スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

Category : 未分類
いかんいかん
体調崩してしまった。
今日の午前中まで熱出して寝込んでいた。
幸いにもインフルエンザではなかったのだが
おそらく海外出張の疲れが今になって出てきたのだろうと思う。
で、明日はJESCの合宿に行くつもり
今日は早めに寝て
明日に備えることにしよう
スポンサーサイト
        

今週末

Category : 未分類
もしかしたら今週末、合宿フル参加できるかも?
と、ちょびっとうれしい気分になったところで
天気があまりよくないみたいね~。
いずれにしても金曜日にならないとまだわからないけど、
出来るだけ合宿には顔を出したい。

あ、そうそう最近ブログ読んでくれているのかね?
コメントも拍手も寂しい限りで・・・。
これがブログ続ける上での最大のエネルギーなんだけどんもね~。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

BOSE

Category : 事件・事故
BOSE ってブランドは誰でも知っているよ。
そう、アメリカのボストンにある超マイナーなスピーカーブランドだ。
実はこの間の渡米時にこんなエピソードがあった。
(これ、全部実話です!!!)

私が訪問したM社、いつも会うエンジニアがにこやかな顔をして私を出迎えてくれた
と、そこに別の若いエンジニアが現れた
そのエンジニアとは初対面だ。
ま、軽くビジネスカードの交換をしたところ、彼はM社にBOSEから転職してきたのだという。
そして技術の打ち合わせなどを行う。
結構話は盛り上がり、とても良いミーティングに終わった。
こういうミーティングの後は
得てして雑談、ジョークで盛り上がる(アメリカ人らしく)。
じつは私が海外出張する時に
いつも顧客先に商品紹介のため、ちょっとした電子回路を持参する。
この電子回路、電池を必要とする。
そんな回路基板を見て、彼らが
「そんな装置や電池を持って、飛行機のセキュリティは通れないだろ」
「そうなんだよ。実はこの間ヒューストン空港で、オフィサーに停められて
これは何か? って聞かれたんだよ。」 と、私。
「で、なんて答えたの?」
「これは私の仕事の道具で、これを使って新製品のデモンストレーションを行うんだって答えた」
「そしたら?」
「”本当か? じゃ、俺たちにもそのデモをしてもらおう!” って言うから、そこで
簡単なデモをしてやったんだよ。」
一同、笑って
「で、オフィサーは何て言ってた?」
「Japanese Technology is Amazing! だって」
さらにみんな笑ってくれた。

すると、ニューフェイスのエンジニアが
「実は私も昔、日本に行った時におもしろいことがあったんだ」
「何?」 と、私
「君と同じように、私も日本の入国時にオフィサーに聞かれたんだ」
「何を?」
「お決まりの質問だよ。いつまで滞在するのか? 職業は?とかね。
で、職業は?って聞かれたんで BOSEの社員だって答えたんだ。
そしたら、オフィサーが
”で、どこの寺に行くの?”だって」
全員爆笑だった。

仮に彼がネタを言っているとしても、
アメリカ人ってとてもフランクな連中だということがわかってもらえたでしょ。 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

        

歳食ったなああああ

Category : 海外探訪
昨日の帰りの飛行機の中で映画を見た。
いろんな映画があった。
結構飛行機の中の映画って上映前のものもある。
以前、11月にヘルシンキに行った時にはウォーリーを見たし
今回はマンマミーア(上映前)を見た。
で、他にイキガミという映画も見た。
この映画は、近未来の映画で
ある日突然に死亡宣告書という書類が届き、その人はその指定された時刻に死ぬ
というもの。
これは国の法律で決められていて、
小学校入学時に各自、予防接種をうたれる
この注射の中に、超小型の時限爆弾が入っていて
上記の死亡時刻まで心臓内部に常駐
そして予定時刻に爆発して、その人間は死ぬ。
確立は1000人の一人で、誰に爆弾が注射されかたは口外されない。
これにより人間が生きることの大事さを知り、
強いては国家の繁栄につながるというものだ。
この映画、こうして書くとSFライクなものに聞こえるが
映画の中では死亡宣告書が届いた人間の様々な生き方が表現されている

で、その中である兄弟の生き方が表現されていたのだが
ものすごく切ない内容だった。
見ていて恥ずかしげもなくポロポロと泣いてしまった
キャビンアテンダントが横を通るたび、あくびをするふりなどしてはみたが・・・

涙腺が弱くなっている。
やっぱ歳をとったのだろう。

テーマ : ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
ジャンル : 日記

        

レポート

Category : 海外探訪
昨日の夕方無事に成田に着いた。
途中少し揺れたが、それなりに快適なフライト。

今日はファーストクラスについて簡単にレポートしよう。

まずJALのファーストクラスには、私が知る限り3種類ほどあることをお断りしておく。
今回のファーストクラスはその中でももっとも広いシート
ま、ちょっとした個室になっている
液晶テレビは当然パーソナルユースになっていて17インチ
好きな時に自分の好きな映画やドラマを見ることができる
写真ではわかりづらいかもしれないが、ヘッドフォンはボーズのノイズキャンセラ-付きが常備
写真に写っているテレビの下の台がテーブルになり
これが手前に移動する。

ファーストクラス

そして料理
最初にワインとかんたんなつまみがでてくる
簡単とはいえ、これらにもそれなりの食材(数の子、ウニなど)が使われている
ワインはワインリストからチョイス可能だ

WINE.jpg


次にアペタイザーが登場
一番右がフォアグラ、真ん中がエビ、左がマグロのカルパッチョ

DIN3.jpg


次にシーフードが出る。じつはこのあたりから、いろんなメニューを選べる。
私はこのカニ爪とシーフードのほにゃららっていうのが気に入ったのでそれをオーダー
んんんん、上手い!

DIN.jpg


メインに私はフィレステーキをオーダー
これは、飛行機一般に言えることだが
機内食のステーキは思ったよりも柔らかくない
(他の航空会社も同じ)

DIN2.jpg

この後デザート
という具合に、やはり食事が良い
まだ独身の方がいれば、
ハネムーンの時には
是非ファーストクラスを!
とは言わない。
なぜならごらんの通り、半個室になっていて いちゃいちゃできないから・・・。

最後に
ファーストクラスに乗って、機内の写真をぱちぱち撮っているやつはいない。
それが一番恥ずかしかったし、身分不相応の証拠だ。は、は、は・・・

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

        

暇つぶしinサンフランシスコ空港

Category : 海外探訪
今朝はなぜか早く目が覚めてしまったので
ホテルの近くにあるスタバに足を運び
モーニングカフェを飲んできた。

スタバ


基本的には日本と同じメニューがあるが、
つい3、4年前までアメリカのスタバになかったものがある。
それはいわゆるアイスコーヒー(スタバ風に言うとフラペチーノ)だ。
あのメニューはどうも日本は発信地らしく
今では世界中のスタバで
フラペチーノを飲めるようになった。
なんだか日本人として誇らしい・・・。


そして今サンフランシスコ国際空港のラウンジにいる。
これでサンフランシスコでのチェックインは何度目になるだろうか・・・。

SFO.jpg


ラッキーなことにJALが帰りの便をファーストクラスにしてくれた
二日酔い気味の自分にとってラッキーな話だ。助かる。
ファーストクラスに乗るのは決してこれが初ではないが、
やはりいつでも見分不相応な感じがして落ちつかない。
今もファーストクラスラウンジにいるのだが、やはり落ちつかない。
周りの人は私よりも一回りくらい年上の人ばかり
何となく圧倒されてしまう・・・。
でも、JALがアップグレードしてくれるというのだから それはそれでOKとして乗ることにした。

ファーストクラスの良いところ、それはやはり料理かな? と思う。
ビジネスクラスでも十分な食事だと思うのだが、
ファーストクラスはまた格別だ。
いわゆるフォアグラや松茸などの高級食材がふんだんに使われている。
特にJALは食事面では、非常に満足度の高い航空会社だと思う。
海外に行く時に、いろんな航空会社を使ってきたが
おそらく食事という意味では、私の知る範囲では世界一だとも思う。
(外国人がどう思うかは別だが・・)
そんなわけで、今回は帰りに少しだけ高級なワインを飲むことにしよう。

ちょっと気になるのが、天気の方だ
ご存じの通り、サンフランシスコは霧のサンフランと言われるくらいに
霧が出やすい。
特に今の時期は雨期で、今朝も朝から小雨模様の天気だ。
先ほどラウンジのお姉さんが切れくれて
フライトが多少遅れるとの話であった。
ま、いずれにしても日本に帰れるのだから
大した問題ではないか・・・。
と、ラウンジで暇つぶししながらブログを打つ自分であった。
でもアメリカのワイヤレスネットワークの環境
ほんとに便利だ。


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

        

帰国前夜

Category : 未分類
明日帰国である。
今日はそんなわけでローカルの連中と飲んできた。
今サンフランのホテルにいる。
深夜0:30を少し回ったところだ。
ま、多少二日酔いになるかもしれないが
明日飛行機で があああああ 寝ていけば大丈夫だ。
さ、ベッドが俺を呼んでいる
ということで今日はここまで

長く辛いアメリカの旅もこれで終わる・・・。

テーマ : 書くほどの内容はないけれど・・・ね?
ジャンル : 日記

        

サンノゼ到着!

Category : 海外探訪
やっと、やっと、サンノゼに着いた。
超疲れた~。

いつものカリフォルニアなら快晴!って感じだけど
今日のサンノゼは曇天模様。
それでもシカゴやトロントよりは全然暖かい。

とりあえず今日はサンノゼの日本人外で夕食にカツ丼を食べた。
相も変わらず、その量の多さにはあきれてしまう。
アメリカに来ると、ご飯を残すことの合理性を理解してしまう。
こんなの毎日食べてたらいつか死ぬ・・・。

さて、今日はアメリカのホテルの一室についてレポートしよう。
写真がそれだ、この部屋でおよそ一泊110$。
キングサイズのベッドに、ちょっとしたファニチャーがそろう。
特別広いわけでもなく、特別狭いわけでもない
アメリカでは割と普通のサイズの部屋だ。
だから日本に帰って国内の宿泊があると
その部屋の狭さにため息をもらしてしまう。
きっと日本を訪れた多くのアメリカ人はそう感じていることだろう

ROOM.jpg


明日、最後のお仕事だ
土曜日の便で帰国、日曜日の夜に日本に到着
そして翌日からまた仕事。
やっぱ海外出張はハードだ・・・。

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

        

超長い一日の途中

Category : スキー色々
さあて、超長い一日が始まった。
今、テキサスのダラスフォートワース空港のラウンジにいる。
ほんと、アメリカはワイヤレスLANの普及が進んでいるため、
どこでも気軽にネットにアクセスできる。便利だ。これは、

今朝は朝3:00に起きた。
っていうか、もうここまで来ると3:00だろうが8:00だろうがどうでも良い
ようするに暗くなれば寝れば良く
明るい時は起きていれば良いのだ

そして4:30にジョーと一緒にホテルを出発し
空港へ向かった。
ジョーはボストンへ、私はダラスへ
それぞれ飛行機会社が違うため別々のターミナルに行くことになる
そこでジョーとお別れした。
それからカナダの出国手続きと米国の入国手続き
トロントではトロント空港の中に米国の入国監査があり、その場所でイミグレーションできる
たしか以前行ったバンクーバーもそうだったように記憶している。
無事に出入国の手続きを終え、ラウンジで一息。
1時間ほどゆっくりした後
19Bのゲートへ向かい、ダラスへフライトだ。

B19.jpg


6:50のAA603便。
既に7:00になろうかと言うのに、まだ辺りは真っ暗だ。
曇天の中を飛行機は離陸した。
やがて雲海を抜けた頃、東の空が明るくなってきた。
これまたラッキーなことに
雲海に上る朝日を拝むことができた。
実に美しい。左翼のちょっと上の方に、微妙に月も見え
何とも幻想的な雰囲気をプレゼントしてくれた。 

SUNRISE.jpg


アメリカに来るともっぱらハードな日程を強いられるが、
空の旅が中心になるため
こういう恩恵にも感謝したい。
やがて3時間半のフライトを終え、飛行機はダラスに到着した。

そしてこれからまた飛行機に乗り
同じく約3時間半のフライトでサンノゼへと向かう。
おそらく今日の夜はくたくたになっているだろう。

ところで、みんなこのブログを見てくれているのだろうか?
これだけ盛りだくさんに書いても拍手はいつも一人だけ。
でも良い、私はこの一人のファンの為にこれからも頑張るのだ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

        

長い一日

Category : 海外探訪
今日はとても長い一日だった。
朝6:00にホテルを出発し、シカゴオヘア空港へタクシーを飛ばす。
とりあえずここでワンワールドの恩恵にあずかり、
JALのステータスが高いおかげで
アメリカン航空のチェックインもプライオリティーチェックイン
これまたそのままアメリカン航空のアドミラルクラブというラウンジを使って休憩
空港の窓から、シカゴのダウンタウンを映し出す朝焼けが見える
早起きは三文の得ということで写真をゲット
ORD.jpg

そしてフライト。
ラウンジからゲートまで歩く際
空港内のおみやげ屋さんでオバマグッズがたくさん売られているのを発見
おもわずそこでも写真をゲット

OBAMA.jpg


そして飛行機はカナダのトロントへ向かう。
飛行機が降りる時に上空から見えるトロントは真っ白だった
「寒そう・・・」
そしていよいよトロントに足を下ろした。

TRONTO.jpg

そこで現地スタッフのジョーと待ち合わせのはずが
彼が来ない。
さすがいい加減なアメリカ人
電話がかかってきた
「今どこにいる?」
「え、トロント空港。」
「それはわかっている。トロント空港のどこにいるの?」
「わかるわけない。でも周りには○○と○○と○○があって・・・」
「YOSHI 周りにいる人にターミナルナンバーとゲート№を聞いて」
「ちょっと待て。じゃ、とりあえず周りの人に電話をかわるから、お前が聞いて」
で、私は周りの人に事情を説明して電話をかわってもらった。
「場所、わかった?」
「Perfect! 5分ぐらいで着くから待ってて」
まったく先の思いやられるアテンドだ。

そしてどうにか彼と落ちあい、
一路車を北へと走らせる。WATERLOOという場所を目指す。
車で約1時間
WATERLOOで食事
ここも超寒い!

TRONT2.jpg

そして食後に顧客とミーティング
仕事から解放されたのが、20:00だった。

でも明日は6:50フライトでホテルを4:30に出発する。
これもまた長~い一日になりそうだ。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

幸せ者です

Category : 海外探訪
おそらく日本でも昨日のテレビはオバマ一色だったのではないだろうか
本国アメリカも昨夜のテレビはほとんどがオバマであった。
新聞もここ2、3日の一面は全てオバマ
それほどに今回の大統領就任は米国にとって歴史的なものなのだろうと思う
そういった歴史的な日に同じアメリカの地にいられる自分を幸せに思う。
先日のブログでも書いたように
アメリカにはまだまだ人種差別がはびこる
そういう中で今回のオバマの就任は
とんでもない出来事なのだ
きっとこれからアメリカも変わっていくだろう
元来親切な国民なのだ
彼等がここで人種差別の壁を克服できたら
アメリカは、いや世界がハッピーになっていくと思う。
日本人はオバマ就任に対してすぐに国益を根拠にして正否を問う。
だけどここアメリカで生きている人々は
そんなことよりも昔からずっとある悪しき文化を払拭してくれることを
願っているのだ。
もしかしたら2,3年後にファーストフードショップの店員に白人をみかけるようになるかもしれない
有色人種の自分として、そうなることをアメリカにいながら願う。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

        

アメリカ人の良さ

Category : 海外探訪
今日オフィスでコーヒーブレークをしようとした時のことだった。
テーブルの上に、「Take free」の文字。
見ると、なんとなく日本人が忘れかけている郷愁のお菓子がそこあった。
写真がそれだ。
こんなお菓子って最近日本では見かけないでしょ。

日本人の謝った認識の一つに
「アメリカ」=「犯罪大国」
という意識がある。
アメリカには白人、黒人、黄色人種と様々な人種が住んでいる。
残念なことに、この国に人種差別が無いとは言えない。
現に、マクドナルドやサブウェイ、吉野家などのファーストフードショップでは
白人は働いていない。
そこには主にメキシカン、スパニッシュ、黒人などが多くいる。
白人はどちらかというとオフィスワークできる場所で働いている(いわゆるホワイトカラーだ)
ここで白人とそれ以外の人種の間に所得の差が生じてしまう。
この所得の差が黒人などの犯罪を誘発し
場所によってはとても危険な犯罪エリアがあることは事実だ。

でも、そういった特殊ケースをのぞき
ほとんどのアメリカ人は親切な人が多く
自分達の文化を大事にしている。
その一つの現れがこのお菓子だ。
日本人の若者はなぜか黒人の文化を真似したがる。
たとえばズボンを下げて履くとか・・・。
アメリカでそのような格好をすると
ある意味、生活水準を問われてしまうことになる。
私に日本の若者の感覚はわからないが、日本人はもっと自分らしさを大事にすべきだと思う。
古きよき時代というのではないが、
温故知新
古くても良いものはある。またそれを大事にする心が日本に欠けている感がある。

郷愁の

テーマ : おすすめ
ジャンル : 日記

        

Category : 事件・事故
今もシカゴにいる。今日のシカゴも快晴だが、やはり寒い。
ま、簡単に言えば白樺国際にずっといる感じ。
そこで仕事をしている。
今日は別に写真を撮ることもなかったので、
昨日、成田に移動する時の新幹線の中であった話をすることにした。

高崎発7:46のMAXときに乗った。
私は海外出張の際、スーツケースが大きいので
グリーン車を使う。
今回も同じだった。
乗車してしばらくすると私の体に変化が起こった。
ん? お腹が変・・・
やば、これは俗にいう下痢ってやつか?
必死に我慢しようと考えてはみたが
いずれはどこかで排出しなければならない。
駅のトイレ? いやいや、あそこは落ち着かない。
空港のラウンジ? きれいではあるが そこまでは持ちそうにない
そこで、仕方なく新幹線のトイレを使うことを決心した。
トイレに向かうと残念なことに、大きい方をするトイレは誰かが入っている。
でも私のお腹は待ってくれそうにない。
もじもじしながら、冷や汗を流し、他の車両に移ろうとした時
身障者用のトイレが空いていることを発見
トイレの周りには誰もいないし、
身障者が使っているわけでもない
これは神(紙)の助け。
そう思うと、トイレに駆け込んだ。
ただ、やはり私の心の中には葛藤があり
排泄物との激闘の間も身障者用のトイレを使っている自分に対する憤りを感じていた。
そして激闘を終え、トイレを出ることにした。
身障者用のトイレは中から「開」「閉」のボタンにより扉が自動で動く。
「開」のボタンを押したその時、
扉は勢いよく、まるでコンサートの中、さっそうとアイドルが出てきそう雰囲気で開いた。
トイレの前には5~6人の人たちが立っていた。
トイレに入るわけではないのだろうが、
いわゆる座ることができなかった人たちがそこにいた。
扉が開いた瞬間、彼等の視線が一斉に私に注がれた。
走馬燈のように先ほどの私の葛藤が頭の中を渦巻く
「やばい・・・軽蔑視されているのでは・・・?」

次の瞬間、私は片足だけびっこを引きながらグリーン車へと去っていった・・・・。
        

1/19

Category : 海外探訪
1/19 AM8:00 シカゴ到着の巻
シカゴオヘアに到着。11時間のフライトだったが、意図的に前日のい夜更かしして寝不足の状態にしておいたので飛行機ではゆっくり眠れた。また飛行機があまり揺れなかったことや、比較的機内が空いていたことなどもラッキーであった。
 飛行機のアナウンスで現地の天候が伝えられる。天候は晴れ、気温マイナス12度・・・。
この写真がその天候だ。シカゴは豪雪地帯ではないが、こんな感じでちょびっと雪が降って、それでいて超寒い。空港を出た途端、外は風が強いので体感温度はなおさら低くなる。今日から2泊シカゴに滞在するが、明後日の朝、飛行機が無事に飛んでくれることだけを祈ることにしよう。
今日の午後、顧客とのミーティングがある。久しぶりのアメリカなのでヒアリングに不安がある。それなりに頑張るしかない。

シカゴオヘア空港に到着したら・・・。

オフィスの窓から・・・
        

行ってきます

Category : 海外探訪
今成田にいる。
ラウンジでメールやちょっとした業務の処理をおこなう。
11:30のボーディング。
まずはシカゴまで約11時間のフライト。
で、向こうに着くと1/19の朝8:30
ということは、必然的にそのままお仕事になる。
これが海外出張で一番辛い一日。
睡魔との戦いだ
海外に行く場合、東への移動は体調を崩しやすい。
できるだけ、行きの飛行機は寝ることに徹すること。これ基本。
帰国は1/25の夜。
あああああ、しばらくスキーができないことが
体力的なダメージよりも
精神的なダメージとして私をいじめる。
ま、これが仕事なのだから仕方がない
また海外からブログを書くことにしよう。
そいじゃ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

しばしの別れじゃ

Category : 未分類
明日からアメリカ、カナダだ。
おかげで今日は仕事だった。
本当なら合宿に行けたはずなのに・・・。
アメリカは広い。
今回のプランは・・・・
日本→シカゴ→トロント→ダラス→サンノゼ→日本
トロントとダラス
人間ヒートショック試験のようなもの
体調を崩さないように頑張るしかないが
時差ぼけに温度差ぼけ
これはどうみても体に良くない。
でもトロントでしっかりロブスターでも食べて精をつけることにしよう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

どっち派?

Category : 未分類
ゲレンデではリフトに乗るよね。
ま、それは当たり前として・・・。
その時に隣に乗った人がおもむろにポケットを探り何かを出してくるっしょ。
「食べます?」なんてね。
で、そこで出されるのものが「アメ」が良いか「ガム」が良いか?
っていうのが今日のテーマ。
んんんん、と悩むまでもなく私の場合はアメ。
ガムも良いけど、後で捨てるのが面倒。
この間なんか車で着替えてゲレンデに出る直前に
車にあったガムを一枚口に放り込んでしまったら
なんと昼休みまで延々約3時間ほど口の中にガムがあったことがある。
その時はすでに味なんて無かったけどね・・・。
それほど捨てるのが面倒。
だから私はアメ派なのです。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

        

なぜか知らんが・・

Category : 未分類
なぜか知らんが、冬に海外出張が多くなる。
来週もアメリカ、カナダへ出張だ。
今となっては日常的になってしまった海外出張だが、これがそれなりに緊張するのだ。
特に海外スタッフが同行しない出張はそれなりにハードだ。
今のところ、自分の意志を伝えることはどうにかなるのだが、ヒアリングはネイティブな話をされると理解度は50%位になってしまう。こんな状況ではまずい。そうわかっていても、ヒアリングだけは慣れが大事。誰か外国人の友達いないかね~。    
あ・・・JESCに一人いた。 でも中近東だった。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

        

エクストレイル

Category : 未分類
私はご存じ日産党である。
考えてみるとアベニールに始まり、ステージア、初代エクストレイル、現行エクストレイルと常に日産の車を購入している。みんなそれぞれ好きな車のメーカってあって、それに対するこだわりも持っていると思う。
 ところが先日エクストレイルが壊れた。4駆と2駆が切り替わらないのだ。ハンドルをフルに切るとデフがロックされてしまう。あああああ、今まで日産でこのようなことは無かった。しかも買ってまだ一年も経っていないのに・・・。今私の愛車は修理中だ。果たして今週末の合宿に間に合うだろうか?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

        

やっと来たかな?

Category : 未分類
やっと雪が来たかんじ。
今夜長野方面でも雪が降るという。この雪によって3月末のコンディションが決まる。
少しでも多く積もって欲しい。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

        

教わること 教えること

Category : 未分類
最近、JESCの常連メンバーを見ていて長かった自分のスキー半生を思い出す。
自分がどうやってうまくなったか? で、どうして後輩達がそれを抜くような実績を残せなかったか?

よく考えて見るとJESC創部時から私はずっと教える立場にあり、過去に一度もクラブ内で教わったことがない。JESC創部時に私は普通の1級保持者。それでも人に教えて来た。そして準指、指導員、県デモと実績を残して来たつもりだ。
 ところがその後、県デモはおろか技術選で決勝に残る選手が育ってこない。これはなぜか?と考えた時、私なりに一つの答えを抱くようになった。それは教えすぎ、教わりすぎだ。JESCの合宿で最大4時間の講習を受けることができる。ところが空いている時間も、また誰かに教わっている。
そして翌週スキー場に行くと、また誰かに教わる。 ここで私は以下の三つの疑問を抱くようになる。

=一体いつ練習しているの?=
 講習で教えてもらうことは、大抵講習中にできることなく課題として受講者にインプットされる。ではそれをいつ練習するのだろうか? 自分で考え、悩んで、その技術の克服に知恵を絞ったり、DVDや本などの情報を収集するなどの努力を行い、さらに「徹底的に滑る。」 これが骨太の成長原理でる。この課程を得て上手くなったスキーヤーは自分が悩んだ分だけ、指導のバリエーションも増えるし、何よりも自分に合った基本を身につけることができるようになる。

=みんな同じことを教えてくれているの?=
 ゴルフのレッスンを取り上げてみよう。青木プロ、倉本プロ、尾崎プロ、それぞれすごい選手だ。そして各自が抱く理想の技術はみな同じだと思う。ところが、そこに対するアプローチはみんな異なる。3人ともすごいから、とりあえず教われる人に全員教わればOKという発想で、全員からレッスンを受けたとする。一人はグリップを直せと言うかもしれない、一人はスタンスを直せと言うかもしれない。また一人はスイングを直せと言うかもしれないだろう。いずれも間違ったアプローチではないのであろうが、どれもこれもと課題を与えられていたのでは、悩んで迷って、結局何も身につかなくなってしまう。それどころかスランプにさえなってしまう。一つのことをこなせるようになるまでは、講師の浮気は御法度だと思う。

=本当にスキーが楽しいの?=
 昔アサリという男がいた。そいつは練習しないんだ。これが。いつもジャンプ台作っては、fu---って飛んでたり、こぶを楽しげに滑ったりと、型破りの男だった。でも彼は上手かったし、何よりもスキーが楽しかったのだろうと思う。みんな自分のスキーの楽しみ方って持っているのかな? 練習することが楽しいのならそれはそれで良いのだけど、やっぱ違う気がする。

 以上、いろいろと書いたけど、やっぱJESCのメンバーはフリーで滑る時間が少なすぎる気がする。もうちょっとJESCのメンバーがゲレンデで一人もくもくと滑っている姿をみられたらなああ。と思う今日この頃である。
 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

        

寒かった~~。

Category : 未分類
今日はサッカーの審判だった。
いやあああああああ、でも寒い! 死ぬかと思うほど寒かった。
風は強いし、砂は飛び散るし・・・・。
でも、大きな大会の準決勝、決勝の笛を吹けたことは幸せなことなのです。
わかるかなああああ。
 きっとこの心境って、全日本技選の決勝でジャッジをする。そんな気持ちなんだろうけどね~。
        

大雪?

Category : 未分類
今日は高崎で初雪が降った。
朝起きたらうっすらと積もっていた。
本当ならそこそこ雪が積もるという予報だったのだが、低気圧がやや北の方を移動したため、関東地方には比較的暖かい空気が入ったため多くの場所は冷たい雨になったようだ。高崎、榛名も朝の内は雪だったけど、そのうち雨に変わった。
 明日からは低気圧が発達して北上、西高東低の冬型になるらしい。山に雪が降ることを期待することにしよう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

        

ほっとする話

Category : 未分類
今日、コンビニに入って買い物をし終えて、店の外に出てきた時、若い(茶髪でエクステをたっぷりつけているそんな感じの)女のコが、店の外でゴミの回収をしていた。
 ちょっと近くを通っただけで、何とも言えない汚臭が漂うそんな作業だった。見るとゴミの中に、しっかりとたばこの吸い殻の固まり?が投げ入れられている。 「臭!」そう思いながら、車に乗り込んだ。そして先ほどの女の子を見ていると、手袋をつけることもせず、マスクをすることもなく、普通の顔でそのゴミを袋に丁寧に入れている。
 ・・・・・ なぜかほっとするシーンだった。私はこの手の若い子達は俗に言う3Kなる仕事を嫌い、いい加減に終えてしまうモノだと先入観を持っていたが、ただのゴミ掃除ではなく、たばこの吸い殻(半分液状になっている)の処理までやっている。もしかしたらその子が特例なのかもしれない。でも、そういうことができる子がしっかりいるんだと思ったら、何となくうれしくなってしまった。
        

ブラックジョーク

Category : 未分類
アメリカンジョークを一つ。
ある少年か道を歩いていると、足の悪い身体障害者が正面から歩いてきた。
そしてその少年とすれ違う際に、肩がぶつかった。そして何も言わずに去っていった。
ぶつかられた少年は妙にむかついた。そして身障者の後を彼の真似をしながらついていった。
それをどこかの大人が見ていて、大声で怒鳴ってきた。
「こらあああ、体の不自由な人の真似なんかするものじゃない!」
そう言って、その大人は身障者を殴った・・・。

※個人的にモラル上書くべきか否か悩んだが、とりあえず書くことにした。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

        

仕事始め

Category : 未分類
うちの会社。今日が仕事始め。
朝は役員の挨拶があり、その後わたしら中間管理職は全員で榛名神社に行って参拝。
おみくじ引くも末吉。
榛名神社って一度行ってみたらいい。岩が神社の建物の上に、どかーーーんってのっかっている。
相当に趣のある神社だ。例年だと神社の境内にある滝が凍っているのだが、今年は凍っていなかった。やはり異常気象なのだろう。
 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

        

Category : 未分類
先日DSで漢字検定のゲームをやっていた時に、私の子供の頃おふくろから教わった漢字の覚え方を思い出していた。
 その当時の私は漢字を読むのはできても、書くことが苦手だった(いまもそう)ので母親が歌うように調子をつけて教えてくれた。たしか松島の大漁唄い節の節だったように覚えているが・・・
「♪♪エンヤーどっと エンヤーどっと、努力という字は女の~又に力が入る♪」
だった。
小学校2年生だった自分。 

え? 女の又には力が入るって? どういう意味?と思いお袋に質問したら
「字もろくにかかれへんくせに、ほんまに色気づいてモー…」と頭をこづかれた。

当時の自分、まだ8歳です。普通の小学生がそんなことを考えるはずがない・・・。
うちのお袋はそんな人なのです。
        

三箇日

Category : 未分類
今日白樺に行ったら、例のごとくJESCメンバーが滑っていた。
別に約束して訳でもないが、なぜかみんなこの場所に集う。私も一人で滑ってみたが、このゲレンデは練習に向いているとつくづく感じた。中斜面をひたする滑ることは新しい技術を体得する上で重要なポイントだ。そういう意味で国際は良い。
 まだ雪不足の間はぬぐえないが、いつも使う練習バーンは滑ることができる。これからまだまだ降雪機を使って雪をつけていくことになるのだろうが、来週はあいにく暖かくなりそうだ。またみんなで雪乞いしましょう。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

        

あけおめ

Category : 未分類
あけましておめでとう。
ってな感じで2009年も始まった。今年の抱負を簡単に・・・

1.リフティングを連続50回できるようになること
2.富士山登頂
3.英語力の強化

 ってところか? ま、生活全般を考えればもっとたくさんあるのあろうけど、このブログを通しての社交辞令を交えた内容としてはこんなもの。とりあえずがんばることにしよっと!

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。