スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

スキーの神様

Category : スキー色々
この腰痛 今回だけはひどそうだ
こんな状態ではゲレンデに立つことは無理
どうやってごまかしてスキーするか。。。
というのが本音だ
まだ未だに少し階段を登るのが辛い
先週の状況とは大きく違う
とにかく痛みが引かないのだ

腰高のポジションで滑れば
なんとかなりそうだが
やはりコブを考えると ちと不安
コルセットを着けてゲレンデに立つことは必須だが
どうせゲレンデに出る限りは
スキー楽しみたい

あと三日ある
はじさんではないけど
ここは本当にスキーの神様にお祈りして
毎日過ごすことにしよう

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

        

誇り

Category : スキー色々
腰痛と奮闘している最中ではあるが
今週末にJESC恒例の行事 JESCスキー技術選がある
この行事、考えて見ると歴史のある大会で
1989年に始まって以来 実に今年で23回目を迎える大会だ
最初の頃は軽井沢スキー場を使って行っていた
軽井沢=JESC技術選
と当時のメンバー達が思っていたかどうかは定かではない

スキーを通してたくさんの仲間と知り合え
そしてたくさんの思い出を作ることが出来た一つのモニュメントとも言える

何を隠そう私もその第二回大会で優勝した一人である。
自慢じゃ無いが 全種目で一位だった は、は、は・・・。
ま、途中ヨシマルさんとのコラボなども行いながら
紆余曲折を繰り返してきたが
未だに継続している基礎スキーの大会なのだ
120228.jpg

開催当初の様子を知る唯一のクラブのメンバーとして
この大会は そこに刻まれたメンバー達の為にも
ずっと継続して行きたいと思っている
そして何よりもそんな大会の大会委員長を務めさせて貰っている自分
これほどの誇りは無い
今年も大いにゲレンデで盛り上がって行きたい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

悲しい気持ち

Category : スキー色々
昨日のスキー
腰痛を感じた瞬間を思い出し、いやあな気分になった
普通にゲレンデを滑っている分には何も問題無かったのだが
コブ斜面で脚部を抱え込んだ際に ピキっときた
最近のコブはバンクコブが多いので
最悪脚部を極端に抱え込まずに逃げるラインも選択できるが
やはり縦方向にもスペースをとる場合に
スキーを抱え込む動作は必要だ
それを考えると 残りの春スキーのコブ斜面
あまり楽しめなくなることが悲しい

今回の腰痛は重症のようで。。。。
今朝、着替えをしようとした時
パンツが履けない。
右足は持ち上がるのだが
左足は持ち上がらない
だからパンツに左足が通らない
一旦 腕で左足を持ち上げながら履く
大変

普通に歩く程度はどうにか出来るのだが。。。
大きく足を上げる動作が出来ない
階段を登るのが厳しい。
どうにもこうにも痛い
医者に行ったら
「軽いぎっくり腰でしょ」といつもの診断結果
高い治療費を払ってそれだけ。。。
安静が大事

今週末までに治さなくては

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

自然の恵み

Category : スキー色々
本日、浅間2000スキー場に行って来た
やはり高地のスキー場だけあって
そこそこに冷えていたが
所々に固いバーンが顔を出していて 良いトレーニングにはなった
で、どうしても気持ちを抑えきれずにコブに入ったら
またしてもやってもうた 
奴が現れた。
先週と同じ場所だ。
どうも脚部を抱え込む操作の時に決まってなるようだ。
今ブログを打っているこの時も 私の腰にはアイスノンがいる
とにかく腰痛は 早い段階で冷やすのが一番
来週のJESCスキー技術選
前走するのが怖くなってきた。
来週はしっかりとウェスベルトを着けて滑ることにしよう。

で、今日の浅間2000
小雪がちらほらと舞っていたが
よく見るとその結晶がとてもきれいだったので
パチリ
120226.jpg

自然の作り出すアート
俺たちはこんな自然の恵みの中でスキーが出来るんだと
ゲレンデに、雪に感謝した浅間2000スキー場だった



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

オークリー

Category : スキー色々
軽井沢スキー場のすぐ横にあるアウトレットモール
何とも便利なショッピングパークだ
高崎からだと車で1時間もかからずに行けてしまう

別に何かが欲しい訳ではないのだが
軽井沢という響きと アウトレットという言葉の魅力につられて
スキー帰りにちょくちょく立ち寄る

そこで毎回残念に思うのがオークリー
私はオークリーの熱烈なファンだ
というかファンだったと行った方が今は近いかもしれない
オークリーのロゴがまだまん丸かった頃
そう、20代からの愛用者だった
日本に入ってきた当初
オークリーは高価なもので
値引きなんてのは考えられなかった
それを大枚はたいて買って
ゲレンデでイキに付ける
これが自分自身のステータスでもあったように思う
しかし気がつくと
日本のあちこちにアウトレットショップが出来て
Tシャツなどは¥1500で買えてしまう
これではブランドも何もあったものではない

ずーーっと昔 サムソナイトと言えば高級かつ堅牢な旅行鞄のイメージがあった
今も堅牢さはあると思う
でも例えばアメリカに行き アウトレットモールに足を運ぶと
そこに並ぶサムソナイトのバッグの安いこと 安いこと
いつの間にか高級感は失せてしまった
そして今、サムソナイトは新しいデザインのバッグを武器に
値下げをしない戦略をうってでようとしているようだが
一度落ちたブランドイメージは元に戻らない
RIMOWAやTUMIがそれに代わって
ブランドを形成してしまった

まさにオークリーもこれと同じ路線を歩いているように見える
古くからのオークリーファンとして
このブランドイメージだけは大事にして欲しいものだ

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

冬だけのモーゼ

Category : スキー色々
前回のスキーの帰り道に
天気が良かったので 女神湖畔にて写真を撮ってみた
バカちょんカメラでお気軽な写真撮影会だ
その中の1枚がこの写真
120224.jpg

これ、JESCのスキーキャンプの記事の時に乗せた写真の仲間だ
写真の遠くに見えるのが白樺高原国際スキー場のゲレンデと蓼科山だ
われらJESCはこのゲレンデでいつも楽しくレッスンしている

で、一番注目して欲しいのは
この足下から広がる雪
これは女神湖

夏はここ お水がたくさんで
歩くことなど できゃしません
でも冬になると
まるで海を渡ったモーゼのように
女神湖の上を歩くことが出来るのだ

ここ何年かは 暖冬の傾向にあって
ここまで完璧に湖が氷結することは少なかったのだが
今年はこの通りばっちりだ

こんな良い感じの冬も
ぼちぼち春の暖かさに季節を奪われてしまいそう
何となく寂しいのが本音
だからこそ 残りのシーズンを悔い無きように
たくさん滑るようにしたい


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

春?

Category : 未分類
つい先日まで大雪警報が日本海側のあちこちに発令されていた
我々スキーヤーとしては
地元の方々には悪いが やはりたくさんの雪が降ってくれたことで嬉しかったし
なによりも 例えば白馬村のコルチナスキー場のように
パウダー三昧に遭遇することも出来た

が、しかし今日の暖かさはちょっとまずい
あまりにも暖か過ぎるではないか
夕方の車の外気温度計は↓11℃!!
120223.jpg

春の感じさえする。
まあ 立春を過ぎているので
これからは三寒四温で徐々に暖かくなっていくのはわかる
でももうちょっとだけ待って欲しい。

どうやら白樺高原スキー場でも今日は雨だったようす
この週末のゲレンデ
結構なアイスバーンになっているんじゃないだろうか・・・。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

広島にて

Category : 国内探訪
今日は広島に出張だった
広島の気温は5度程度 昼過ぎに冷たい雨が降り始めた
タクシーの運転手の話だと
今年は3回ほど雪が積もったらしい
広島のスキー場で思いつくのは 芸北、怖羅漢スキー場
今年はおそらくがっつり雪があることだろう

さて今日の出張は朝から晩まで打ち合わせ
しかも広島市内からほど遠い田舎町なので
グルメレポは無理
で、帰りの空港でようやくお好み焼きに出会うことが出来た

広島空港の3階にレストラン街があり
そこには尾道ラーメンやお好み焼きの地本有名店が何店か入っている
今回はそこの五エ門という鉄板焼き屋でお好み焼きを食べることにした
私は大阪出身
でも広島のお好みも全然好きだ
大阪のように 山芋や小麦粉をたっぷり使っていない分
ヘルシーな気さえする
↓こんな感じで薄い小麦粉の生地の上でキャベツともやしを蒸す
120222-1.jpg

そしてそこに好きな具を乗せて
焼きそばを炒めて
卵を伸ばして焼き
最後にそれらを積層してドッキングさせるわけだ
↓完成したのがこれ やっぱり美味そうだし
120222-2.jpg

実際に食べて見ても美味い
ベースがキャベツともやしなので 食感がみずみずしい
↓中身はこんな感じで具だくさん
120222-3.jpg

ショートトリップの広島ではあったが
とりあえず名物の、いや食べたかったお好み焼きは食べることができた。。。

テーマ : 食事日記(写真付き)
ジャンル : 日記

        

コルチナのお薦め

Category : スキー色々
今日は昨日よりも腰痛の方は良くなった
とは言ってもまだまだ激しい運動が出来るレベルでは無いが
今週末にはどうにか滑れるようになりそうな雰囲気だ

今日は再び 私のはまった白馬村のコルチナスキー場についてレポートしたい
前回はゲレンデのパウダーぶりについて書いたが
今日はレストラン
なぁんて いかにもコルチナの通ぶっているが
前回初めて行っただけで、私はコルチナの初心者だ
初心者の初心者により初心者のためのコルチナグルメレポート

白馬コルチナスキー場のメインステーションは
ホテルグリーンプラザ白馬だ
実際にゲレンデで食事をとろうと思ったら ここが一番簡単だ
これいかにも初心者らしいレポートだ。

で、そのホテルの中にあるティーラウンジ「りりかる」
これが一番わかりやすいレストランだ
1階にあり一番最初に目に付く
ティーラウンジと名乗っているが
中はティータイムから本格的なイタリアンまで楽しむことができる

私はここで「オリジナルピザ」を食した
オリジナルという言葉が良い
この店オリジナルでは無く 自分オリジナルのピザを楽しめるのだ
オーダーすると ピザの生地だけを渡される
そしてその生地の上に↓こんな感じの具を
120221-2.jpg

自分で思い切り乗せて カウンターで渡すと
それをベルト式の釜で灼いてくれるのだ

ここで私の前にいた欲張りなお姉さんが
山盛りに具を乗せていたが
釜に入れる時間は みんな同じだから
多分中まで火が通らない
そこは欲張らずに グルメを楽しみたい
で、↓これがYoppiオリジナルピザ
120221-1.jpg

シーフードとチーズたっぷりのピザに仕上げてみた
スキーして腹減っているから とにかく上手い
トローリとしたチーズがこれまたいける
サイズはMを注文したので お腹いっぱい。

そして最後のシメはカフェオレ
↓こんな感じにおしゃれ~にしてくれる。
120221-3.jpg
横のテーブルのカフェオレを見てみたら
違うデザインだった
んん、ちょっとしたセレブを感じることの出来るランチタイムに満足

あの急斜面がてんこ盛りの体育会系のゲレンデと
このセレブリティーなレストランのギャップがたまらない。
それが白馬コルチナスキー場なのだ



テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

        

my ball and chain

Category : スキー色々
昨日のスキーキャンプの一番最後 コブ斜面
なにげに抱え込み系のショートターンを講習していた際に
ピキっといつもの奴が現れた。

私にはまさに「my ball and chain 」がいる。
30代、会社でそいつは突然現れた
私のデスクの前にある電話を取ろうと手を伸ばしたその時
奴が初めて私の前に姿を現した
奴の名前は「腰痛」
最初の出会いの時、やつは「ぎっくり腰」と名乗っていた。
歩くことも出来ない自分
そのまま会社から病院に転送
腰に今までみたことも無いような太い注射をうたれ
病院の廊下の手すりにつかまりながら自宅に帰った
それからしばらくは匍匐前進の毎日
一週間ほどでようやく歩けるようになったが
それからも 思い出した頃に奴が現れるようになったのだ

最初の奴ほど大きな奴はあまり現れないが
椅子に座っていても痛いという程度の腰痛は結構ある

ここ2年ほどはロードバイクに乗って体幹をつくっていたせいか
さほど大きな腰痛も無かったのだが
昨日は久しぶりの大物だった。
今日も一応会社に行ってはみたものの
デスクの椅子に座っても 痛みが伴ってなかなか集中できない
多分、1週間ほどはこんな感じの日々が続くのだろう
早く治してまたゲレンデに元気に立ちたい。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

JESC 定例キャンプ 終了

Category : スキー色々
この週末はJESCの定例キャンプが
これまた定例の白樺高原国際スキー場で開催された

土曜日は雪が降ったり止んだり
時々薄日が差したりと なかなかつかみきれない天気だったが
金曜の夜に積もった10cm程の雪が
良い感じでゲレンデの表面を覆ってくれて
滑りやすいコンディションだった
120219-1.jpg

講習はレベル別に3班に分かれて
今シーズン流行のハイブリッドスキーイングの練習に励んでいた
ま、そりゃ オールウェイズな滑りが大好きな
おじさんスキーヤーの連中も多いので
「じゃ、今日はハイブリッドなスキーを目指しましょう」
「あぁ? なんだ 廃部決定って?」
「ちがうやぁね ハイブリッヂっつってたよ?」
「つんがうよぉ タイのブリトーっつうんだよなぁ 先生」
「いえ ハイブリッドです」
なんて会話が講習中にあったかどうかは定かでは無いが
外足を中心にスキーをしてきたメンバーにとって
この内足先行の技術は なかなかの強敵のようであった。

そして二日目の日曜日
朝から山はピーカン
グルーミングされたゲレンデが我々を迎えてくれた
日帰りのメンバーも加わってさらにJESCの活力アップ
コブ斜面にショート、ロングとバラエティに富んだレッスン
まさにJESCという感じのキャンプであった
120219-2.jpg

思い残すことと言えば
土曜日のジュースジャンケンの敗退・・・
日曜日はメザチン、よろさん、MAMUさんにゴチになったものの
やはりこのジュースジャンケン ハイリスクローリターンな競技なのだ。

次回はJESC技術選 またみんなと盛り上がりたい

今回もキャンプを運営してくれた感じのみなさん
本当にお疲れさまでした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

わらじ焼き

Category : スキー色々
先日のブログでも書いた「雷電くるみの里」
ここの店のグルメを今日は紹介したい

湯ノ丸スキー場や浅間2000スキー場の帰り
ゲレンデで汗かいて お腹はぺこぺこ
かつ ぼちぼち睡魔が襲ってくるかな?
そんな時に この雷電の里は
良いタイミングでドライバーを迎えてくれる

そこのグルメは「雷電わらじ焼き」
価格は¥280
↓これがそれだ
120215-1.jpg

おそらく餅米?を揚げたのであろうと思われる食感
表面がぱりっとしていて
中身はモチってしている
そしてこのたれ。
八丁味噌に砂糖が入った甘辛だれ。
文句なしにB級グルメとして絶賛 上手い!
¥280でこのボリュームと味は
すごいコスパだと思う。
へたにコンビニによってパンやチキンを食べるよりも
満足度が高い
120215-2.jpg

スキー帰りに
あるいは信州方面の旅行の際に
一度トライしてみてはいかがだろうか。


テーマ : 食事日記(写真付き)
ジャンル : 日記

        

長野県と群馬のコラボ

Category : スキー色々
私がこのブログでもよく書く浅間2000スキー場
佐久の街から見える壮大な浅間山の西側の斜面に位置するスキー場だ
このスキー場の意外な事実を今日は書きたい

まずここの住所は群馬県嬬恋村高峰高原。
そう、行政区は群馬県なのだ
だから昨年の東電の計画停電の際に営業を早期終了したのだ

が、ここのスキー場のスキースクールは
なぜか長野県スキー連盟のA公認校『浅間2000スキースクール』なのだ
群馬にありながら長野県のスキー連盟が管轄
まさに群馬と長野のコラボなのだ。

実はこの理由は道路事情にある
行政区は群馬県なのだが
冬季期間、群馬県側から登ってくる道路が雪で閉鎖され
長野県側からしかアプローチできないため
冬季のみ長野県小諸市高峰高原なるらしいのだ。
スキーヤーとしてちょこっとウンチク話であった。




テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

        

栗ふわり

Category : 国内探訪
今日は信州の豊科に出張だった
数年ぶりの豊科出張
ここから白馬村のスキー場まで約1時間
途中の山々の雪を見ていて
仕事をほっぽり出してゲレンデに向かいたくなった
120216-1 (2)

しかしそこは大人の私
スキーそしたい コブを滑りたい
そんな煩悩を抑えて
見事に しっかりと仕事をしてきたのであった。

で、その道中のサービスエリアに立ち寄り
ちょびっと私のお気に入りの和菓子を食べた
それが↓これ「栗ふわり」だ
120216-02.jpg
何とこのお菓子は1個175円という贅沢なお菓子
松本にある信州芽吹堂というお菓子屋さんが作っているらしい

味をどのように文面でつたえるべきか・・・
そう、仙台の銘菓「萩の月」の信州栗バージョンって感じだろうか
スポンジ生地の中に
カスタードクリームと栗が入っている
120216-03.jpg

ま、確かに萩の月も¥200程する贅沢菓子なので
それを真似たのだとすれば納得の価格

でも萩の月には無い 栗の香りを楽しめるこのお菓子
スキー帰りのSAで結構食べている
今日私が立ち寄ったのは姥捨SAであったが
湯ノ丸SAでも食べることが出来る

スキー帰りの甘味欲求状態の時
お一ついかが?

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

M-WAVE

Category : スポーツ
先日、長野市内にあるM-Waveに行って来た
と言っても、スキー場の移動途中で立ち寄った程度であったが。
120214-1.jpg

M-Waveと言えば
長野オリンピックの時にスピードスケートが行われたあの会場だ
私はそこで氷の彫刻展が開催されているというので
ちょこっとだけ行ってみたのだ

外から見たM-WAVEはこんな感じ
まさにどでかいスケートリンク
駐車場も結構広く 氷の彫刻展なるものが開催されているにもかかわらず
簡単に車を停めることができた

これが、その彫刻展の一部
120214-2.jpg

って、札幌の雪祭りのような雪像ならぬ 馬鹿でかい氷像を期待していたら
(゜◇゜)ガーン
氷の像の数は十数点程度
大きさは自動車程度のものがスケート場の一角に並んでいた。
ま、そんなものか・・・。
と大きさには妥協。
でも青や赤 色とりどりの光に照らされた氷像は
幻想的でなぜか像の前にしばし立ち尽くす美しさがあった。

で、スケートリンクの中を見渡し
改めてM-WAVEの名前の由来を実感
↓きれいな「M」がこんな感じでおりました。
あっぱれ!
120214-3.jpg
このリンクの下で 清水が岡崎が走り抜けメダルを手にしたのだ。
今度はいつかスケートに挑戦しようと思った氷の彫刻展だった。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

パウダーにご注意

Category : スキー色々
先日のブログ
白馬コルチナスキー場で
一日パウダースキーイングに浸ったことを書いた
天然のパウダーゲレンデを爽快に滑ることは
スキーヤーとして最高に楽しいし
練習しなければ到達できない世界に入れたことの喜びは格別だ

でも一つだけ注意
これは私のあるスキー仲間から聞いた話しだ。
深いパウダーバーンを滑ると
結構 無重力的な感覚になる
雪面から来る雪の抵抗を上手く利用しながら
スキーを浮かせては沈ませてコントロールする
実際にはこの浮遊感がたまらないわけなのだが。

でもこの浮遊感や無重力感は
万人に受け入れられるものではないらしい
特に車酔いしやすい人は要注意
パウダー酔いというのをすることがあるそうだ

滑り終わった後に突然来るらしいのだが
最初は昼食が何となく胸焼けしているような感じになり
最後は気持ち悪くなり おう吐してしまうことさえあるらしい

従って自分は車酔いしやすいと思う方は
一応酔い止めの薬を飲んでおくと良い
というのが私のスキー仲間からのアドバイスだ
嘘のようで 本当のようで
私は車酔いしないタイプなのでわからないが
ま、備えあれば憂い無しということで
読み流して頂きたい

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

滝沢農園

Category : 友人
浅間2000スキー場を出て
浅間サンラインを長野方面に走る
湯ノ丸スキー場へ曲がる交差点の少し前に
「雷電くるみの里」という道の駅がある
週末ともなるとスキー場帰りの人で賑わう場所だ
120213-1.jpg

先日ここに立ち寄った際に小さなサプライズがあったので報告したい

JESCのスキー技術選は毎年3月に開催されているが
そこに毎回協賛品を提供してくれている
「滝沢農園」さん
実はここのオーナーの滝沢栄一君は
私が以前仕事上で ある生産設備の開発を委託していた会社の
担当技術者だったのだ
しかしその開発の途中で 家業の農家を継がれるということで
心機一転 脱サラし「滝沢農園」にてアグリカルチャーを
全うされている

開発を一緒にしていた当時、お互いにスキーをやっていることがわかり
それがきっかけでJESCの技術選に参加して頂き
またまたそれがきっかけで 協賛品を提供してもらうようになったのだが。

さて話は元に戻るがその「雷電の里」に
地元の農産物の即売所が設けられている
その一角になんと「滝沢農園」の八重原米がおかれていたではないか。
120213-2.jpg

しかもその米の袋には 彼 滝沢栄一君の写真も貼られている
彼が八重原米を一生懸命に作っていることは既に知っていた
120213-3.jpg

八重原米は長野県のブランド米
粘土質の土壌と良質の水に育まれた米は
その艶や味で一級品と言える
それは十分にわかっていた

でも、こんな場所で
彼の作った八重原米が しかも彼の写真付きで販売されている
そう思ったら すっごい感動を覚えた

一期一会は私のモットー
私は しがないエンジニア
でも何とかして世を変えるような製品を作ろうと一応頑張っている
そして滝沢君も 農園のオーナーとして
多くの人が喜んでくれる美味しいお米を作ろうと頑張っている
住んでいる世界は違うかも知れない
でも 大志を抱き 前へと歩く姿は共感出来る

これからもどんどん美味しくなる彼の米
そして何よりもどんどん大きくなっていく彼と
良い友人としてずーっとお付き合いしていきたい
そう思った スキー帰りのひとときであった。



テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

        

癖になりそなパウダーワールド

Category : スキー色々
昨日の浅間2000スキー場を後にして
私の車は一路 またしても白馬へと向かった
白馬村は一面の銀世界であった
そういえば今年、これだけ白馬に通ってはいるものの
なかなか白馬岳の全貌を拝めたことがない
それだけ今年は雪が多いのだ

そして今日 その白馬村スキーエリアの中でも
豪雪で名高い 白馬コルチナスキー場へ足を運んだ
白馬駅から車で更に30分ほど北へ向かう
かねがね噂では聞いていたがとにかく雪の量は白馬№1
↓途中の道路脇の雪を見てもごらんの通りだ
120212-3.jpg
ざっと白馬の街中に比べて倍くらいはあるように思えた
とにかく雪の回廊がゲレンデまで続く道をひたすら走った

そしてこのゲレンデのメインはホテルグリーンプラザ白馬
120212-2.jpg

このホテル前のゲレンデをベースに
周辺の山々から各コースが流れ込んでくる
どの斜面も軒並み最大斜度は30度を超える急斜面
中でも最大斜度43度の稗田山コース2は圧巻の急斜面
30度を越える斜度が延々と続くジャイアントコース
そしてこのスキー場の最大の売りは非圧雪のバーン
ほぼ全ての急斜面がパウダーワールドなのだ
120212-1.jpg

120212-5.jpg
まあ これだけの急斜面のバリエーションを持つスキー場も珍しいが
全てそれがパウダーというのも筋金入りのバックカントリー指向のスキー場だ
120212-4.jpg

とりあえず今日は全コースを制覇することに専念
白馬の街中はそこそこ薄曇り程度の天候であったが
コルチナは雪
一日中膝上のパウダーを楽しむことが出来た
昔 秋田の田沢湖で毎朝パウダーを楽しんでいたが
当時のあの楽しさを思い出しながら
スキーの醍醐味を再確認出来た一日だった
とにかく理屈抜きで楽しい
癖になりそなパウダーワールド
それが白馬コルチナスキー場なのだ

テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

        

これは無しでしょ

Category : 事件・事故
今日は最高の天気
浅間2000スキーも快晴であった
とは言ってもさすがに高地のスキー場
雪質はばっちり。
久しぶりにしまったゲレンデを滑ることができて
プチ感動な一日であった

先日の出張の時に
新幹線の中のJRの通販誌を見ていたら
とんでもないものを見つけた
女性の美の追究は我々男性では知り得ないが
小顔ブームの中 ↓こんなものが売られていた
120211.jpg

さすがにこれは無いでしょ。
これを買う人は まだ可愛いと思う
藁をもすがる思いということだろう
でも最初にこれを考えた人 一体最初にどんな実験をしたのだろうか・・・。
女性の本当の美しさって顔だけじゃないと思うんだけどねぇ。


テーマ : いいもの見つけた!
ジャンル : 日記

        

メンタルでしょ

Category : スポーツ
今日テレビでフィギュアスケートの四大陸選手権を見た
高橋大輔の演技に期待したのだが
4回転でのミスが響き 彼らしい輝きを見ることが出来なかった
無良祟人が見事に4回転を決めて上位に進出したのには驚かされた

その昔、フィギュアスケートで日本人が勝つなんてことは
絶対に考えられなかった
しかしここに来て 世界トップクラスの選手達が続々と生まれてきている
フィギュアスケートだけではなく
スキーの世界でも同じだ
特にモーグル女子での日本の成長は著しい
地道な選手強化が結んだ結果だのだと思う

しかしながら 日本の国技であった柔道は
かなり苦戦を強いられているのが現状だ
ある意味柔道は勝って当たり前的な発想があり
選手にしたらとんでもないプレッシャーを感じていたことだろう

その一方でフィギュアは「まさか」の感じで
多くの国民は期待などしていなかったはず
柔道の選手に比べたら プレッシャーは少なかったはずだ
だからこそ まさに競技を楽しめ のびのびと演技に集中できた
結果 成績がついてきたのではないだろうか?
今日の無良選手はその良い例なのかもしれない。

どんなスポーツでも強くなればなるほど
プレッシャーがついてまわる
このプレッシャーに打ち勝つメンタルこそが
一流選手の証と言えるのだろう。

基礎スキーの場合
技術選に出ることは一つの大きな目標だ
しかしその前に バッジテスト、指導員検定など
さまざまな腕試しの場がある
たった一本の滑りで合否が決まる
それも大きなプレッシャーだ
でも自分の若かりし頃を考えて見ると
自然にこのプレッシャを楽しんでいたように思う

今? そんな気持ちはさらさらないが
それでもあの時の ジャッジの待つゲレンデに飛び出していく緊張感
とても懐かしい


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

        

FuFuDo

Category : 国内探訪
今日辺りはまた冬型
都内の出張で新幹線の中では
湯沢方面の在来線が遅れていることをアナウンスしていた
きっとあの方面のスキー場は今日も雪なのだろう
おそらくこの週明けの暖かさで
ゲレンデはアイスバーンになってしまっただろうから
ここら辺で雪が欲しいところだ。

さて今日の出張は品川
品川と言えば 以前このブログでも紹介した「八天堂」
例のクリームパンなどおやつパンのの美味しい店だ
久しぶりの品川だったので
八天堂に立ち寄って昼ご飯にパンを食べようと思った
で、行ってみてプチびっくり
八天堂の店構えが変わっている
120209-1.jpg

「Fu-Fu-Do」
え?八天堂が無くなったのか?
と思い 店に近づく
店には八天堂の名前も入っていた
なんでもこのFuFuDoは
八天堂のスイーツパンブランドらしい
メニューはごらんの通り
120209-2.jpg

スイーツパンらしい品揃え
とりあえず私はこの中のチョコパンを食べてみた
チョコパンと言っても
中はクリーム
パン生地の周りにチョコがコーティングされた
いわばエクレアのパン版といった感じだ
一口食べる
そのチョコのパリッとした食感の直後に
八天堂独特の柔らかなパンの食感が来たかなと思いきや
最後にほどよく甘いとろりとしたクリームの波が口の中に押し寄せて来る
文字通りスイーーーーーッツという感じだ
スイーツ大好きの私には最高の昼食になった。
クリームあんパンも気になったのだが
それが一番カロリー高かったので今回はやめた。
(写真じゃわかりにくいかもしれないが
 各メニューの下にカロリーが書いてあるのだ)

また近日中に品川に出張することになりそうだ
一つ品川に行く楽しみが増えた。




テーマ : 食事日記(写真付き)
ジャンル : 日記

        

さのさかグルメ

Category : スキー色々
白馬のさのさかスキー場 パラダイスゲレンデの上部に
ビューレストラン「カペラ」がある
文字通り 窓越しに青木湖を眺めながら食事が出来るレストランだ

さのさかスキー場には正面チケットセンターの中に
カストルプラザレストランがあり
そちらの方がメインだが 人も多いし うるさいし
また色んなスキーヤーがあちこちに荷物を置いていたりして
どうも落ち着かず
私の場合はいつも この「カペラ」で食べることが多い
席の数はあまり多くないが
窓越しの景色や雰囲気が 少しだけ落ち着いているからだ

「カペラ」でのお薦めはタイカレー
ココナッツミルクの入った
かなりシャバシャバの緑色のカレールー
120208-1.jpg
これが結構辛いのだ
しかしながらそこにある香草の香りと相まって
カラ美味しいのだ
ゲレンデが寒い時にこのカレーは温まって良い

ハヤシライスもお薦め
120208-2.jpg
ハヤシライスはデミ系に偏ったものと
トマト系に偏ったものに分かれやすいが
ここのはその両方を感じることができる中性のハヤシライスだ
スキー場のゲレ食としたら標準的なものでは無いだろうか

そしてスペシャルピザ
120208-3.jpg
オーダーしてからちょこっと待たされることが多いが
生地の上に乗っかったトローーーリチーズはなかなかのもの
ただ、私的にはもう少し味が濃くても良いかな?と思う
このピザ食べる時には
ブラックペッパーかタバスコを少し加えたい。

そしてここのレストランの隠れたメニュー
それが「やじろべー」だ
120208-4.jpg
なんだこれ? と誰もが思うが
骨付きのソーセージみたいなもの
写真ではわかりづらいかもしれないが
この骨の周りについている肉は
ソーセージ状にミキシングされた肉
ネーミングはどうもこの外観から来たようだ。
味の方は そんなに期待してはいけないが
一本250円
さのさかに来たついでに食べても損はしないだろう。

最後にチョリソー
平たく言えば味つきソーセージ
120208-5.jpg
しかもこれ結構くせがある
ドイツのフランクフルトばりに 香草をしこたま使っており
これがお口に合う人には美味かもしれぬが
合わない人に合わない
私はとりあえず食べることが出来るれべるだったが
香草だけではなく 肉のにおいも相当なもの
あとから出るゲップにめまいがした。
 

さのさかスキー場に限らず
色んなスキー場でお薦めのメニューはたくさんある
これからもスキー場グルメレポートを
気まぐれにお届けすることにしよう

テーマ : 食事日記(写真付き)
ジャンル : 日記

        

ショートターン その2

Category : スキー上達編
昨日に引き続き 昭和スキーヤーの
ショートターン開眼レポート

これまた昭和スキーヤーは
ストレッチングとかジャンピングとかという言葉で育った
これ 簡単に言えば 上下動なわけで
まぁ ずーーっと大昔に教わった抜重的な操作では無く
あくまでも自分の足を伸ばして立ち上がる(圧をかけたままで)動作を
こう呼んだのだが。

この操作でスキーを覚えてきた私
やはり上下動をとってしまう悪い癖がある
でもこれもあるイメージで克服出来るようになった
これはオガサカの某若手デモに教わったのだが

ターンの切り替え時に
今踏んでいる足(一般的には外足とか谷足という)のテールを
山側に5~10cm押し出して切り替えるのだ
だまされたと思ってやってみるとわかる
外足に加重したままで その外足のエッジを切り替えないと
この動作が出来ない
そのため必然的に上下動は消えてしまう
昭和スキーヤーからの離脱 その2という感じだ

これを何も説明せずに人に見せると
「ベンディングターンか・・・」
と思ってしまうが、そうではない。
大抵の場合 ベンディングターンという表現で講習すると
やたらと状態をかぶせてしまうとか
スキーからの圧をわざとらしく吸収するとか
ベンディングターンのための ベンディングターンライクな
そんな操作をしてしまうことが多い。

でもこの外足テール山側押し出し(勝手に命名した)は
そんなことはどうでも良い
とにかく外足のテール側のアウトエッジを山側に押し出すこと
それだけに集中すれば
必然的に上下の動きの少ないターンになってくるのだ

私はこれをやるようになってから
上下動を押さえることができただけではなく
板の抜けの良さも感じるようになっのだ。

視覚的にとらえた形をまねるのでは無く
やはり運動の本質をとらえること
これが大切なのだ。

テーマ : 俺の叫びを聞け
ジャンル : 日記

        

ショートターン

Category : スキー上達編
私は根っからの昭和生まれの昭和育ち
幼少から青春時代までどっぷり昭和につかり
そして昭和の時代に覚えたスキーが身体に染みついている

ペダルプッシングなんて言葉をご存じであろうか?
昭和の時代に基礎スキーが流行りはじめた時に
交互操作の原型としてSAJが考え出した技術だ
平たく言えば 膝下からの動きでスキーの板を交互にひねる操作だ。
それをプルークの形を用いて
ショートターンのリズムでやることを
ペダルプッシングと呼んだ
いわば 私はこの時期にスキーに没頭していた
ペダルプッシングに洗脳されたスキーヤーだ

その後、カービングスキーの普及により
大幅にスキーの技術は変わったが
このペダルプッシング世代のスキーヤーは
膝からのひねりを多用するため
ショートターンにおいてどうしてもスペースを取ることが難しくなる

私もこの悩みを抱えていたスキーヤーの一人だ
しかし最近簡単にスペースを取れる方法がわかった
これは八方尾根SSの友人に教わったのだが
単純にストックを突くタイミングを遅らせるということだ
これにより大幅にスペースを取れるようになるのだ
まぁ年寄りの私にとって股関節をグニャグニャ動かすのは無理なのだが
このストックのタイミングを変えるだけで
それなりに股関節を動かせるようになった気がする

すでに何人かの人にこの方法を教えているが
明らかに滑りに改善の後が見られる
こうして考えるとストックって
結構大事なものなのだ


テーマ : 俺の叫びを聞け
ジャンル : 日記

        

またまたさのさかです。

Category : スキー色々
今日の白馬のさのさかスキー場で滑って来た。
先週、JESCのキャンプで滑ったばかであったが
スキー場に行くまでの道路がすでに様変わりしていた
明らかに雪の量が増えている。
夕べも10cmほど新雪が積もったらしい
で、朝ゲレンデに立った時は
久しぶりの晴れ間
ゲレンデの一番上から拝む青木湖や白馬の町並みは最高
120205.jpg

山頂のコースはばりばりの不整地斜面
コブが少し顔をのぞかせているが
基本的にはモハモハのパウダー
いやああ 楽しかった
上から下までの通しを3本やって爽快な汗をかいた

なかなか講習とかをやっていると こういう遊びは出来ない
で、これこそがスキーの楽しさだなと実感できた
さのさかスキー場であった
この雪の豊富さ
今年のシーズンは長い。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

逸材

Category : スキー色々
このブログで時々紹介している
ちーまりさんちのスーパースキーヤー姉妹
お姉ちゃんは中学一年生
小学校の時よりもより深くスキーに励んでいる
先日は二度目のオーストリア遠征
昨年よりも英語力もついてきて
インターナショナルなセンスも徐々に身についてきている

そんな彼女 宮城県のえぼしスキー場で開催されている全中に
なんと一年生で、しかも強豪の長野県代表として行っているのだ
詳細はちーまりさんのブログを見て頂ければわかるが
とにかく将来の日本の逸材として期待して良い

まぁ あまりこじんまりとまとまった話になってほしくないが
もしかしたら後15年後くらいに
白馬の技術選で姉妹が
元ワールドカッパーとして出場し
上位入賞しているなんてのも
十分にあり得る話だ
これからも彼女たちの活躍をずっと見ていたい。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

ひ----っな悲劇

Category : 事件・事故
今朝は冷え込んだ
でも久しぶりに浅間山がくっきり見えた
上から下まで真っ白け
おそらくゲレンデには完璧に雪がついたはず
明日からの週末 どこのスキー場も混雑するだろう

どうやら今回のウルトラ寒波の峠は越えた
この週末はぽかぽかスキーが出来そうだ。

今朝、事件が起こった
寒い部屋で寝ぼけ眼で着替えていた
なんだか頭がぼーーーっとしている
シャツを着る前に
制汗剤を脇の下に塗る。。。

ひ、ひ、ひーーーーーーー!!!
塗った脇の下がすーすーしてくる
寝ぼけた頭が いきなりシャキーンと起き上がる。
手に持った制汗剤を見る
なんだこりゃ!
そこに握りしめていたのは
「ムヒ」
私はムヒを脇の下に塗ったのであった
これは悲劇だった
でもおかげできちんと目が覚めた
万事塞翁が馬。
ムヒを脇の下に塗り浮かんだことわざだった。

120203.jpg

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

        

スキーの醍醐味

Category : スキー上達編
ここのところ白馬村のさのさかスキー場で滑る機会が多い
というよりも この数シーズン
白馬方面のスキー場に意図的に足を運ぶようにしている

以前は浅間2000や白樺高原など
どちらかというと人工雪のゲレンデで滑っていたのだが
いつもきれいにパックされた滑りやすいバーンだけで滑っていると
弱い滑りになってしまうと思ったからだ

先日の白馬の雪は もろにオール天然雪
しかも相当に柔らかかった
ここで白樺高原で滑るように強く踏み込むと
スキーが沈んでしまうし減速する
現在の基礎スキーは
深い丸い弧を描くことが美学
スペースを取りながら ターン速度を上げることを
ハードパックのバーンの反発だけでやっていると
滑りのバリエーションが無くなってしまう

カリンカリンのアイスバーンから
フワフワのパウダーまで
幅広い対応力で滑れてこそ
本物の基礎スキーヤーと言えるのだろう。

今度は上越方面に足を運んでみるか・・・。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

        

蒼生

Category : 国内探訪
今日も日本はすっごい天気
爆弾低気圧が寒冷前線をつれて来た
明日はもっと雪が降りそうな雰囲気だ
とにかくこのままだと気象庁の記録を総塗り替えしそうな雰囲気
もうぼちぼち雪は良いです。
と、スキーヤーの私も言ってしまうほど。
果たして今週末 ゲレンデにたどり着くことが出来るだろうか・・・。

今日は近所のグルメを紹介したい。
我が家から歩いて2分の場所に美味しいつけ麺屋がある
その名は「蒼生(あおい)」
店はこじんまりとした雰囲気。
多分席の数は全部で10~12席程度
ランチタイムや夕方は結構待たされてしまう
だから生意気に店の前にベンチがあったりもする。
120201-0.jpg

さてここのつけ麺 きわめてシンプル
麺とつゆしか出てこない
でもこれがなかなかいけるのだ。
120201-1.jpg

特に麺
え?これはラーメン? ってほどに麺が太い
しかもその麺の腰の強さは
まるで讃岐うどん並
でもあきらかに味はラーメン。
つなぎは水ではなく かん水を使っている
だからうどんではない。
120201-3.jpg

そして つゆ
魚系の出汁がしっかりきいていて超濃厚
味も濃厚だが
写真のようにどろどろとした濃厚さも特徴
このつゆと麺が相まって美味美味!
食べ終わった後に唇の周りにつゆが残るくらいに
どろっとした感じなのだ。
120201-2.jpg

私は時々ここで夕食を取る
無性にここのつけ麺が食べたくなったしまうのだ
もしも高崎にお寄りの際には
一度ここの極太つけ麺をご賞味あれ。



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。