スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

サドル選び

Category : 自転車
昨日のチャリの際に
少し座骨が痛かった
どうやらチャリのサドルが微妙に合っていないようだ
ネットを見て、色々と調べてみた。
まずサドルの高さ、そして傾き、さらにはハンドルの高さ 等々
理屈はわかるのだが
どの程度にして良いのかわからない
で、極めつけにわかったこと
自転車のペダルはいわゆる拇指球あたりで踏むのが良いのだそうだ

そういえば昨日は
土踏まずで踏んでいたような・・・

サドルの調整や選び方には
みんな苦労するらしいので
このGWはチャリに乗りながら
まずはサドルの調整をするようにしたい

これまたチャリに乗っておられる方で
他にこうしたらサドルの痛みが無くなる
なんて方法があったら教えてくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

快感

Category : 未分類
今日、久しぶりにチャリにのった。
距離にして焼く25km
ちょっと風が強かったので厳しい面もあったけど
すごい気持ちよかった。

特に下り坂のあのスピード感は最高
スキーで滑る速度感とはまた違ったものがある
とにかく快感だった。
知らないうちに汗もびっしょりかいて
これは良いトレーニングになりそうった思った
GWはチャリにはまりそうだ

あ、そうそう
チャリの改造の件
どうやらできそうない雰囲気になってきた。
今からパーツを取り寄せて
GW明けに実行することになりそうだ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

大阪人の自分

Category : 未分類
今日は大阪に出張だった
生まれ故郷なので、あまり違和感はないが
やはり大阪の街は
街自体がエンターテイナーの街になっている感がある
電車やレストランでの一般の人達の会話
ぼけ、のり突っ込み
全てがテレビで見る芸人の乗りにみえてしまう

私も小学校時代を大阪で過ごしたわけで
少しはその血が流れているのだろうけど
やっぱ生まれも育ちも大阪っていう人達には
ついて行けないと感じることもある

仙台と大阪のおいたち混血が私だ
仙台のイメージ= 結構粘り強い、排他的? シャイ?
大阪のイメージ= ぼける つっこむ やかましい 人が大好き
 この混血の自分を周りの人はどう思っているのだろうか?
たまたま私が大阪弁を日常的に使っているので
大阪人としてとらえてくれているとは思うが
みんなの知る、あるいはイメージする大阪人のイメージを
私は持っているだろうか・・・。


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

GIANT改造計画2

Category : 自転車
マイチャリ改造の件
マムさんからコメントがあったように
いくつかのショップに問い合わせたところ、それなりの回答があった
結局、変更するのはブルホーンバーのハンドル
シフトレバーをSTIに
そしてバーテープ
これらが最低限必要のようだが
必要に応じてブレーキのタイプをSTIに合わせた方がいいとのことだった
マムさんの心配してくれたステムの件は
今回はハンドル径を現行のものにすることで
変更は不要のようだ。

なんとなく改造の手順についてイメージは出来るのだが
やはりこれを自分でやるのは辛そうだ
適当なショップに持ち込んで
作業を横で見ながら勉強させてもらうのが良さそうだ

まずはGW
今のチャリで軽くツーリングすることにしよう

テーマ : オタク的日記
ジャンル : 日記

        

GIANT改造計画

Category : 自転車
昨日のブログに書いたマイチャリの話
実はこの春に、ちょっとした、いや大幅な改造計画を企てている
今のGIANTのESCAPE MINI RSのハンドルはフラットハンドルだ
これをブルホーンバーに変更したい。
なぜか?
ここでツーっぽく、前傾姿勢を作りたいから
と答えればかっちょいいのだろうが
本当は単純にデザインがかっちょいいことと
やっぱ少ない予算なりにマイチャリとしてのオリジナリティーを出したいからだ。

ところがこの改造
かなり素人的には難しい
単純なハンドルだけの交換であれば
大した改造ではない。
しかしブルホーンにすると ブレーキレバー さらにはシフトレバーなども
それように変更する必要がある。
こうなってくると各種ワイヤの長さの調整まで行わなければならず
果たして本当に出来るのだろうか?
と悩んでしまう。
ま、もうちょっと自転車のメカの勉強をしてから
取り組むつもりだが
だれでも良いので
こういうのにチャレンジして成功したというブログでもWEBでもあれば教えてくださいな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

GIANT

Category : 自転車
今日は久しぶりに
自分の愛車GIANTのMINIを外に出してみた
やっぱチャリンコは良い

でも、ちょっとショップでみてもらうためだけだったので
乗ることは出来なかったが
GWはチャリ乗りしようと思った。

GWって良い。
春スキーとチャリの両方を楽しむことが出来る。
この季節の変わり目はスポーツやるのに最高
昨日は玉原で雪が降ったけど
この分だとGWもしっかり雪はある
昼間はゲレンデで滑って
夕方はチャリなんて楽しみ方だってある

とにかく無性にチャリに乗りたくなった一日であった

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

タンバラはまだ冬だった

Category : スキー色々
今日はレミのプチ講習会でいつものごとくたんばらに行った。
朝8:30の気温はなんと-1℃!!
たしか天気予報では今日は全国的に暖かいとのことだったのに・・・

そしてゲレンデに出る
いやああ、しっかりとゆきがしまっていていい感じ。
コブもハードにパックされて滑りやすい
けっこういい感じで午前中の講習を終え
レストランでランチ
今日は牛カルビ丼をいただく
そしてゲレンデに出ようと思った頃
な、な、なんとゲレンデは真冬に逆戻りの大雪!
横なぐりの吹雪状態
一度車に戻り完全装備で再挑戦
結局4:00過ぎまで 雪の中 しっかりとコブ行脚に励んだのであった

いやああ、すっごい楽しかったぁ!

まだまだタンバラは行きありますよ。
みなさん、GWのコブトレにたんばらはいかがでしょうか?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

高速道路

Category : 未分類
昨日はガソリンの話について書いた。
今日は、我々スキーヤーにとって もう一つの神器「高速道路」についてだ

ここ2、3日のところ前原さんと小沢さんの話で盛り上がっているように
高速道路の料金見直しに関してもめている
民主党はマニフェストで高速道路の完全無料化を唱えている
にもかかわらず今回の料金改定は上限¥2000にすると発表
我々のような短距離高速道路使用者にとっては
明らかに値上げになってしまう感が強い
これに対して今回 小沢さんが突然物を申したことになる

小沢さん選挙対策見え見えの動きは歓迎できる物ではないが
われわれスキーヤーにとって高速道路の値上げはほとほと困る
でもどこからその予算を捻出するのか?
を考えると手放しで無料化を喜ぶことも出来なくなる

もしも高速道路の完全無料化が始まったら
おそらく週末・連休中の高速道路は大渋滞になり
またあちこちで事故も起こり
結果的に高速道路が高速でなくなってしまう

単純にこうしろという案は提案できないが
私個人としては
現行の仕組みで十分なように思う。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

        

じわり・・・

Category : 未分類
ここのところガソリン価格がじわりじわりと上がってきている。
このガソリン価格はおよそ株価に依存する傾向にある
株価が低迷するとガソリン価格も下がる。
ここのところ、DOWも日経もすべて株価は上昇傾向

一時的にガソリン価格が下がることはあっても
基本的には右肩あがりで上昇する
世の中デフレ傾向なのにガソリンだけは上がっていく。
不思議だ・・。

http://chartpark.com/wti.html

やっぱ我々スキーヤーにとって
ガソリン代の高騰は厳しい
まして今もめている高速料金も
実質的に値上がりなんてことになると
これまたスキー行が辛くなる。

世の中
エコカーやハイブリッド、電気自動車と
どんどんガソリンを使わなくなるはずなのに
いつになったらガソリン価格は下がっていくのだろうか。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

        

中国人に警鐘を

Category : 海外探訪
中国・上海万博のPRソングが
シンガー・ソングライター岡本真夜のヒット曲の盗作とされる疑惑。
これについては万博事務局の依頼で同曲の使用を認めた岡本真夜が
中国のインターネット上で「素晴らしい」と評価されている。

これはこれで良しなのだが
全く持って恐るべし中国人だ
世界的なイベントにあたるこの万博においても
まだコピー文化を
しかも堂々と貫こうとする
あきれた根性だ

でも今までの中国と異なるところ
それは今回の盗作は
ネット上の書き込みが火種になり
ネット上で盗作した作者に対して批判が高まったこと

徐々にではあるが
中国人の意識も変わってきたように思う。

日本が高度経済成長を遂げた頃
東京オリンピック、そして大阪万博と世界的なイベントを開催し
世界にその成長の勢いを示した
そして中国も
まさにそれと同じような道をたどっている

中国の場合、その変化の激しさにまだ国民全体がついて行けていない感もあるが
同じような発展を遂げた日本人が、中国人に教えてあげられることはたくさんある
北京や上海の公害問題。
これもかつて日本が光化学スモッグや水質汚染などを垂れ流した
まさにそれと同じこと

誰でも良い
勇み足で進化を遂げる中国人に
警鐘をならすべきだ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

W杯のリスク

Category : 未分類
ワールドカップまで残すところ2ヶ月程度に迫ってきたが
開催国の南アフリカは、世界的にAIDS感染者の多い国らしい
そこに世界中から多くの人々が訪れ
ある種、非常に無防備な形で売春が横行して
世界中にHIVが広がる可能性があると指摘されている

そこで南アフリカの一部のNGOは
W杯期間中のみ 売春を合法化し
国の管理下で(許可制)最大限AIDSの拡大を抑えようという提案をしているとのニュースを目にした

南アフリカ自身、決して裕福な国ではない
そういった国の場合
売春はもとより、麻薬、末は強盗、殺人などの凶悪犯罪が多発する治安の悪さが象徴される

もしも私が南アフリカに行った場合
こういった事前情報があるだけで、十分に自分の身を守ることが出来るのだが・・・
と自分は思う。
自分自身の身は自分で守る
イコールやばいところには近づかないし
日本で違法とされていることは最低限行わない
その程度のことは出来ると思うのだが・・・。

いやはや人間とは悲しいというか
愚かな生き物だとつくづく思わされてしまうニュースの記事だった

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

        

プライズテスト(2)

Category : スキー色々
昨日のプライズテストについて、もう少し深く考えてみた
クラウン受検者20名、テクニカル受検者40名
結果、合格者はゼロ
これどういうことか?

まずクラウン受験者の中には
え? って選手もいた
本当にテクニカル?って感じの滑り

逆にテクニカルの受験者の中に
クラウンを受けていても遜色のない選手もいる

こういった状況の中
クラウン合格者がゼロなのはまだ理解できるが
テクニカルがゼロというのは納得がいかない部分もある
なぜならテクニカル受験者の上位の方が
クラウン受検者の下位の選手よりも、
客観的に見て上手いからだ

検定をする側は
SAJ公認のA級検定員
いわば全国区の検定員なのだから
客観的に見て
クラウン受検者を全否定するような
テクニカルの基準を設けるのはどうかと思う
受検者が40名いて
合格者がゼロのテクニカルは、私は過去に見たことがない

今回の検定は、群馬県最後のプライズテストということで
県内の各スキー場から
元ナショナルデモ、あるいは現役の選手などが検定員としてぞろぞろ集まり
群馬県の検定員のオールスターズで検定を行った感がある

そうなると感情的に
群馬のレベルの高さを受検者に示したくなるのはわかるのだが
本来我々が見せて欲しい検定員のレベルの高さとは
納得の行く、かつばらつきのない、かつ公正な
検定であることを理解してほしいものだ。

この検定員の最高峰が全日本スキー技術選のジャッジ。
一時期、GISENを国際大会にして行こうとするSAJの意志があったようだが
見事に失敗した。
その一因には、誠に残念ではあるが
今回の検定のようなジャッジのレベルの低さがあるように私は思えてならない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

プライズテスト

Category : スキー色々
今日は玉原スキー場に行った。
今シーズン最後のプライズテストがあるという情報があったので
お上りさんよろしく、見学に行ってきた。
テクニカルプライズ受検者 約40名
クラウンプライズ受検者 約20名
 斜面的には、整地斜面は全て中斜面を使用
そのため、おそらく受検者には
あまり斜度に対する恐怖心などを与えることは無かったと思われる
ただ一般的にこういった場合
より細かな技術を見られ
急斜面を与えられた場合よりも、ある意味難易度が上がることが多い。

不整地斜面は難易度の高い斜面だった。
特に深くえぐられた溝コブが成長したストロークの大きなコブは
滑りきることがそれなりに難しい感じで
受検者をナーバスにさせたと思う。

検定の滑りを見ていると
やはりプライズテストだけあって
みんな堂々たるもので
テクニカルではまだまだ1級っぽい受検者も見受けはしたが
クラウンともなるとみんな遜色なくうまさを感じさせてくれた。

そして結果発表
講師の話の後で、集計表が張り出された。
な、な、なんと
テククラ合わせて 合格者はゼロ・・。

昨年度、玉原で行われた2回の検定で
クラウンプライズの合格者は1名だけという話も聞いていたため
もしかしたらクラウンはそうかも・・・?
と思ってもいたが
テクニカルはあまりにも厳しすぎる感があった。

そして今回のクラウンは
私なりに見て、この選手は絶対にいけると思った人でさえ
落ちている。
正直言って、全日本に行けるレベルしか合格しないのでは?
と思うほどだった。

JESCのメンバーから
「●●でテククラの検定をやっていましたよ。
 滑っている人は、JESCの上手い人と比べても
 そんなに差がなかったです。」
と聞くことがある。
そりゃ、受けているメンバーはそうなのかもしれない。
でも合格した人がどんな滑りなのか?
は誰も知らない世界なのだ・・・。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

長いシーズン

Category : 未分類
今日の寒さは異常だった。
どうやら各スキー場でもたくさん雪が積もったようで
明日、スキーに行かれる人は
このシーズンには遭遇できない雪の感触を楽しめそうだ

2,3年ほど前
GWに月山へ行ったときにも同じようなパウダーに会うことができた
ここ何シーズンかの特徴をまとめると
2月頃に一度気温が上がり
そして春の寒の戻りが激しくなるようだ

我々はこれを異常気象と名付けているが
ここまで異常な気象が続くと
それが異常ではなくなってきてしまう

いつぞやのブログでも書いたが
我々の言う異常気象は
地球からしたら 自然なアクションなのかもしれない

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

また頑張ろう

Category : 未分類
今日、久しぶりに体重計に乗った。
やば、2kgも増えていた。
ここのところ、トレーニングをサボっていたのと
接待やレミゼラブルなどで飲んだ、食ったの日々が続いたことが
大きな原因だろう

ま、美味い物は食べたい
だからしっかりと体を動かすことを
続けることにしよう

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

洗練された名古屋

Category : 国内探訪
今日は名古屋で一日お仕事。

自分も12、3年前まで名古屋に比較的近い桑名に住んでいて
しょっちゅう名古屋には顔を出していた
でも、ここのところの名古屋の成長は著しい
街がなんとなく ハイソになってきている。
今日新幹線に乗る前、少しだけ時間があったので
名古屋の街を散歩してみて気がついた
名古屋駅前に燦然と立ちならぶ
高層ビル
どことなく垢抜けて見える
地下街等々

昔は仙台、水戸、名古屋と言えば
日本三大ブスの街と言われていたことを思い出すが
今の名古屋はそうではないようだった。
(美人ばかりがいるというわけではないが・・・)
おそらくは街並が洗練されると
そこにいる人々も
街に合わせて洗練されるのだろうと思う

仙台もそういう意味では
ソフィスティケイトされて
女性もきれいになった。

水戸はわからん。
誰か情報があったらくださいな。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

名古屋にて

Category : 国内探訪
今名古屋にいる
出張だ
ここのところ、けっこう名古屋には足を運んでいる
だからそれなりに名古屋のグルメを堪能している
今日は手羽先を食べた。
名古屋では結構有名な店「世界の山ちゃん」の手羽先だ
他の手羽先に比べると肉厚な感じがある
また塩こしょうの味付けが抜群に良い
気がつくと、何本も食べてしまっている。
もしも名古屋に来ることがあれば
是非「世界の山ちゃん」で手羽先を食べてみてくださいな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

車の話

Category : 未分類
最近、仕事の関係で今後の自動車業界の動向に目が行ってしまう
その中でやはり気になるのがエコカーの話
とは言っても、燃費の良いエンジン車ではなく
少なくてもハイブリッド、理想は電気自動車
いずれにしても 当面はこの二つのカテゴリーが世界の自動車業界をリードすると思われる

最近、世界的に話題になったトヨタであるが
たとえどんなに不評を買ったとしても
そこに流れる技術や品質の水準は他を圧倒的に凌駕している
従って当面はプリウスを中心にハイブリッドカーの市場は変化していくであろう

ここで気になるのが電気自動車だ
意外にも国内で真っ先に電気自動車を民間に投入するのは
三菱自動車だ
軽タイプの電気自動車を来年に民間市場に投入する
(すでに公共機関には投入済み)
実はこの電気自動車の市場投入は
トヨタや日産のような純粋な自動車メーカにとって
あまり良い話ではないとも考えられる

今はハイブリッド全盛でトヨタやホンダの技術力は世界を席巻している
そこにはエンジンとモータの融合技術が存在しており
充電、放電とエンジン(ガソリンの燃焼)とモータの切り替えなど
様々な技術があり、
自動車メーカならではのノウハウで構成されていると言っても過言ではない

ところがどうだろう
これからもしも電気自動車が市場のメジャーカテゴリになってくると
最低構成部品は
バッテリーとエンジン、ステアリング(操舵部品)のみ
しかも車の性能を示すのは
燃費(走行距離)→バッテリの効率と車両の軽量化
パワー→モーターの駆動特性
になる。

これ、実は得意なのは電気メーカだ。
すなわち電気自動車の業界マップには、トヨタや日産などに混じり
パナソニックやシャープなどの名前が参入してくることは必須。
とりわけモーター技術の高い三菱や日立などはあなどれない。
パナソニックが最近、三洋を買収したのには
三洋の持つバッテリ技術が欲しかったから。
それは家電向けではなく
電気自動車用にだ。

と言っても電気自動車の充電のインフラ等を考えると
あと10年くらいはハイブリッドが主体で自動車業界は構成されるであろうが
国策などがきっかけになり
電気自動車の充電ステーションなどのインフラがそろい始めたあとの
その先の自動車業界、何となく面白くなりそうだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

き、き、筋肉がぁ・・・

Category : スキー色々
土曜日、ピーカンの空の下
われらレミゼラブルは
白馬五竜スキー場で、思い切り滑ってきたでごわす。
今回のテーマは徹底的にコブ

白樺で滑っていると絶対に遭遇できない
いわゆる溝コブのバンクコブ
これがまた五竜のは大きい。
しかも時間を追うに従って、どんどんと成長してくる。
で、参加メンバーと約束
コブを20本滑るまでは帰らない。
そんなわけで、朝から夕方まで
まさにコブ漬けの一日だった。
滑ったコブの本数は
なんと24本!!

参加したメンバーは多少なりとも、バンクの滑り方を理解してくれた
と、信じているのだが・・・。
コブが深くなり、ピッチが狭くなり、
モーグラー達が入ったことで
じょじょに縦コブに変わる
その中で、必死こいてバンクを使うことをしていると
かなりの筋肉を使うらしい

アルプス平から下山してくる急斜面
そこにも無数のコブが待っていたのだが
そこに突入した時、初めて
「あ、もう俺の筋力エネルギはゼロになっている」
と気がついた。
でも時すでに遅し
後は精神力だけでで急斜面を滑るしかなかった・・・。
でも、とりあえず約1名のインド人のけが人を出す程度で
全員下山完了。

そして翌日の今朝
私のケツの筋肉が張って張って仕方がない。
椅子に座るのも辛いくらいだった。
日頃、それなりに体を鍛えているつもりだが
春のスキーだけはあなどってはいけないようだ。

残りのシーズンもまだまだ頑張りたい!

インド人のマムーさん
肩の調子はどうですか?

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

        

久々の

Category : 未分類
明日はレミゼラブルの春合宿。
白馬でガンガン滑りまくる予定。
体調整えるために今日は寝ることにする。
おやすみなさい!

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

0勝3敗という本

Category : 未分類
昨日、サッカー日本代表がセルビアに3-0で負けた
完敗だった
FIFAのランクでいうと40位代の日本と15位のセルビアの試合なので
当然といえば当然の結果だが・・・。
でも
1)日本はW杯でベスト4を狙うと宣言している
2)昨日のセルビアの選手はサブメンバーがメインで、監督も正式な監督ではなく監督補佐
という条件を考えると「?」どころか、
ブーイングが出ても仕方がない結果と言えよう。

で、先日本屋に行ったら
「0勝3敗」という非公式のW杯サッカーの本が出ていた。
内容はというと単純に今の日本ではW杯で一生もあげることができずに
3敗するということを、色んな角度から理屈をつけて解説した本だった。
で、その戦犯は岡田監督。
本の中では岡田監督の批判がさんざん書かれている。
過去にこれほどまでに夢のない本があっただろうかと思うくらいだ。

私自身、あまり岡田監督のサッカーは好きではない。
やはりオシム監督が好きだ。
それでもW杯を前にして
このネガティブな本を出すメディアの意図がよくわからない。
当然、こんな話は岡田監督の耳にも入っていることだろう
だとすればマスコミは
監督の奮起に期待したのだろうか?
それともJFAに監督交代を示唆しようとしているのだろうか?

試合を見ていると監督の采配よりも
選手達の覇気が伝わって来ない
オシム監督は
選手の選考にあまり迷いを持たず、一度決めたら少々結果が出なくても
使い切る
一方岡田監督は未だに核になる選手に的を絞らずにいる状況
この両監督の選手選考方法による違いは選手達のモチベーションに大きく影響を与える
オシムのように、信じた選手を使い続ける姿勢は
選手が監督に対して恩恵を感じるなどのマイナーなメリットはあるものの
何よりも選手達はW杯で勝つことを最大の目標にしてサッカーをすることができる
岡田監督の場合、選手達の目標は日本代表に選ばれてW杯に行くこと
となってしまう。
だからピッチに立つことが最大の目的になり
そこにあるW杯で勝つという真の目的はそがれてしまうように思う。

W杯は6月だ
今更監督交代なんてできない今。
選手達の視線がW杯のベスト4に向けていく何かを監督やJFAが考えなければならない。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

橋本知事の件から

Category : 未分類
大阪府の橋下徹知事、去年の衆院選前に民主の公約につけた点数を覚えているだろうか?
たしか84点。他に自民などもあったのだが、他の党と比較しても最高得点をつけた。
そんな橋下知事が今「高くつけすぎた」と後悔しているらしい

あの当時、民主の勢いはすごかった
リーマンショックでゆらぐ日本の経済、社会において
子ども手当、高校生授業料免除、無駄な公共設備の建設見直し
等々 国民の財布が潤いそうな話をばらまいたのだから
素人の国民はまんまとはまってしまった。
で、素人だけだと思ったら
橋本知事のようなプロでさえ、見抜けなかったのだから
民主の詐欺は完璧であったとしか言えないであろう

この詐欺、これから3年も続くのかと思うとうんざりするが
幸いなことに世界経済は今のところ回復基調にある
最近の東証平均株価を見てもそれはわかる
この景気の回復によって 民主の功罪が隠れてしまうことの方を私は恐れる
大切なことは
無駄なお金を節約すれば9兆円の費用が捻出できると言っていた鳩山政権が
開けてみたらなんと44兆円の赤字を作ってしまったという事実だ
この赤字、最終的に数十年後の我々の生活に跳ね返ってくる。
だからこそ、まともな政治ができる政治家を選ぶ必要があるのだ。

日本は安泰だと未だに思っている人
それは大きな間違い。
今の日本の経済指標、参考までにEUに登録する基準にはほど遠いということを
知っておいてほしい。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

        

やっぱりね

Category : 未分類
昨日、与謝野さんの新党について書いた。
そして今朝のテレビでのこと
やはり、このアクションを多くの政治評論家は「何で?」

桝添さん、河野さんは自民党に残ってしっかり物を申す立場を貫くようだ
一方、与謝野さん 今まで党の執行部に対する物申しもなく
自分の中で全てクローズして離党する。
ある意味、女々しい。
やるだけやって、
言うだけ言って
それでも、どうしてもだめなら
自分の身の振り方を考える
これ、普通のことなんですが・・・。

そんな普通の情熱や行動力のない頭でっかちの政治家はうんざり
まずは新党「爺さん」の終末を見届けることにしましょ。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

        

政治のお話

Category : 未分類
自民党の与謝野さんと平沼さんが新党を結成しようとしている
これは私の主観ではあるが
いったい何のため? と言った感じであろう
与謝野さん=保守派
平沼さん=タカ派
 小泉内閣の際に、郵政民営化に向けてサポートしたのが与謝野さん
 郵政問題に反対して離党したのが平沼さん
政局は常に変動するとは言っても、この二人が政治に対するポリシーを合わせることは簡単なことではない。

今国民はデフレの中で、あえぎ苦しんでいる。
ところが政局は「次の参院選に向けて・・・・」と各テレビ局の報道番組が取り上げるように、つねに自分たちの次の職を安定させることに躍起になっている感が強い。
 そんな中での今回の与謝野、平沼の新党の話。
何考えてんだ?

今の内閣支持率が示すように
国民の多くは民主党に多かれ少なかれ不満を持っているようだ
そしてその多くは次回の参院選で民主党には入れたくないと思っていることだろう
また「これなら自民党の方がまし」と思っている流動層がいる
ところが、野党第一党である自民党が崩壊してしまうと
過半数は取れないにしても
参院選でも民主は最大勢力の政党になってしまう可能性が高まってくる
よって今回の新党結成は民主党にとっては歓迎といったところだろう

ここで今回の新党結成を追い風にして欲しいのは自民党の若手だ
民主党も小沢さんのような独裁的なベテランが幅をきかせて
なんとなく国民もそのうざさにあきれているこの時
自民党の総裁を含む幹部が軒並み30~40代の若手議員に代わったとしたら
きっと国民に取って非常に斬新な動きにみえるであろう
与謝野さんが出て、鳩山さんが出て と年寄りが離党することは
自民党に取ってプラスになっても良いできごとだ。

決して自民党を応援するのではないが
今の停滞した日本の政治を前に進めることができるのは
若手を中心にした新しい政治なのだと思う。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

        

切実な思い

Category : 未分類
先日の広島-巨人戦の直前に
巨人軍の木村コーチが突然倒れたことはまだまだ記憶に新しい
原因はくも膜下出血
その後の容体も決して芳しくないという情報がネットで流れている
彼はまだ37歳
私が知る限り「くも膜下出血」は比較的高齢な方の中年に発症するもの
ところが今回の件は、その私の常識を覆すものであった
まして彼はそれなりに体を鍛えていた元プロ野球の選手だ
なのに、なぜ・・・
自分も健康維持のために
日頃から体を鍛えているつもりだ
でもこんな話を聞くと
この鍛錬は、死に神のいたずら?にかかれば何の役にもたたないと思えてしまう

私の以前の会社の同僚が2年ほど前に心不全で亡くなった
これも信じられない若さだ

健康維持のための運動、食生活の管理など
人は少しでも長生きするために
できる限りのことをしようとする。
それらは全て統計的なものであって、死に神のいたずらの前には無力なものなのだろう

だとしたら
いつ死に神のいたずらが来ても良いように
今のこの一瞬を大切に過ごすことが
この世に生を受けた我々人間の生きるすべなのではないだろうか?


テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

ひとりごと

Category : スポーツ
2週間ぶりに走った。
筋肉痛になった。
情けない・・・。
地道に鍛錬しなければと思い知った一日であった。

ところで今日、JESCメンバーは志賀で合宿中だ
さぞかし天気が良かったんだろうなぁ。
私も滑りたい。。。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

2012

Category : 未分類
先日の飛行機の中で
2012を見た
基本的には、過去にも何本もある 地球絶滅ものだったのだが
意外に納得できるものがあった
2012年に太陽系の惑星が直線上にならぶ
その時に、太陽から・・・
というもの
私もエンジニアなので、それなりに物理は理解しているつもりだが
その破滅に至る仮定がなかなかのものだったりする

過去の破滅ものは、こと最近は環境を中心に訴えるものが多い
でも今回のものは違う

これとリンクして
先日の英国で行った自然史博物館
そこには恐竜の化石がぎっしりと並んでいた。
でも、今この地球上に恐竜は存在しない
死滅したのだ。
その理由は巨大な隕石の落下によるものであることが有力な説と最近わかってきた

それでも地球は知らんぷりして回っている
そう考えると地球の上に住んでいる人間が
どうあがこうと、この宇宙の中の摂理には勝てないということなのだろう。

明日、地球が爆発するとわかったら
みんなは何をするだろうか・・・。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

        

突然のことですが・・・

Category : 事件・事故
突然のことですが
今日とてつもないことが起こった

次男坊の友達にM君というのがいて
これが私のうちのマンションの裏に住んでいる
そこの家は常々ベンツやポルシェなどがおいてあり
そっちの業界の人が住んでいるのかな?と私は思っていた。
ところがその家の息子がM君で
何を隠そう次男坊のマブダチだったのだが。
そして次男坊にM君のお父さんの職業を聞いたら
業界人であるとのことで
特に布袋とか氷室とかとは大の仲良しだと話していたらしい
「ま、業界人であるのは確かでも そうやって見栄を張っている下っ端なんだろうな」
と、私自身思っていたし、次男坊にもそう話していた
彼はそれをいつも憤慨していたのだが・・。

そして今日家に帰ったらとんでもない事件が私を待っていた。
家に帰るとそこには誰もいなかった。
私はそれを気にとめることもなく部屋に入り着替えをしていた
と、そこへ電話のベル。
電話の相手は次男坊だった
「今、M君の家に来ているんだけどお土産をもらったけど重いから一緒に取りに来て」
ま、お土産までもたっらのだからお礼を言わなければという思いもあり
快く承諾して迎えに行った

M君の家のベルを鳴らす
そしてとびらが開いた
ええええええええええ!
そこには、な、な、な、なんと
間違いなく小泉今日子が立っていた。
「こんばんわでーーす!」
「え、こ、こんばんは・・・」
言葉をなくす
体が固まる。
う●こがでそうな気持ち
で、Kyon2越しに部屋の奥へ目をやると
次男坊とM君、そして彼のお父さんらしき人が
こっちを見て笑っている。
お父さんに誘われて部屋にあがる。
KYON2を交えてしばし歓談タイム
「ほらね、M君のお父さんって業界の人でしょ」と次男坊
「・・・・」私
kyon2が
「お父さんってスキーがとっても上手なんですって」
「え、ま、まあ」
「じゃ、今度一緒にスキーに行きましょか」

そんなわけで、M君の家族とKYON2含めてGWに志賀高原に一緒にスキーに行くことになりそうだ。
日程が決まったらJESCメンバーには連絡したい
期待していて欲しい。
まじでKYON2はきれいだったし
何よりも話が楽しい。


今日は4月1日だった。ごめんなさい は、は、は・・・

テーマ : 幸せな時間
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。