スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

指導員検定に思う

Category : スキー色々
各県のスキー連盟主催の準指導員検定会は
この週末でほとんど終了したようだ
基礎スキーを極めようとするスキーヤーに取っては
登竜門のようなもの。

私も遠い昔に受験した。
養成の講習会で一緒になった仲間の中で
「おめぇだば じぇってに おづねぇでぇ」
(お前だったら絶対に落ちないよ)
と言われて、自信をもって受験日を迎えても
あの緊張感の中では自分の思っているモノの70%も出せなかった。
そんな後悔だらけの検定だった。
若かったからねぇ・・・。

で、最近某近畿地区の雪無し県のスキー連盟の人とリフトに一緒にのる機会があった
そこで彼が話をしてくれたのは
最近の準指導員検定は受験者が激減していて
今年は10名にも満たない状況だというのだ。
このままでは県連の行事の継続も難しくなるとのことだった

私がその昔受験した頃、秋田県連で130名ほどの受験者がいた
でも今では30名程度に減ってしまっている
とても寂しい限りだ。
しかし現実はもっと厳しい
各県連の運営費用は主にバッジテストと検定費用
さらには指導員資格を持つ会員の費用でまかなわれる。
従ってスキーヤーが減るということは
県連の維持が出来なくなってしまうことを示すのだ

なぜこのような状況になってしまったのか?
若者のスポーツ離れ?
スノーボードへの志向の転向?

理由は様々考えられる。
モーグルやバックカントリー、さらにはフリースタイルスキーなど
自由な発想でスキーを楽しみたい人々が増えつつある今
「基礎スキー」という言葉の響きがどこか古めかしい。。。
いっそのこと「基礎スキー」なんてことばはやめて
「テクニカルスキー」と名称を変えて
自由なイメージを持ってもらうようにしてみてはどうだろうか・・・。

って、結局今の連盟に名を連ねる偉い方々が
スキービジネスのマーケティングをまじめに行わず
過去の栄光にあぐらかいている内は何もかわらないか・・・。

私はSAJの一人の指導員として
これからの基礎スキーのあり方を危惧して止まないのだ。


blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

This is Hakuba!

Category : スキー色々
白馬に行ってきた。
白馬八方尾根は言わずと知れたウィンタースポーツのメッカだ
スノボ、スキーを問わず様々なウィンタースポーツがそこには存在している
今日の白馬は快晴
とはいえ朝は冷え込み
ゲレンデはかちんこちんのアイスバーン。
午前中は選ばれたスキーヤー、スノーボーダー達だけが
その難しさを楽しめるゲレンデになる。
最近、私も選ばれていないなぁ・・・と強く感じた。
カチンコチンの黒菱でした・・・。

さて、この白馬村
最近とても不思議な村になっている
それは外国人の多さだ
名木山方面からウスバあたりまでは日本人のスキーヤーがまだまだ多いのだが
咲花方面のゲレンデは「え、ここ日本?」って思うほどに
とにかく外国人が多いのだ
地元の人に聞くと
夜になるとエコーランドあたりのレストランは
外国人に占拠されてしまうとのこと
外国人の80%はオーストラリア人
彼らの国の夏休みを利用して 白馬にやってくるのだ
結構リピーターも多く
すっかり地元の人達とも仲良くなってしまっているらしい
それほどまでにこの白馬のパウダー、大自然が愛されているのだ。
日本人として多少誇りを感じた。
代掻き馬も外国人を迎えてくれる


だから白馬のレストランの人々は
簡単な英語をしゃべれる
もしも英語を勉強したければ
白馬に行ってみたらどうだろう・・・。

※本日、JESCの2名が準指導員検定に合格した。
 こうやってけなげにインストラクターを目指すスキーヤーがまだたくさんいるのだ
 だからこそSAJはもっともっと真剣にこれからのスキーの方向性を
 考えて欲しいと思う。



blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。



テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

けむぼーさんのブログ

Category : 未分類
私はスキーをこよなく愛していると
自分で思っている
でも本当かな?と思うこともある
初冬の街で、はーっと吐いた息が白くなるだけで
なんだかうきうきしてくるし
テレビでクリスマスのCMが始まってもうきうきしてくる

そう考えて見ると
私はスキーが好きなのではなく
本当は冬が好きなのではないか? と思えてしまう。
その冬をエンジョイするための手段がスキーであり
スキーをやっていれば 
いつでも冬に触れていることができる。
だから私はスキーが好きだと思っているのかもしれない

そんな冬好きの私のお気に入りのブログを一つご紹介しよう
それは「けむぼーぶろぐ」だ
この管理人さんは北海道に住むけむぼーさん
大抵は早朝だと思うが出かけていき
北海道ならではのすばらしい写真を撮影・アップしてくれている
特にこの季節
写真から「すてきな寒さ」が伝わってくるのだ
そこにある澄んだ空気と、その空気の冷たさが
写真を通して伝わってくる。
冬好きの私にとっては 癒しのブログになっている。

もしも私と同じように冬を愛する人がいれば
一度訪問してみてはいかがだろうか・・・。



↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

2012 オガサカスキーについて思う・・・。

Category : スキー色々
私は基礎スキーを始めてから
ずっとオガサカスキーにお世話になって来た。
その前はヤマハに乗っていたのだが
いわゆる選手として基礎スキーをやるという環境では
当時、オガサカが最高だった(今もそうだと思うのだが)。

1970年代後半から1980年代前半
まだ技術選が基礎選あるいはデモ選などと呼ばれていた頃
オガサカスキーに乗っていないとデモにはなれない
とまで言われたほどにオガサカは基礎スキーの世界に君臨していた
であるから、私もそのデモに憧れるし
デモの持つ道具にも憧れた。
そして基礎=オガサカという私の当時の方程式の元
オガサカスキーを選んだわけだ

さて、そんなオガサカスキーが
来年も新しいモデルを出す。
その詳細についてはすでにJESCのHPにアップ済みだが
この板のデザインを見て
これを良いと思う人たちは やはりオガサカ通の人たちなのだろうと感じた
ま、ひらたく言えばオーソドックスなイメージのデザイン
それが逆に玄人受けするのだろうと思うが。

何にしてもここ数年のオガサカのデザインは
ジャパニーズライクなデザインと言えよう
板に「覇」などの文字を入れるところもその現れ
性能的には扱いやすく
特に日本のゲレンデには非常に適した乗り心地だと思う
だからこそ見た目をもう少し 
万人受けするようなものにする試みも欲しい。

私のこの意見
もしかしたらオガサカ通の人達からは
「邪道」と言われるかもしれない
でもちょびっとだけ デザインに遊び心が欲しいな
と、来年のラインナップを見て思った次第である。



↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

mogler8さんの講座 「ストレッチ」

Category : スキー上達編
晴れ渡った冬の朝、ゲレンデに立つ・・・。

きーんと来るような 冷たい空気が頬をなでる

そこにはまさに言葉では言い表せない

広大でかつ繊細な白銀の世界が広がる

高鳴る胸の鼓動を抑えつつ

スキーのビンディングを踏み込む

大きく息を吸い

両の手に力をこめてストックを押す

「今シーズンはお前だ」と惚れ込んだ二本の相棒と一緒に斜面へと飛び出す

ゲレンデに残る 自分だけのシュプールをイメージして。。。


おーい! 待った!
その前にやることあるっしょ。
そうそう ストレッチ。
これ しっかりやらないと
ケガしたり 故障したりと 大変なことになっちゃうよ。

というわけで今回、Mogler8さんに
ゲレンデで出来る効果的にストレッチングについて投稿して頂いた。
残りのシーズン ケガしないようにがんばろう!

**************************************
前回まで3回にわたって「骨盤をおこす」についてやってきました。
みなさんイメージはつかめてきたでしょうか?
細かくやろうと思えばいくらでも出来るのですが、
他にもご紹介したい事があるので、
今回は実際にスキー場で私もやる、
いいポジションで滑れるように行うストレッチをご紹介します。

まずはこちら。(画像010)
110224-010.jpg
何のことはない「伸び」に見えますが、しっかりこだわりがあります。
次の手順でやってみて下さい。
①手を組んで上に伸びる
お腹の肉(皮膚)を恥骨から、上に引っ張り上げるように伸びをします。
伸びをするときにお腹が前へ出ないように(腰が反らないように)気をつけましょう。
②この姿勢で深呼吸します。
胸郭(肋骨)を動くのを感じるように、胸で大きく呼吸をします。
この動作をするだけでも骨盤がだいぶ起きて、お腹に力が入ってくるのではないでしょうか。

さらにこのストレッチも紹介しておきましょう。
(画像007・006)
110224-007.jpg 110224-006.jpg
①腕を上に挙げ、手が肩に付く位大きく肘を曲げます。
②反対の手でその肘を軽く押さえます。
③①で挙げた腕と反対の方向へ体を丸めながら倒します。
 肋骨周りの柔軟性を上げます。上半身の動きが大きくなり、
 ターンの時に体が捻れるようになります。

次は、骨盤を起こし、股関節を曲げやすくするストレッチです。
(画像005)
110224-005.jpg
①片足の膝の上にもう片方の足のくるぶし辺りをのせます。
②頭を高くして行きながら、骨盤を起こします。
のせている方の足のお尻がストレッチされればOKです。
画像はブーツを履いてやっていますが、
ブーツだと骨盤を起こす動作をやりきるのが難しいので、
ブーツを履く前の方がやりやすいと思います。

いつもストレッチはされているかと思いますが、そのレパートリーにぜひ加えてみて下さい。
次回は、よく行われているのだけど、実はやらない方がいいストレッチというのがあります。
正しいやり方と一緒にご紹介します。

Mogler8さんのブログはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/moguler8


JESCのHPに2012年のオガサカスキーのラインナップをアップしました。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら

http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

春?

Category : 未分類
今日の天気は異常
「3月下旬から4月上旬の陽気です」
とうれしそうに天気予報が伝える。
我々スキーヤーにとって この天気は何もうれしくない
ゲレンデの雪がどんどん溶けていくではないか。
まだまだスキーをしたいし、
まだまだ上手くなりたいと願っているのに・・・・。
天気が良いとそれはそれはで最高の景色を拝むことが出来る。
快晴の賜


でも、これは個人的にというか わがままだと知ってはいても
自分がゲレンデにいる時だけ快晴であって欲しい。
私が街にいる時、ゲレンデはどんどん雪が降っていてほしいものだ。

すでに先週 雨が降り ゲレンデは固くなっているので
そう簡単には溶けないとは思うが
もうちょっと春の陽気は後から来てくれても良い。
ただ、こういう天候になると
コブ斜面が楽しくなってくるのも事実
若干緩んだ雪の方が コブでの原則を助けてくれるからだ

3/6はJESCの技術選がある
それまでは白樺高原のあのコブの雪がなくならないことを祈るだけだ・・・。

※明日はMogler8さんの連載企画の予定。乞うご期待!
 テーマは「ゲレンデで行えるストレッチについて。」
 そういえば最近、まじめにストレッチをしなくなった。
 これを機にストレッチやってみようかと思う。

※オガサカスキーの2012年モデルのカタログは
 ようやく全ページのスキャニングが終わった
 明日、いよいよJESCのHPにアップしたい。
 これも乞うご期待だ。

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

ちーまりさんちに学べ

Category : スキー上達編
このブログで何度も紹介しているちーまりさんちのブログ
「立てばしゃくやく、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

ここんちのスーパーちびっ子スキーヤー姉妹が
ご存じのように大活躍してくれているのだが。
先日のNHK杯スキー大会で
姉御チャンが優勝したことはご存じであろう。

で、この度ちいまりさんから
その時の貴重な姉御チャンの滑りの実況放送の動画を教えてもらった
http://www.youtube.com/watch?v=Mv2gYvrXLAs&feature=player_embedded
いやあああああ上手い、美しい!
こりゃ とんでもないスーパースキーヤーの誕生だぁ!
と思いながら動画を見ていたのだが
この滑りを見て頂くと
先日のJESCのCAMPで講習した
「切り上がらない滑りの上体の使い方」がしっかりと実践されていることに気がつく
つねに姉御チャンは落下することを意識しながら
上体を使っているのがわかる。
これをお手本にして
みなさんも日頃のフリースキーを楽しんでもらいたい

この中でちーまりママさんとパパさんが登場している。
なんだか思っていた通りのキャラだった。
良い環境でチーまりちゃん達は育っているのだって確信できた動画だった。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

オガサカスキー 2012年モデル 試乗レポート

Category : スキー色々
昨日のJESCのCAMPで
オガサカスキーの来シーズン(2011-2012)モデルの試乗を行った。
試乗対象はうちのクラブの老若男女問わないメンバー
スキー技術は2級レベルからエキスパートまで幅広い層
ゲレンデコンディションは若干堅めではあるものの滑りやすい雪質
みんなそれぞれ来シーズンの相棒を捜すべく
一生懸命に試乗していたようだ。

とりあえず今回試乗したスキーは
KS-AX、SL、TC-ME、TC-SEの4機種。
どのスキーもみんな個性があるものの
そこはそれ オガサカスキーらしい扱いやすさは共通であった。
(なお、オガサカの来シーズンの板のラインナップについては今週中にJESCの
 ホームページにPDFでアップする予定だ。)

 各スキーのインプレッションを下記にまとめた。

KS-AX
 155cm(R12.8)~170(R15.7)
KS-AX 来シーズンのオガサカ一押しのスキーだ。
 オガサカの11-12シーズンの一押しモデル。
 BEAMシステム、FLS搭載のオールラウンドタイプ。
 このスキーは来シーズンのオガサカのニューテクノロジーBEAMを採用している
 試乗したほとんどのスキーヤーから、買うならこれ。と、とても評価の高かったスキーだ。
 実際に試乗してみると、切ることもずらすこともできる操作性の高さを感じることができた。
 シェルトップならではの板全体を使った操作感覚はオガサカらしさを感じる。
 幅広いレベルのスキーヤーが違和感なく乗ることができそうな板だ。


TC-SE
 155cm(R11.3)~165cm(R12.9)
TC-SE 技術選仕様のショート系のスキーだ
 BEAMシステム、FLS搭載。今年のTC-SXをベースに更に性能アップ。
 小回りから中回りにかけて自由な回転弧が描けるスキー。
 この板もKS-AX同様に扱いやすさをみんな感じてたようだ。
 特に最近、一般スキーヤーはショートベースのスキーを使用していることが多いので、
 こういったショート系の板が好まれるのは納得。
 で、AXとSE、どっちを選ぶ?
 という質問に対して、7:3位の比率でAXと答えていたのも印象的だった。


TC-ME
 167cm(R17.6)~177cm(R20.0)
TC-ME 来期から登場のミドル系のスキーだ
 BEAMシステム、FLS搭載。FFS5(FRONT FLOAT 5%)採用。
 サイドカーブが17~20mと純粋なロング系よりも回転弧の調整が楽に行える。
 今年からオガサカだ出して技術選向けのミドルターン用のスキーだ。
 私は個人的にこの板が一番バランスが良いと思えた。
 ただし、この板に関しては「曲がらない」という意見も多かった。
 上述のショート系スキーの普及が、
 ロングよりの板を扱いにくいものとさせているのかもしれない。
 AXもオールラウンド用のスキーだがベースはショートターン向けに作られた感がある。
 それがAXを受け入れやすくさせている要因ではないだろうか・・・。
 このTC-MEはロングターンとは言わないが、
 どちらかというと大回り系をベースにしてショートもできます!
 という感じの仕上がりになっている。
 参考までに172cmを試乗したが、これでロングもショートもコブも全てこなせた。
 私なら来年この一本! といった感じのおすすめのスキーなのだ。
 意外にバンクのコブなどはこの手の板が、結構収まりが良いのかもしれない。


TRIUN-SL
 155cm(R11.3)~165cm(R12.9)
SL 上級者向けのSL専用モデル
 BEAMシステム搭載。
 ハイパワー、ハイスピードの中で威力を発揮するレーサー専用のSLモデル。
 安定性、回転性いずれをとっても高いレベルで完成されていた。ゲレンデにある
 氷の塊などが散らかった斜面でも変な振動を感じることなくターンができた。
 ショートターンに特化するのであれば一押しのスキーだ。
 BEAMを採用しているせいか、
 ショートターンの中での角付けやリリースが非常にフレキシブルに行える。
 なんだか上手くなった気になるスキーだ。
 ただ、やはり2級から1級の試乗者の中からは「固い」という声も聞かれたのも事実。
 ある意味、上級者向けに作り上げられた上級者の至福のスキーと言えるだろう。


詳細なカタログは今週中にJESCのHPに搭載予定。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 



テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

2月 定例CAMPレポート

Category : スキー色々
2月19~20日の二日間
長野県白樺高原国際スキー場
JESCの定例スキーCAMPが無事終了した。
総勢18名の参加者を迎えて
バラエティーに富んだスキー講習を展開して
みなさん「それなり」にスキーとはなんぞやを理解・体得されたと思う。
また今回はオガサカスキーの協力で2012年モデルをいち早く試乗
そのインプレッションも楽しみながらのCAMPとなった
(スキーのインプレッションは明日以降のブログでアップ予定)

初日は最高の天気! と思いきや
午前中はなぜか曇天。
気温も下がり若干斜面が固め。
どうやら2、3日前に雨が降ったらしく
アイスバーンの上にうっすらと雪が積もったような状況。
ちょびっと寒~い中での講習。
「ターンが切り上がらないためにはどうしたら良いか」がテーマ。
基本の確認から実践までを確認。
そしたら午後からまた快晴
最高の天気の中でスキー三昧楽しめた
女神湖バックに はいポーズ!

二日目も暖かめの気温、そして快晴
こりゃばっちり講習日和。
初級~エキスパートまでグループに分かれて
がっつり練習。
みんな理論だけはわかってくれたと思うのだが・・・。
みんな熱心に講習してました。。。

初参加のキムねえさん
最近がんばって参加してくれている有村さん、阿部さん
ぐいぐい成長株のカトちゃんなどなど
JESCの楽しさを満喫してくれたことを期待したい。
白馬連峰を遠くに望む 絶景なり!

最後に。。。
いつもいつもお世話になるレストラン山綿木(やまゆう)さん
今回の合宿でも大勢で押しかけてしまいごめんなさい
でも、バラエティーに富んだメニューは
我々スキーヤーの最高のエネルギーになっているのだぁ!


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

おもしろサイト

Category : 未分類
私が学生の時 どっぷりスキーにはまっていた頃
私のホームゲレンデは秋田県の田沢湖スキー場だった
知る人ぞ知る 東北でも屈指のパウダースノーと
最高の景色を誇るスキー場だ
リフトなどの機動力もさることながら
とにかくゲレンデが広いのが良い。
またゲレンデのレストランもこれまた良い。
安いし、ボリュームあるし、美味い!
八方の兎平にも負けない急斜面のコブ「黒森山」
10年ほど前にこのスキー場で全日本スキー技術選が開催されたのだ
それほどに斜面はバラエティーに富んでいる。
とにかく私はそのスキー場で毎冬 スキー修業にいそしんでいたのだ

そんな私の生まれは大阪。
しかも河内。
小学校5年の時に父親の転勤で仙台に引っ越した。
基本、大阪弁を私は普段使う。
そんな私が はまる秋田の良いところ
それがお国訛りだ。
仙台弁はどちらかというと茨城や栃木の訛りに似ていて語尾が上がるのが特徴。
しかし秋田弁は違う
イントネーションは仙台なんかよりも標準語に近い
しかしことばを発する際の口の動かし方と舌の使い方が独特なのだ。

で、そんな私がおもしろいサイトを見つけたので是非ご紹介しておこう。
これはJESCの新潟支部に住む秋田出身の「新潟のレルピ3等兵さん」も
きっと気に入ってくれると思う。

さ、あなたは秋田県の通になれるか?
https://www.namahage-quiz.jp/


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

雨の朝の憂鬱

Category : 未分類
今朝目が覚めると雨だった。
正確には雨が降り止んだ後だった。
外に出て空気を吸ってみる。
なんだか少し暖かい気がする。
今週末はスキーだ。
しかもJESCのCAMP。
白樺高原国際スキー場で土日の二日間 みっちり講習をする予定だ
この暖かさに私の頭のスイッチはゲレンデの雪の心配モードに切り替わった
たった一晩くらい雨が降ったところで
ゲレンデの雪が無くなってしまうことは無い
それは十分にわかっていても
スキーヤーとしては 最良の雪を期待してしまう。

エンジンをかけて車に乗り込む
会社まで約30分の道のり
と、西の方角に浅間山が見える。
大丈夫! と私は確信した
おそらく雨は里だけのようだ
浅間が↓こんなに白く映っている。
そう確信した私は会社への道を急いだのであった。

とりあえず安心の浅間山でした。。。。


さあ、明日も思い切り滑ろう!


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

ほのぼのブログ

Category : スキー色々
先日はちーまりさんのブログについて紹介した。
あそこんちは、超スーパーなスキー姉妹と超スーパーなお母さんのお話。
日本の将来のスキー界を背負ってくれそうな雰囲気がありありだ。
今も姉御ちゃんはオーストリアでスキー頑張っているんだろうな。。。

で、今日は全く別の観点から私のお気に入りのブログを紹介したい。
これもちびっ子スキーヤーのお話
こちらはほのぼの系のブログ題して
「メルといっしょに」
特別な素性はわからないのだが
北海道に住む親子のお話だ
ここに出てくるメルとは
小学校二年生のスキーヤー「石丸 芽瑠萌」ちゃん。
そしてそのメルちゃんをささえるお父さんのブログだ。
アルペンの大会で優勝を目指す二人の日記かな・・?

そこのブログに書かれたお父さんのコメント
いつもいつもなんて言うのかな
ほんわかした雰囲気が伝わってくる。
言葉の一つ一つに心を癒される感じがするのだ。
小学校2年生の女の子が
幼いながらもスキーの練習に励む姿が浮かんでくる
そしてそれをすっごい優しそうな目で見つめているお父さんの姿も。
ホームページにある彼女と思われしレーシングワンピの子供の姿が初々しい。
でもなぜか一生懸命にがんばっているのが伝わってくる。

とにかく読んでいてほっとしつつも応援したくなる素敵なブログなのだ。


ちいまりさんちのスキー
メルちゃんのスキー
mogler8さんのスキー
そしてJESCのスキー
スキーって色んなスキーがあっていいと思う
その楽しみ方は様々だ。

でも、ひたむきにスキーに取り組んでいると
人の心に訴える何かがそこに生まれてくるのだ。
だからいつでも私は「スキー大好き!」な人間なのであった。



↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 
 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

志賀高原の隠れ家  「幸の湯ホテル」

Category : 国内探訪
志賀高原スキー場。。。。
言わずとしれたスキーのメッカだ。
高天原スキー場、ジャイアントスキー場、奥志賀スキー場、横手山スキー場など
さまざまなスキー場が集結した
まさに「スキー場の百貨店や~」だ。

私はこの志賀高原の中でも熊ノ湯スキー場がお気に入りだ
スキーヤーオンリーで安心して滑れるというのも大きな理由だが
何よりも豊富な雪の量と変化に富んだ斜面が良い。
まちがいなく志賀高原を代表するスキー場の一つだ。

その昔、サロモンスキーナウでは
よくこのゲレンデをロケにつかっていた
そのこともあり、私にとってここは基礎スキーの元祖的なスキー場とも言えよう。
熊ノ湯スキー場と言えばすぐに思いつくのが
「熊ノ湯ホテル」
ゲレンデまで徒歩3分の最高の立地条件
さらに古式ゆかしい天然温泉など
熊ノ湯のベストホテルと言っても過言ではない。

しかし私にとってのベストホテルは違うところにある
それは熊ノ湯から少し離れた傘岳スキー場に近い場所にある「幸の湯ホテル
その昔、オガサカスキーのスタッフから教えてもらい
それからずっと使わせてもらっているアットホームな宿だ

温泉旅館「幸の湯ホテル」 普通が良い!


JESCの12月の初滑り。
それはいつもここから始まる。
部屋だって、料理だっていたって普通
でもその普通が良い。
なんだか自分の家にいる感じで 妙に落ち着く。
帰り際に写真を撮ってくれてそれをHPにアップしてくれる。
これって後から見ると結構良い思い出になる。

ここ数年、私はなぜか12月の初滑りのCAMPの時に
決まって海外出張が入り
幸の湯ホテルに行けないでいる。
この春、春スキーCAMPがまたある
今年は絶対に参加して
久しぶりにちゃきちゃきの女将さんの笑顔を見てみたいと思うのだ。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 
 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

ちいまりさんちのその後・・・。

Category : 未分類
スキーをする人間にとって
アルペンであろうと、モーグルであろうと、基礎スキーであろうと
ジャンルを超えた仲間意識っていうものはあると思う
とにかくゲレンデにシュプールを描き
その爽快感に酔えるのがスキースポーツの楽しみだからだ
私のこのブログ、徹底的にスキーにこだわって書き続けている
そんな中、ブログを通しての仲間がたくさんできた。
(って、まだ顔を見たことは無いのだが・・・)

先日、私のブログで紹介した ちーまりさんのブログ 
「立てばしゃくやく、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
スーパーなちびっ子スキーヤーを育てる
スーパーにスキーの経験の無いママさんの子育て奮闘日記。
その後、大変なことになっているので
簡単に紹介しておこう。

二人の姉妹 姉御チャンとちびチャン
この二人はスーパーちびっ子スキーヤー。
姉御チャンは先日、オーストリアにプチスキー留学をして帰国
その後の国内の大会で
軒並み優勝を総なめの状況。しかもFISのポイントがつく大会でだ。

ちびチャンもまだ4年生ではあるものの
いつもいつも表彰台の次のポジションにとどまっているこのあと少しが今の彼女のエネルギになっているって感じがする。

そして姉御チャン
実は5日前にまたしても
オーストリアに短期スキー留学に向かったのだ!

前回の時には
英語もほとんどしゃべることが出来なかったのだが
今回は本人がその必要性を感じて勉強。
多少はしゃべれるようにして向かったという。
この努力がまたうれしい。

これから2週間ほど
オーストリアからのレポートがアップされると思うが
彼女のスキーだけではなく、人間として大きく成長していく
そんな姿を思い浮かべるとワクワクしてくる。

もしかしたら将来のナショナルチーム?
って思えるこの姉妹
これからも目が離せないところだ。

こんな姉妹がJESCの技術選に出場してくれると
おじさんスキーヤーには
最高の刺激になるんだけどねぇ・・・。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 
 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

心配事

Category : スキー色々
最近、ぼちぼちではあるが
ゲレンデでスノースクートなるモノを見かけることがある。
すでに10年以上も前からこのギアはあったのだが
ここに来て少しずつ、ゲレンデでの市民権を得つつあるように思う。
スキー、スノボはゲレンデにいて当たり前のことなのだが
スノースクートは100人に一人よりも更に確率が低い気がする。

さて、このスノースクート。。。
まだ今はゲレンデでの数は少ないから気にする必要も無いのだろうが
我々スキーヤー、スノーボーダーが多少心配するのは衝突事故。
スノースクートはごらんのように
110214.jpg


スノーボードの上に金属製のフレームを取り付けたもの
で、椅子こそ無いものの
MTBさながらにボードの上に足をのせ
華麗にハンドルを切りながらゲレンデを下るそんなスポーツなのだ。
このフレームはほとんどが金属製。
一応円筒形状でフレームは構成されているが
やはりこの乗り物が突然突っ込んできた時のことを考えると
どうしても大きな事故を想像してしまう。
まして、こんなのが子供に突っ込んだらケガでは済まない気がする。
とはいえ、ウィンタースポーツを楽しみたい気持ちは
我々スキーヤーと同じはず
まだその人口が少ない今
どうにかして共存出来るルールを考えはじめておいてはどうだろうか・・・。

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

オガサカ2012モデルの情報

Category : スキー色々
スキーシーズンも残すところ約2~3ヶ月
どこでもスキー出来ますよ。っていうシーズンを考えると
残すところ2ヶ月を切った。
今年は思いの外、雪も多くゲレンデのコンディションは良い。
残りのシーズン、まだまだスキーの練習に励めそうだ。

ところがそんな折り、来シーズンのオガサカスキーの情報が入ってきた。
すでにいくつかのスキー場でメンバー限定で試乗会が行われている。
私もそこに招待されていたのだが
これが平日。しかもしっかり会議などが入っていたため行けなかった。

来シーズン オガサカはBEAMシステムという新機能を上級機種に搭載してくる
このBEAMシステムはスキーのセンター部サイドウォールに沿って
左右二本の補強材を加えたものだ(メタルらしい)。
これにより、雪面の捉え、推進力が非常にスムースに得られる。
同時に滑らかなフィーリングが得られ、かつエッジを緩めることも容易になる。
すなわち全方向にスキーが動かしやすくなるということだ。
今のところ搭載される機種
 KS TRIUN(GS,SL) TC
とのこと。

 そしてもう一つの目玉の機能はフロントフロートシステム。
これは簡単に言えば、スキー板のトップが反り返った板を想像すればいい。
接雪面がよりセンターに近づいたということだ。
これによりスキーの前方から来る雪面抵抗を低減できるため
スムースな滑走性が得られるとのこと。

試乗会では特にBEAMシステムを搭載した板が絶賛だったらしい。。。

って、今度の週末にJESCのCAMPでこの板を試乗出来るわけだから
楽しみにしていて欲しい。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 




テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

私のパワースポット

Category : スキー色々
ここのところ、ちょっとスキーの滑りすぎなのかもしれない。
膝痛に悩まされている。
大腿四頭筋とお皿の間に痛みを感じるのだ
最近のスキー操作は若干後ろ気味のポジションで滑った方がスキーの抜けが良い
私もそれなりのポジションで滑っているのだが
ショート系のスキー板は、ついつい過度な捻り動作を加えてしまうようだ。
特にゲレンデの斜面が微妙に荒れている時に
下から突き上げられるその衝撃で膝がやられてしまったのだろうと思う

とりあえず医者に行くと
「膝関節炎」だそうで、湿布と痛み止めの薬をもらっておしまい。
加齢も加わって筋肉が衰えているのと言われた。
ま、そんなものだ。。。

こんな時、この痛みを癒してくれる場所が私のパワースポットだ
それは温泉でも、寺や神社ではなく
「白馬村」
季節を問わず、白馬村から眺める山々はいつでも私の心
そして体を癒してくれる
長野から美麻を越えて
白馬の山々が見えて来た瞬間から
心は高まってくる。
パワースポットっていう意味とは違うのかもしれないが
心身ともに癒される場所として「白馬村」は
私にとっての紛れもないパワースポットなのだ。。。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 




テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

        

大雪の噂の恩恵

Category : スキー色々
さのさかスキー場に行ってきた。
3連休の初日。ここはどこのスキー場も稼ぎ時。
ましてや白馬村。
スキーヤー、ボーダー達が集まり
混雑必至で行ってきた。

ところがどうだろう
ゲレンデの混雑状況はいつもと同じ。。。
どころか、いつもの週末よりも空いている感じさえする。
どうやら前日から流れていた大雪の噂が
今回の行楽客の足をとめてしまったようだ。
じゃ、本当に雪は降ったのか?
というと、これまたほとんど雪は降らなかった。
今も高崎は雪がちらついてはいるものの
道路がどうのこうのなるような状況にはない。
は、は、は とんだ天気予報のデマの恩恵を受けてしまった
広いゲレンデで思い切り ロングターン、ショートターン、そしてコブと・・・
一日しっかり滑ることができた。

さのさかのメインゲレンデもこんな感じ


なんと滑走標高差は4400m!!
マッターホルンを滑りきったことになる。。。
ゲレンデからは青木湖も望め、最高の気分でスキーをすることができた。
むろんスキー場なのだから雪も降りはしていたが
これは冬のゲレンデなら仕方ないっしょ。って程度のもの。

青木湖を望めるこの広大さ


レストランだって、一応満席ではあったが
私一人くらいなら、ほいほいと座れてしまう程度
で、美味しそうな「卵とじカツ丼」を食した。
このカツ丼、なかなかジューシー。はっきり言って美味。
もう少しご飯にもつゆがかかっていれば。。。ってところが残念賞。

ジューシー、数量限定の卵とじカツ丼!


普段ははずれる天気予報に腹を立てることが多いが
今日ばかりは見事にはずれた天気予報を
ありがたく感じた一日だった。。。

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

ストック

Category : スキー色々
スキーに必要なグッズ。。。
当然スキーの板、これは重要だ。
雑誌でもそのインプレッションで賑わう
スキーブーツも同じ
むしろスキー板よりも
こちらの方がフィット感は大事

ところがどうだろう。。。。
ストックの特集を組む雑誌は以外に少ない
そういう雑誌が皆無な訳ではないが
上記のスキー板やブーツに比べると
圧倒的に雑誌に登場する率は低くなる。

私は今、LEKIのストックを使っている
すでに5年ほどずっと変えずに使っている。
過去はずっとオガサカのストックを使っていた
オガサカのストックの最大の良さはグリップの良さ
あの日本人の手にぴったり合ったグリップは
特にショートターンの時
手のひらにピッタリとグリップを合わせてくれる

一方、愛用のLEKI
グリップはお世辞にも良いとは言えない
握りの形に若干違和感がある
でも、このLEKIのすばらしさは
そのバランスにあるのだ
ちょこっとだけ小指に力を入れるだけで
簡単に振ることができる
しかもその位置も正確にコントロールしやすい
私がストックに求めるものは
ストックを突く位置とタイミングを
如何に容易にコントロールできるか?
それを考えると LEKIになってしまったのだ。。。

来シーズン、そろそとストックを変えてみようか?と思う
おそらく迷わずにLEKIを買い換えるだろう。

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

海野義範という男

Category : スキー色々
全日本スキー連盟の公認デモンストレータの海野義範
彼とはもう既に20年ほどのつきあいになる
当時のナショナルデモだった小野塚さんのスキーの愛弟子ということで
紹介してもらったのがきっかけだ。
軽井沢スキー場。。。
彼に渡したリフト券を風で飛ばされて無くした。
でも「無くしちゃいました」とにこにこ笑顔。
なんだこいつ?
と若干理解不能だった。。。

そしてその後、私がまだ現役だったころは
二人で熊ノ湯スキー場にこもり 
朝から晩までゲレンデで熱く練習したモノだ
むろんプライベートな話にも華が咲いた。
けっこうお互いに やんちゃしてた?

彼の奥さんは全日本スキー技術選4連覇の白河三枝ちゃん
とっても気の利くナイスレディーだ。
彼の結婚式に呼ばれた時も
彼はスターウォーズばりでお色直しの登場。

そんな彼が一度デモを引退し
実家の寺を次ぐと言うことで出家した
なんとも寂しい気持ちであったが。。。

しかし彼が昨年からまたSAJに復帰した
なんと40歳にしての復帰
しかもそのまま全日本に出場して
さらに全日本デモになってしまったのだ。

まあ、あきれるというか
尊敬するというか
相も変わらず 寺の息子とは思えないほどの破天荒さ
これが彼の魅力と言えば魅力
やっぱ憎めないやつなのだ。

今年も岩手県予選、彼は出場した
40歳!
それでも見事に予選を通過
電話で聞いたら「ま、とりあえず・・」だとさ。

私には彼ほどの才能は無いし
またあの破天荒さが無い
でもスキーを愛する気持ちだけは同じだ

私は今、気質のサラリーマンスキーヤーに成り下がってしまったが
なんだか彼に私のハートの分身を感じる
だからこれからも思い切り楽しいスキーを魅せて欲しい
と願う今日この頃だ。

タカとユウジ? 二人揃えば「あぶないバカ」

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 
 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

懐かしい友

Category : スキー色々
先日、浅間2000スキー場にお忍びで練習に行った時のこと
ここのところ、自分なりに滑りに悩みが出てきた
今シーズンも先シーズンよりはレベルを上げたい
ショートターンはそれなりに自分で納得の出来るものになっているのだが
ロングとショートがつながらない。
スキーの板を走らせるという点で納得いかないのだ
で、こういう時は
陰険コモコモと一人で練習するのが良い
そんなわけでコモコモと滑っていたのだが。。。

さあそろそろ帰ろうかな?と思った頃
リフト乗り場で見たことのある人影が。。。
「ちわっ」
おおおおお、懐かしいスキー仲間のM君であった
彼とはここ4、5年滑っていない
たまにこのスキー場で会うことはあったのだが
彼は埼玉県スキー連盟でなぜかスノボの役員をやらされていて
スキーを履いている彼を見たのは久しかった

とりあえず二人でリフトに乗り
久しぶりの再会話に花が咲く
今度のうちの技術選に来いよ!と念を押す。
彼は義理固い男。
きっと来てくれるだろうと思いつつ
一本だけ一緒に滑ることにした

しばらく彼はスキーをしていなかったというので
最近のスキーメソッドなどをレクチュアし
彼の滑りを見る。。。。
上手くなっている。
彼はどちらかというと比較的癖の強いスキーヤーだったのだが
久しぶりに見る彼の滑りは
とてもナチュラルになっている。

彼に「練習してただろ?」と聞いても
真顔で「マジに滑ってませんでした。」と。。。

どうやらしばらくスキーをしていなかったことで
彼の体にあった変な癖だけが抜けて
シンプルなスキーの本質だけが残ったようだ。

なるほど。。。
ということは「スランプかな?」と思ったら
がむしゃらに滑るだけではなく、
少しスキーを離れて見ることも大事なのだなと
M君を見て思った次第だ。


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

骨盤の起こし方②&動作の中心

Category : スキー上達編
さあ、今回も恒例のMogler8さんの講座です。
しっかり読んで良いイメージを持ってくださいね。


前回「骨盤を起こす」という動作を説明してきました。
骨盤を起こすことが上半身の姿勢維持に非常に重要であるということ、
そして上半身の姿勢維持にはお腹に力が入る、
すなわち体幹がしっかりしている事が必要であるというのが前回の要約になります。
正しく骨盤を起こすには、お腹が出ないようにしなくてはいけないわけです。

それでは今回はまず、骨盤を起こす動作をさらにやってみましょう。
001kai.jpg

肩を下げて(ハッ!と一気に息を吐くと肋骨の下部が閉じ肩が下がりやすくなります)、
頭を高くして写真のような姿勢をとります。
上半身は床に対して垂直です。
そこから、体は垂直のまま、仙骨だけ図の赤線のようにさらに倒すようにしてみて下さい。
仙骨の周囲に圧がかかるような感覚になります。
うまくいくとへそ下に力がさらに入る感覚があります。
この時も無理に前傾させ過ぎて腰が反らないようにします。

出来ましたか?
では続いて、この動作から体幹を鍛えるトレーニングをしてみましょう。
仙骨を前傾させた状態から、下の写真のようにそのまま体を後に倒します。
002.jpg

お腹がきつくなればOKです。手を上にバンザイしながらやると、強度が上がります。
そのまま戻ります。
今度は下のように同じ姿勢のまま前に倒します。
001.jpg

ではこの動作から、正しく骨盤を起こして前傾姿勢をとるのと、
腰が反って前傾姿勢をとる動作との違いをご説明したいと思います。
直前にやってもらった前後に倒す動作は、動作の中心が股関節にあります。
体幹~頭が1本の線のまま股関節を起点に動いています。
一方、腰を反る動作の場合は、動作の中心がそれより上の腰椎にあります。
003.jpg

二つの絵を見て頂くと、動作の起点の違いが骨盤の動きに違いをもたらすのがわかると思います。
股関節から動かした場合、骨盤が上半身に合わせて大きく振れていますが、
腰椎から動かすとあまり骨盤は動いていません。
では股関節が動作の起点であった時、
今と逆に骨盤から上を動かなくしたらどうなるでしょう?
脚が動きます!
004.jpg

骨盤下部から脚についている筋肉が総動員され、
さらに頭から足まで一本の軸が出来て重心が足の真上に来るのでしっかり過重が出来るようになります。
正しく骨盤を起こし、体幹をしっかり固定出来るとこのように身体操作が行われるんです。
スキー動作にすごく役立つとイメージ出来るのではないでしょうか?

※一旦、Mogler8さんの講座はこれで終了の予定でしたが、Mogler8さんの方で
 熱心なスキーフリークのために、もう少し続けて頂けるとのことですので、さらに連載を
 続けさせて頂きます。

↓Mogler8さんのブログはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/moguler8

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。  

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

追憶の苗場

Category : スキー色々
苗場スキー場に行ってきた。
最近の苗場は、昔のようなスキー場ではなくなっている
あの全国のスキーヤーのあこがれのスキー場「苗場」の面影はなく
あの苗プリも老朽化の後をかくせず
リフトも平日は間引き運転をする
そんなスキー場に成り下がってしまっている
当時のあの繁栄を知る我々熟年スキーヤーからすると考えられない有様だ。

これぞ苗場の象徴! 苗プリ


でもおかげさまでゲレンデは比較的空いているし
ゴンドラだって短い待ち時間で乗ることが出来る
唯一プリンス前のあの短いペアリフトだけが混雑しているようだ
そんなわけでほぼ十年ぶりに筍山の山頂に登ってみた
。。。まさに絶景であった。
苗場山や赤城山、そして谷川岳まで一望できる
360°のパノラマがそこには広がっていた。

筍山から見下ろす苗場スキー場の麓


昔はこの場所にくるだけでも
長蛇のリフト待ちを乗り継いで、相当な時間を費やしてやっとたどりついたものだが
今はスキーヤーを含むウインタースポーツ人口の減少で
いとも簡単に来れてしまうのだ。
スキーブームの衰退。
その恩恵をこんな形で受けるなんて
寂しいようなうれしいような複雑な心境だった。。。。
でも、レルヒさんの唄は地味~にながれていた。

※明日は連載企画 Mogler8さんの投稿記事。
 乞うご期待!

※阿部ちゃんが2級に合格したらしい。おめでとう!
 筋肉大沢君、サポートありがとう!! 


↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

        

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ

Category : スキー色々
今日のブログのタイトル。。。
何ともわかりにくいタイトルだが、もう少し簡単に書くと
「レルヒ少佐」
そう、おそらく全日本スキー連盟のインストラクターの方なら一度は聞いたことのある名前だ
彼は1910年、日本に初めてスキーを伝えたオーストリアの軍人だ
決して彼はスキーの専門家(スキー教師)として来日したのではなかったが
当時、あの八甲田山での雪中行軍の悲劇の後
日本の軍部は雪上を楽に進むことのできるスキー技術に注目していた。

彼がスキーを伝えた場所
それは新潟県の上越市・高田とされている
そう言われてみれば 先日上越市に行った際に
日本スキー発祥の地として色んな看板が立っていた。

このレルヒ少佐の一件、
実は今年、彼がスキーを伝えてから100年目を迎える
これにあたって上越市や新潟県ではひそかにレルヒブームになっているのだ

むろん、マスコットやノベルティーグッズが売られている
例えばレルヒさんカレーとか・・・。

そのうち、そういったものを購入したらまたアップしたい。

しかし今日このブログで紹介するのはレルヒさんの唄。
これは新潟に住むJESCメンバーののアサリくんからもレポートがあったもの
YOUTUBEで見つけたのでアップする。



これ、先日苗場に行ったらゲレンデで流れていた。
そんなわけで、今年の冬は
レルヒさんブームに乗っ取って
我々も百年の重みを持つこの歴史あるスポーツ「スキー」を
大いに楽しもう。

↓3/6開催のJESCスキー技術選の詳細はこちら
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

最近のトレンド

Category : スキー色々
我々が若かりし頃
スキーヤーはみんなデモパンを履いていた
特に基礎スキーがドーンと流行った頃
みんなデモパン(しかも白とかど派手な色)で決めてゲレンデを滑っていた
戦闘用のスタイルとしてイカ帽にゴーグルも外すことの出来ないアイテムだった。
みんなデモパン、セーター、イカ帽、ゴーグルで検定を受けていたものだ

でも日頃のゲレンデではイカ帽はあまりかぶらない
その当時はみんなサングラスでノーキャップがクールなスタイルだったのだ。
昨日のブログでも紹介したスキーナウでも
みんなサングラスをつけて滑っていた。
我々も右にならえでレイバン、ビュアルネなど
当時のトップスキーヤーがつけていたレアなブランドを
買いあさったものだ。

ところが最近、この傾向に変化があるように思える
それはゴーグルの躍進だ
元々最近はヘルメットを着用して滑るスキーヤーが多いこと
またスノボの世界ではゴーグルがクール
で、なんとなくサングラスで滑っているスキーヤーが減ってきたように思う
私個人としてはサングラスも良いのだが
なんとなくそれやっていると「親父」と思われてしましそうなので
ゴーグルを使うようにしているのだ

基礎スキーって見られてなんぼの世界
少しでもかっちょよく見せるようにしましょ。

昔、晴れたゲレンデにはサングラスが似合った

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 
 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

スキーナウ

Category : 未分類
今日、部屋の本棚の隅に置かれた古いビデオを見つけた
ラベルを見てみたら「サロモンスキーナウ」と私の直筆で書いてある
懐かしい・・・。
1980年代後半 スキーが大流行するきっかけになった理由の一つとも言える
我々基礎スキーヤーにとってバイブル的な番組であったスキーナウ。
当時、私は土曜日の深夜ともなれば
ワクワクしながらテレビを凝視
しっかりビデオに録画して、それを自分なりに編集していたのだ
そのビデオがまだ残っていた。。。

当時、スキーと言えばアルペンスキーしか知らなかった一般のスキーヤーに
基礎スキーというジャンルを教えてくれた番組。
私が知る限り、同番組が日本で初めて「スキー技術選」を地上波で放映した。
そこから小野塚喜保、渡辺一樹、斎木隆、我満嘉治、上原由などがの有名スキーヤーが生まれていった。

で、とりあえずそのビデオを見てみた。。。
おおおおおお!
いきなり 杏里のイノセントタイムに載せて
ヘリスキーが始まる 斎木隆のフリースキーが斬新だ!!!
「サロモン スキーナウ ナインティーシックス!」
なんだか懐かしくて涙が出てくる。



特に私が好きだったコーナーは「テクニカルインストラクション」
うちのクラブも相当にお世話になった小野塚喜保デモが
基礎スキーの基本から応用までをデモしてくれるコーナーだ
ストレッチングに始まり
直滑降、プルークボーゲン、シュテムターン・・・
特に当時はペダルプッシングが主流
柔らかい小野塚さんの膝の使い方が印象的だ。
小野塚さんはすらっと長身、しかも当時はかなりスレンダー
そんなデモが白いウェアを着て演じるわけで
そりゃあ 当時の私は男が男に惚れる みたいな感じだった。
このコーナーを通して
上手いスキーヤーの歩き方、板の担ぎ方、さらには着こなしまで
私は全てここを原点に考えるようになっていた。
懐かしいシーンをよくここまで編集していたものだ
と、昔の自分にある種の感動さえ覚えた。

やがてビデオは色んなスキーヤーの滑りへと変わっていく
海和俊宏の滑りは圧巻だ。
海和さんと言えば当時ワールドカップで入賞を果たした超スーパースキーヤー
そんな人がスキーナウでフリースキーを見せてくれる
すばらしい! 何とも言えない自在感
滑ることの楽しさがすんごい伝わってくる。
そして斎木隆。
彼のフリースキーも海和さん同様に自在感にあふれている
二人ともアルペンで速さを極めてきたスキーヤー
共通するのは自在感と当然のようなスピード。



でもここで気がついたことがある
小野塚さんのテクニカルインストラクション
それと海和さん、斎木さんのフリースキーイング
後者は見ていて 何となく最近のスキーにつながる部分を感じる。
こんな感じで 今の時代を滑ってもありかな?とも思う
でも前者はなぜか最近の滑りと比較するとあきらかに違和感がある。
なぜだろう・・・
私が思うにアルペンは速さを求めるスポーツ
そこには普遍的な要素が多く含まれている
一方、基礎スキーは何を求めるスポーツなのか?
あくまでも人にスキーを教える(スキーを普及させる)ためには
どうすれば良いのかを考えることが目標。
教程なんてことばも基礎スキー独特のもの
でも普遍性の要素がアルペンに比べて少ない
言い方は悪いかもしれないが
「今年はどんな滑りにする?」
「そろそろ変えないと 教育本部何やってんだ?って言われそうだしねぇ」
みたいな感じでSAJのトップが無理矢理考えてきた感さえある。

それが結果的に昔と今の滑りに大きなギャップを生み出してしまったように思う。
スキーはあくまでも楽しむもの
その楽しさを伝えていく そんなスキー連盟であり続けてほしい
と、このビデオを見て思った次第だ。

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

        

JESCスキー技術選(3)

Category : スキー色々
これまで2回
JESCのスキー技術選についてプロモートしてきた。
大会まであと約1ヶ月ほど。
まだ選手枠には十分に余裕がある。
出来る限り多くの方々に出場して頂きたいと常々思っている。
そんなわけで大会プロモートの第三弾ムービーをアップすることにした
今日は予選編だ
JESC技術選は予選を行い、その結果に応じて
一部と二部に別れる
全体の60%が一部に進出できる
ある意味、思い切り緊張するのが予選なのかもしれない
そんな緊張感漂う?予選の模様をどうぞ!



JESC技術選の詳細はこちら↓
http://jesc.web.fc2.com/

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

2月に入り。。。

Category : スキー色々
2月に入った。
大雪も一段落で、スキー場には十分の雪がついた。
これで今シーズンは安心して滑ることが出来そうだ。

いつぞやのブログで今シーズンの私のスキーの目標を
標高差で大気圏分滑りきろうと決めた。
とりあえず1月分のスキー総合滑走標高差は32970m!
約33km滑った。
大気圏は80km~100kmと言われている
とりあえずこのペースで行けば
今シーズン中に達成出来そうな雰囲気だ

でもこの目標を立てたばかりに
今年はマジで滑っている感が強い
今のところ一日平均3300mだが
CAMPなどで講習を担当すると2000m程度に終わってしまう
それを補うためにプライベートの時は
4000mとか最大5000mほど滑る
この歳になってくると結構この標高差は膝にくる
だから最近は滑り終わったらアイシングなどを行うようにしている

でも1月が終わり、30kmを超えたということで
多少安心できた。
残りの約50kmを2月、3月の2ヶ月で滑りきれば良い
そう思うと結構気が楽になった。
標高差も良いのだが
やはりもっと滑りの質も上げなければ・・・とも思う今日この頃でもあった。


blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。ポチッと押してやってください。 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。