお世話になっていることもあり
圧倒的にオガサカスキー愛好者が多い

かつてオガサカスキーと言えば
オガサカを履いていないとデモにはなれないとまで
言われたほどの基礎スキーブランドの老舗だ

色んな舶来品のブランドスキーがあり
アトミックの切れ味
ロシニョールの回転性
など どれも良いスキー板ばかりだが
結局 日本のスキー場と日本の雪を一番知っているのは
やはり日本のスキーメーカであることはわかりやすい

西沢スキー、カザマスキー、ヤマハなど
日本を代表するスキーのブランドがあったものの
最終的に生き残ったのはオガサカだけであった
何を隠そう 上村愛子選手の履く idOneは
オガサカのOEMなのだ。

私が知る限り オガサカスキーの良さは
その扱い易さにある
小回りから大回り
深雪からコブまで
ありとあらゆる状況で 満足のいく結果を出してくれる

また上級者用のスキーを
幅広くラインナップしているのもオガサカの特徴だ
一般のスキーメーカは
せいぜい2~3機種が良いところ
ところがオガサカは
○技術選用途>>TCシリーズ
○検定用途>>ユニティシリーズ
○テクニカル用途>>KSシリーズ
○競技用途>>トライアンシリーズ
○バックカントリー用途>>ETシリーズ
と各ジャンルごとに上級者用の板を準備してくれている
そういう意味で
選ぶ側もこだわりを持って選択することが出来る。

私も昔はヤマハに乗っていた
しかしオガサカに乗り変えてからは
半ば中毒の状態だ

↓これ、先日のJESCのキャンプの時に
130218.jpg
クワッドに乗った仲間の足下の写真
何と、4人とも同じ板
とくにこのSVはゲレンデでフリーに滑るのにはGOOD
ま、こうやって4人がみんな同じ板だと
少しキモい部分もあることはあるが
良い板なのだから仕方がない

そんなオガサカスキーの2014年モデル
今度のJESCの技術選の時に
オガサカの協力で試乗することが出来る
技術選明けにはこのブログで紹介することが出来ると思うが
設立101年目のオガサカスキーの気合いを
信じてみたい。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

小回りの閉脚操作について

Category : スキー上達編
先日のブログで内足主導外足従動について
私なりの感覚を記述した

私も昭和スキーヤーの一人
捻り系のスキー操作が染みついている
また私の場合 小回りの方が得意
昔、秋田県の技術選に出ていたころは
大回りのミスを全て小回りでリカバリーしていた

で、この小回りという滑り
捻り系の技術を使うと比較的容易に脚部を閉じることが出来る
いわゆる閉脚とか密脚と言われているシルエットだ
小回りは やはり脚がきれいに閉じられている方が美しい
で、過去も そして現在も
デモンストレータの面々の小回りの滑りは美しい閉脚が目立つ

ところが過去と現在では
そこにある運動の要素が異なる
捻り系は外足主体であったのに対して
現在は内足主導のどちらかというと「押し出し系?」あるいは「ずらし系?」
当然 閉脚にしたときの感覚が違ってくる

最近、私も内足主導の小回りがわかってきたのだが
このブログのページの一番上にある
一番左の写真は 内足主導でショートターンを行ったもの
私が感じたこと
それは「内足主導で閉脚にするのは結構難しい」であった。

外足主体で捻っている時
外足の膝頭がターンの内側に向いてきて
それが回りすぎないように 内足が若干ブロックする
この際に内足と外足が密着し易くなる
というのが捻り系の基本的な膝の使い方だと
私は思っている

ところが内足主導の場合
外足で捻る感覚はあまりない
内スキーの先行に合わせて 外スキーをつけていく。
そんな感覚なのだが
小回りのような短い時間で 外スキーを追従させるのは難しく
まして閉脚にすると 
私の場合、内足の動きが阻害されてしまう

だから今の私のレベルでは
上述の写真が精一杯のところ
この時の私の感覚は 外スキーと内スキーの間に
国語辞典一冊の厚みくらいの隙間がある
これをくっつけてしまうと
なぜか捻り系の癖が顔を出し始めてくる

これは私と同じ昭和スキーヤー全般に言えることだと思う。
簡単に言えば
一般スキーヤーのレベルにおいて
閉脚で小回りしているということは
大抵の場合 捻り系の滑りをやっていますよ。
ということ。
それが悪いのではなく
内足主導を行うことを目的とした場合の
セルフチェックとして考える一つの材料に出来るということ

私の場合、今はこの内足主導の運動を自動化させることが先決
そしてその後に外足をくっつける操作を身につけたいと思っている。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : いま想うこと
ジャンル : 日記

        

2月キャンプ終了

Category : スキー色々
今日は白樺高原国際スキー場
グルーミングされた朝一番のゲレンデはもう最高
なんだって出来そうに思えた

今日の講師はKenさん
玄人っぽい滑りで定評がある
私はフリースキーを楽しみながら
みんなの講習を見ていたが
一生懸命にやっている姿に
「JESCってやっぱ 良いな」と思ったりしていた
130217.jpg

午後は全員フリー
私は徹底的にコブ斜面を滑った
ゲレンデのコブもしっかり成長してきており
いつものように一番端っこのラインだけが深くなったいたが
それ以外のコブは
アイスバーンとモハモハのたまり雪
そして不規則なリズム
まあどの斜面を行っても同じ
コブの基本をしっかりと見直してみた
エビさんが近々バッジテストを受検する
そのこともあり 彼女を引き連れての練習
それなりに彼女もコブ斜面に自信を持てたと思う。

若干膝頭が痛い。
ちょびっとコブを滑りすぎたかな。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

良いじゃん ロイヤルヒル

Category : スキー色々
今日の白樺湖ロイヤルヒルスキー場
楽しかったぁ。。。
130216.jpg

昨日降り積もった20~30cmほどの雪が
良い感じでゲレンデについていて
しかも気温はマイナス13℃!!!
当然雪質はサラッサラ
朝一番のゲレンデのパウダースキーは
この間の白馬コルチナで出来なかったバックカントリーを
「なんちゃって」でも感じさせてくれた
そんなバーンだった

私は白樺湖ロイヤルヒルは初めて
昔ちょっとだけ別の用事で立ち寄ったことはあったが
その時はスノーボーダーがやたら多いという印象を持っていたが
今回行ってみて そのイメージは消えた
スキーヤーもスノーボーダーも
ほぼ良いバランスで共存しているスキー場だった

今日の講習のテーマは「コブ」
ロイヤルヒルには良い感じのコブがあると噂で聞いていたので来てみたが
残念ながら昨日の雪でコブはほぼ消えていて
参加メンバーで深雪を滑りながら
コブを掘り返した

でもまったりとコブを堪能し
何となく良い感じでカービングのコブの感覚を
つかんでくれたように思えた

こんな楽しいスキー場なら
これからもJESCのキャンプだけでは無く
個人的にも影練で使ってみたいと思った次第だ

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

チェーン規制と高速道路

Category : スキー色々
今日は高崎でも雪が積もった。
とは言え夕方には雪も止んでいたのでとりあえず安心

明日は白樺ロイヤルヒルでJESCの定例キャンプがある
関東地方に雪が積もると
一番困るのはスキー場に行くまでの渋滞
特に上信越道の場合 軽井沢近辺で雪が積もって
チェーン規制が入る
そうなると全ての車をサービスエリアに入れて確認するため
自ずと渋滞になってしまうのだ
またその後も
チェーンを付けた車がノロノロ運転で高速道路を走り
そこでも渋滞が続く

このチェーン規制による渋滞
どうにかならないものだろうかと常々思う

私はスキーヤーなので
12月になったら確実にスタッドレスを履く
我が愛車のエクストレイルだって
スキーをするためには欠かせないマイツールなのだ

関越道、東北道、上信越道を走っていると
「冬の□□□道路 雪道の準備は万全に」
などという標語を目にする
まさにその通りなのだが
冬の高速道路
しかも積雪がある状態がわかっていて
ノーマルタイヤで乗り込んでくるセンスを
少し疑ってしまう
今は天気予報の精度も高い
スマフォやインターネットで高速道路の道路状況や天候だって
即時確認出来る便利な時代になった
従ってドライバーは 観天望気も容易に出来るはず
チェーンを持っていれば安心という考え
冬の高速道路を走る上で もう時代錯誤のように思う
雪が降っているのがわかっているのであれば
スタッドレスに履き替えるか
あるいは一般道に変更するか位の判断をして欲しいものだ

うーむ これ 個人的な意見だが
高速道路における 「チェーン規制」 という言葉が良くない
「スタッドレス規制」とか「スノータイヤ規制」として
冬用タイヤ未装着の車は高速道を降りてもらう
そのくらいのことをして良いように思う。

金属チェーンって路面を痛めるし
トンネル内部で生じる粉じんだってバカに出来ない

環境面から見ても
冬の積雪時の高速道路はスタッドレスを義務化するべきだと思うのだが。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

ゲレンデのサービス

Category : スキー色々
世の中に色んなテーマパークがあるが
スキー場を一つのテーマパークとして考えた場合
サービスのレベルに
これほど大きな差異がある業界は珍しいのでは無いかと思う

サービスの良さはそのまま顧客満足度につながる
我々スキーヤーなりボーダーが
「来て良かった」
「また来よう」
って思えるスキー場は 理屈抜きで顧客満足度が高いスキー場だと言える

顧客満足度に直接影響を与えそうな条件・・・
・リフトの本数が多いこと
・基本的にリフト待ちが少ないこと
・コースバリエーションが豊富なこと
・雪質が良いこと 
・ゲレンデ整備が出来ていること
・リフト代が安いこと
・ゲレ食が美味いこと

等々

リフトの本数やコースのバリエーションに関しては
多額な投資を伴うため企業努力の究極
今のご時世でそれを求めるのは難しい

でも企業が努力しているな
って思える一つの証としてわかりやすいのは
ゲレンデのスタッフの対応だ

先日行った白馬コルチナスキー場
ここは私から見て社員教育がきちんと出来ていると思う
リフト乗り場のスタッフの声のかけ方や雰囲気に
サービス精神を感じる
リフトに乗るときに「行ってらっしゃい」
リフトを降りるときにも「ありがとうございました。行ってらっしゃい」
そこまで言ってくれなくても良い
とも思えてしまうが
言われて嫌な気持ちになることは無いし
私がそれを覚えていること自体
明確な差別化が出来ている証拠
スキー場でサービスを提供するスタッフのプロ意識を感じる場面と言えよう

その一方で 名前こそ出さないが
そういった社員教育が出来ていないスキー場もまだまだ多い
基本、挨拶がない。
それどころかリフト券が見えない場所にあると
「リフト券は?」
初級者がリフトに乗るとき、ちょっとバランスを崩したりしたら
「待って、待って、待って!」
と、上からの話し方をしてくるありさまだ。

こういった対応は主に公営のスキー場に多いようだが
これから少子高齢化が進む日本
また最近では海外から多くのスキーヤーが日本のスキー場を訪れるようになり
より良い「サービス」「顧客満足度」が求められる

スキーブームの衰退で
多くのスキー場がクローズし
どことなく自然淘汰された感があるスキー場業界
でも、本当の競争は
コアな目の肥えたウインタースポーツ愛好者達が
ゲレンデに訪れる
これからだと思う

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : いま想うこと
ジャンル : 日記

        

本気の遊びの勧め

Category : スキー色々
スキー歴43年 昭和生まれの乙女座
これが私のプロフィール
社会人になり 急に基礎スキーにはまり
仲間と一緒にスキークラブJESCを結成した
来シーズン そんなJESCも創部35周年を迎えようとしている

私がここまで基礎スキーを続けてくることが出来た理由
それはデモンストレータへの憧れというモチベーション
自らも若い頃 秋田県の技術選に出場し
マグレでも秋田県のデモンストレータに選ばれた
ナショナルデモの人に比べると
「なんちゃってデモンストレータ」にしか過ぎない
でもこの「なんちゃって」というモチベーションが
私を含む多くの基礎スキーヤーの志の大半を占めていると思う

どんなに頑張っても
子供の頃から鳴り物入りでアルペンの世界で頑張ってきた選手に
ちょいかじりで基礎スキーを始めた人間が勝てる可能性は低い
それでも良い
滑っている時 そんな輩は
自らを「井山敬介」だ「丸山貴雄」だにオーバーラップさせて
自己満足で滑っているのだ
私もその内の一人
目指すのは「超一流の二流スキーヤー」
気分だけでもデモで居続けたい
気分だけだから誰にも迷惑かからないし
誰にも文句を言わせない

そしてそんな「超一流の二流スキーヤー」が楽しめる場として
超手作りのJESCスキー技術選手権を開催してきた
男なら仕事も本気
だから遊びだって本気でやりたい
そんな思いで始めたなんちゃってのクラブ内技術選だった
私が本物の秋田県の技術選で味わったあの緊張感
それを多くの基礎スキーヤーに気楽に楽しく味わってもらいたい
そんな思いでこの企画を立て、実行した

今年で32度目の開催になる
確か第一回大会は軽井沢スキー場
130213-1.jpg
オガサカスキーの協力で実現出来た企画だった
オガサカの春日孝さんと柳沢さんをジャッジに招いての
なんちゃってなりに本格的なもの
その後、苗場に移動
小野塚喜保さんや海野義範君もジャッジで来てくれた
またヨシマルエンタープライズとの合同開催でよませや舞子でも開催した
130213-2.jpg
その時には現SAJナショナルデモの飯酒盃大祐選手や
谷川信夫SAJデモも出場していた
舞子スキー場のパンフのイベントガイドに
「JESC&ヨシマルスキー技術選」という文字を見たときの感動は忘れていない

その後 スキーブームの衰退により紆余曲折があったものの
白樺高原スキースクールという
理解あるスタッフの方々と出会い
白樺高原国際スキー場での開催は今年で13回目になる。

つくづく私は
良いスキーヤー 良い仲間との出会いに恵まれていると
スキーの神様に感謝している

今年のJESC技術選は3/3に白樺高原国際スキー場で開催予定だ
このブログをごらんになっている方々
大会は基本的にオープン参加
楽しい手作りの企画を
一緒に楽しんでみてはいかがだろうか。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

        

ゲレンデでのかっちょよさ

Category : スキー色々
先日、白馬さのさかスキー場でのこと
男性トイレの便器に立った際
目の前にこんな↓ものが目貼ってあった
130212.jpg
私は古いスキーヤーなのだろうか。。。
スポーツをする
しかも平衡感覚が思い切り問われるスポーツ
スキーにスノボ
そのスポーツをする時に 
多かれ少なかれ平衡感覚を鈍らせてしまう
そんなアルコールの取得をスキー場サイドで推奨するとは。。。

仮にゲレンデで酒を飲んで滑り
それで他人と衝突、不幸にも重大な結果になってしまったら
アルコールを飲んでいたことは
致命的な落ち度になってしまう
悔やんでも悔やみきれないことになる

ま、そういう司法的な話は置いといても
人がたくさんいるゲレンデ
スキーをするとき
私はアルコールを取らないことを信条としている

それにしてもこの張り紙の文面
なんだか最近の「ノリ」優先の軽さを象徴している
そんな気がして残念だった
やっぱゲレンデのかっこよさって
誰よりもかっちょよく滑ることでしょ。。。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

ASAMA2000スノーパークのコブ?斜面

Category : スキー色々
私が結構使うゲレンデ ASAMA2000スノーパーク
ここは文字通り標高2000mの場所にあるため
とにかく寒い
そうはいっても決して豪雪地帯では無いので
基本的には人口降雪機によるゲレンデを提供してくれる

人口雪ってアイスバーンになりやすいため
コブ斜面が出来づらい
ここのスキー場 緩斜面から中急斜面までバリエーションも広く
何よりもメインの1枚バーンは
練習に最高な場所だ

このゲレンデの唯一の不満
それはまともなコブ斜面がないこと
天然の雪が積もった場所に
申し訳無さそうにコブが出来ているのだが
なんともつまらない。。。

ところがそんなASAMA2000スノーパークに
この度コブ斜面が登場した
ゲレンデには↓こんな感じの看板が立っており
130211-1.jpg
コブ斜面では無く凸凸コース?
なんじゃこりゃ。。。
ゲレンデの下部から見るとこんな感じ↓で
130211-2.jpg
きれいに雪が人工的に盛られているのがわかる

そしてゲレンデに入ってみて
その凸凸コースの意味がわかる
三角柱の雪の塊を横に倒して並べただけ
130211-3.jpg
という感じで
そこでカービングコブをすることは絶対に不可
それどころか 丸いコブでは無いので
オーソドックスに攻めるにも
あまり直線的なライン取りが出来ない
上級者には「??」という斜面

ところがこの斜面
コブの基本をマスターする上では非常に良い
コブの頂点で抱え込むこと
コブの溝に向かって脚を伸ばすこと
基本的な板のずらし方など
コブの入門者には良い練習になる

うちのクラブにもまだまだコブ斜面のビギナーがいる
是非そんな人達に滑ってもらいたい
凸凸コースなのだ。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

        

ボードマンの軽量化

Category : 自転車
今日はスキーをオフにした
で、以前から計画していた
ロードバイクの軽量化にトライしてみた
以前の軽量時にはペダル無しで6.4kgだった私のロードバイク
BOARDMAN SLR9.4
まあそこそこの軽さではあるが
一応 こだわりやである私
軽量化魂に火が付いてしまった
前回の軽量から約2ヶ月が経つが
その間、ショップとも相談しながら以下の点を軽量化することにした

ホイール→ZIPPの202に変更
ハンドル→ZIPP製のカーボンハンドルに変更、ステムも一緒に。。。
 (以外にオリジナルのリッチーのカーボンは重い)
ヘッドスペーサ→KCNCに変更
QR→TOKEN製のチタンQRに変更
シートクランプ→TOKEN製に変更
タイヤ→VELOFLEX
 (ここは軽量化よりも信頼性重視)

これらを全て合わせると計算では約470gの軽量化が実現出来るはず

そしてようやく全ての製品が揃ったので
今日その組み立てと計量を行ってみた

○まずZIPPの202とVELOFLEXのタイヤ
130209-1.jpg
今回はセメントを用いずにMIYATのTTPを用いてホイールに接着した
VELOFLEXのロゴが高級感を与えてくれる

○ZIPPのハンドル
130209-2.jpg
以前のシャローと違ってオーソドックスなドロップ
乗り方も少し変えなくては。。。

○KCNCのヘッドスペーサ
130209-3.jpg
 軽量化2g程度。これはまゆつば 見た目重視ですな。。。

○TOKEN製のシートクランプ
130209-4.jpg
 これが以外に10gも軽量化に貢献してくれた

完成車はこんな感じ↓
130209-5.jpg
ホイールが黒っぽくなったことで
ぐんと重厚さが増した感がある
結構 かっちょいいと思う

そしていよいよ計量してみた。。。。
130209-6.jpg

計量は以前と同じくバネばかり
そして計量の結果がこれだ↓
130209-7.jpg

やった!
ついに6kgを切った
メモリでは約5.9kg
前回よりおよそ500g軽量化出来ている。
すっごい嬉しい
これでとりあえず この春以降のロードバイクの準備は整った
後はバリバリ全開のスキースピリットを
徐々にロードバイクへ移行していくだけだ。

でもまだまだゲレンデに雪があるのだから
それは簡単なことでは無さそうだ。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

アメリカで流行の「UP」

Category : 海外探訪
先日のアメリカ出張の時
ちょっとしたギアを購入してきた
それがこれ↓
130208-1.jpg
JawboneのUPだ
単純にいうと活動量計
日本でもタニタやオムロンが出しているが
このUPは24時間 活動量を測定してくれる
上記の日本製の活動量計は
本体に搭載された加速度センサで人間の動きを検知して
消費カロリーなどを測定してくれる
万歩計との大きな違いは
単純な振動では無く 3次元的な振動の加速度を測定するため
例えば万歩計だと手で振れば歩数は増えるが
活動量計は増えない(高度なモノに限るが)。
歩いた時だけ歩数をカウントしてくれる
そんな加速度センサがUPには搭載されてて
これをちょっとオシャレに↓こんな風に手首につける
130208-2.jpg
これで24時間の活動量を測定してくれるのだ
で、このUPのデータはiphoneのアプリとリンクしている
(残念ながらこのアプリは日本のituneサイトではダウンロード出来ず
 USでのID作成が必要。でも、そんなのいたって簡単!)

UPの特徴は24時間 活動量を測定出来ること
すなわち睡眠中もその睡眠の深さが把握できる
(レム睡眠とノンレム睡眠)
さらにさらに UPにはバイブレータ機能も付いているため
上述の睡眠状態と自分が起きたい時間に合わせて
最適な目覚ましをしてくれる
音の代わりに手首でバイブが振動する。
ま、バイブ程度は目が覚めないという人にはお勧めできないが。。。

アプリ上で色んな機能を確認出来る
例えばこれ↓は日々の睡眠時間と総合歩行距離を示したモノ
130208-3.jpg
こんな感じで日々の運動量や睡眠時間など管理出来る
むろん消費カロリーや アクティブに動いた時間など
細かいデータが把握できる

またこれ↓は夜間の睡眠状態のみを示したもの
130208-4.jpg
眠りの深いところでバーは高くなっている
要するに眠りの浅いところで
起こしてくれれば 寝起きが良くなる
そこを狙って このUPはバイブレータを振動させてくれるのだ。

アメリカの電気屋で120US$で購入
決して安いモノでは無いが
これを日々つけていると
身体を動かそうと言う気になる
そういう気持ちを高めてくれるアイテムとしては
結構コスパは高いと思う

近々これが日本で売られるらしい
でも新しもの好きの私はついついアメリカで先物買いをしてしまった次第だ

あ、そうそうこれって日常防水というか
シャワーの時くらいは何も問題なく装着していられるので
まさに生活密着型の活動量計だ

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

        

じゃ ストックは?

Category : スキー上達編
内足主導、外足従動と
二日間ブログに書いてきたが
今日は最後、「ストックってどうなのよ」

これまた昭和のおじさんスキーヤーは
外足を主体にした捻り系の滑りが大好きで
特にフォールラインを越えてから切り上がる山回りを
一生懸命に練習してきた
基本、ターンは切り上げるもの
そう頑なに信じているし
それが身体に染みついている

結果、フォールラインから外側の手を前に出していく傾向にある
これがNGというわけではないのだが
昨日のブログに書いた4時と8時の角度から
スキーを落下させていくこと考えると
上述の引っ張り系の外腕はマイナスになってしまう
ついつい6時までスキーを引っ張ってしまうからだ
じゃ、どうすりゃ良いのか?
私の場合、ストックのリングを自分のくるぶしよりも
後ろに突くようにしている
(というか、ほとんど突く感覚は無いのだが)
こうすることで常に身体は谷側を向くようになる

これ、ショートターンでも同じ
ストックを突く位置を後ろにすることで
体軸は倒れやすくなるし
スペースも取れるようになる
(でも、やっぱショートでもストック突いている意識は少ない)

ついついこういう技術ってスランプになると
忘れがちになってしまう
このブログに書きとめておくことで
再度基本に戻ることの出来る
スランプ時の駆け込み寺になる。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

外足従動の意味

Category : スキー上達編
昨日のブログで内足主導について書いてみた
今日は「じゃ、外足はどうするのよ?」について
私なりの感覚を書いてみたい

私を含めて昭和のおじさんスキーヤーは
主に捻り系の滑りに浸っている
捻り系はピボット系とも言われており
いわゆる外足のトップとテールを同時に捻ることで
回旋運動させる技術のことだ
従って、おじさんスキーヤーは
この捻りによるキュイーンっていう感覚が大好き
大好きだからやめられない
とばかりに谷回りの段階から外足を使いたくなってしまう

昨日書いた内足主導で
せっかく良い感じのターン導入が出来ても
それもつかの間
上手い昭和スキーヤーは
谷回りでキュイーンってやってしまう
「ああああ快感!」って感じだろうか。

でもそれでは外足従動にはならない
しっかり外足が主導してしまっている

私の場合もつい最近まで
この煩悩を抑え切れていなかった
しかし心身を鍛え その煩悩に打ち勝った瞬間から
スキーの世界が変わったように思う

内足主導の内足は 前のターンの外足
どこかで次の内足になる動きをしなければならない
それが私の場合は角付け
時計で言えば4時と8時の角度
そこで角付けするだけ
その結果スキーがたわんでくるので
そのたわみを上方向に逃すこと無く(上下動を抑えて)
次の内足主導するための力に変えて行くだけ

こう考えると
内足主導・外足従動って
基本的には内足ターンの連続なのだという
結論に落ち着いた今日この頃である

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

内足主導の意味

Category : スキー上達編
先日、SAJは何を考えているのか?
とブログに書いた私だが
あいも変わらずハイブリッドスキーということばは好きでは無いし
何とも言葉まで流行を追っかける
SAJの軽さと浅はかな考え方に
共感することは出来ないが
ここに来て「内足主導・外足従動」の意味が自分なりに理解出来てきた

この技術 特に固い斜面でかなり有効。
昔の外足主体の動きをすると
どうしても落下に対して頑張ってしまう
そんな動きになりがちだったが
内足主導を行うことで
落差に逆らうこと無くスキーが操作できる
よって疲労度が下がる
ハイブリッドという言葉を使いたくは無いが
まさに落差をフルに活かして滑ることができるのだ

内足は基本的にずらすことがメインの仕事
結果 無理なエッジングを行う必要もなく
ただ外足の角付けだけやっていれば
スキーは走ってくれる

ここ数年間 私なりに悩んできた
その答えがようやく今シーズンまとまってきたように思う
でもまだ課題は残る
コブ斜面の中で それを心の底から実感できないこと
まだまだ練習が足りないのだろうが
これも時間をかけて習得、いや体得するように心がけたい

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング



テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

        

八方尾根スキー場

Category : スキー色々
今日は八方尾根を滑った
気温はそんなに低いわけでは無いのだが
一応白馬村
朝の気温は氷点下になっていた
そして昨日の雨
ゲレンデはカリンカリン
130203-1.jpg

そんなゲレンデでもさすが八方尾根
きちんとグルーミングされていて
朝一番は快適に滑ることが出来た

今日も12名のメンバーで講習
昨日に引き続き
内足主導でターンを導入する練習
八方尾根って急斜面が多い
その中で 内足からターンを導入する練習って
体軸の入れ替えが難しいようで
みんな苦戦していたようだが
一日 ほんとに一日みっちり練習したら
結構みんな出来るようになり
それっぽい雰囲気に変わって来たのが嬉しい
130203-2.jpg

シーズンも2月に入り
これから良い環境でスキーを楽しめるのは
おそらく1ヶ月程度
この1ヶ月をみんな有意義に過ごして
楽しい春スキーのシーズンを
迎えて欲しい


+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

白馬コルチナにて

Category : スキー色々
今日の白馬村は一日雨
我々JESCの12名はそんな雨の中
白馬コルチナで講習会
雨ではあるが降ったり止んだりの小雨
とりあえず気合い入れて練習した
午前中は基礎を中心に
そして午後からはその応用をすべく急斜面へ
コルチナ最大の急斜面
42度の壁
しかも深い雪の上に雨が降った腐れ雪の状況
講師の私でさえやはりビビる
そこをみんなで果敢に?責めた!てられた。
足をパンパンにして滑ってたけど
今日という日の達成感は
普段のキャンプじゃ味わえないもの
私自身 こういう講習会を一番してみたかった
基礎スキーの先にあるスキーの醍醐味
白馬コルチナはそれを教えてくれた

明日は八方だ
これまた気合いを入れて頑張ろ

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

        

心得

Category : スキー色々
天気予報だと今夜から明朝にかけて
関東地方で暖かい雨が降るとのこと
明日 白馬方面にスキーに出かけるので
気になって白馬の天気予報をチェック
そしたら やはり白馬も今夜は雨のようだ
予定では明日は白馬コルチナを滑る
本来ならバックカントリーさながらのパウダースノーを楽しむのが目的
しかし今夜仮に雨が降ったら
明日の朝はそれなりに冷えて
カリンカリンのアイスバーンになる
ご存じ 白馬コルチナって軒並み30度越えの急斜面が連なる
そこでアイスバーン
しかもグルーミングされていない
なんて状況になったら
凶器の上を滑るようなモノ
とりあえず明日は怪我しないように滑ることにしよ

って、明日は私はコーチ
びびりな態度は見せられない
いかなる状況においても
余裕をかましたクールな横顔がエキスパートの心得
顔で笑って 心でびびって
これが上級者の証であり
辛いところなのだ。。。。

ああああ、せめて今夜ゲレンデに
雨ではなく 重くても良いから雪が降ることを祈るしかない。

+++++++++++++++++++++
*スキー、ウィンタースポーツを愛する方々、
 初心者だけどロードバイクを愛する方々に
 情報を発信し続けたいと思います。
 よろしければ投票をお願いいたします。↓

blogramのブログランキング

 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。