スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

万年筆

Category : スポーツ
万年筆と言えばモンブラン
私にとっても憧れの文具であるが
まだ自分自身
分不相応と思えてしまう
だからとりあえず
LAMYで済ませた。
といってもLAMYでも一番高価なものを選択
LAMY2000

先日、海外のお客さんの前で
そのペンを使った時
「その万年筆は歴史のあるモデルだよ」
と感心された。
で、調べてみたら40年間モデルを変えることなく
今日まで継承されてきたモデルだった
偶然にしてトラディショナルな万年筆であることを知った私
それだけでも
まだまだ高級万年筆を持つ身分にはなっていないようだ。。。

スポンサーサイト

テーマ : 50代のライフスタイル
ジャンル : 日記

        

オヤジーズ(5)

Category : スポーツ
昨日のブログの続きを書く

オヤジーズがロードバイクのブームを作り
クラブ活動を再始動し始めた
しかしながら上下関係を重んじる彼ら。

先日の赤城
駐車場で私は自分のロードバイクに空気を入れようとしていた
私の車の横でも同じようにロードバイクをセットする若手二人
見た目は二十代の後半といったところか。。。
二人で楽しげに話をしながら自分たちのロードバイクについて語っている
『良いねぇ。。。』
私はこんな若い連中が何でも良いからスポーツをしてくれることが嬉しい。
ロードバイクともなると
それなりの投資が必要で
始めるからにはそれなりの覚悟も必要。
その覚悟を決めてロードバイクを選んでくれたことは嬉しいことだ。

そんな私達の対角のエリアにも3人のローディー達
遠目に見てもすぐわかるオヤジーズ達
結構良いバイクに乗っているではないか。。。
で、その内の一人がロードバイクにまたがってかと思うと
つつつつとこちらに向かって走ってきた
お腹は典型的なぽっちゃり
でもバイクはトレックのお高めのモデル
そして若者達の前に来て
「みーーーっけ!」
若者達も驚いたようで
「あれ、●●さん?」
「おまえらもロードバイクやるんだぁ・・・?」とオヤジ
おもむろにバイクから降りて
ヘルメットを外したかと思ったら
たばこを吸い始める
顔中の髭がなんとも汚らしい。
イヤでも彼らの会話に耳が向く
「まだ走らねえのか?」
と、たばこを吹かしながら話すオヤジ
「夕べ、ちょっと飲み過ぎたんで」と若者
「ばーか、それじゃトレーニングにならねえだろ!」とオヤジ
『な、な、なんでトレーニングと決めつけてんの?』と私の心
「やっぱり、早朝から走らないと強くならねえよ」とオヤジ
『大きなお世話だよ。それよりもその髭どうにかしろ』と私の心

終始若者達はオヤジに気を遣ってる雰囲気
どうも会社の先輩と後輩の様子
オヤジーズの習性 「上下関係」がそのまま出ている感の会話
5分くらいオヤジはそこで話をして
仲間の所に戻り、そのまま赤城へと向かって行った

残された若者達
お互いに「あきれたね」と目を合わせていた。。

この感覚が
体育会系オヤジーズのノリ
スポーツ=トレーニングと決めつけ
しかも上下関係をひけらかす
これでは若手ものびのびと出来ない
おそらく今回のオヤジはワーストケースなのだと思うが
私もスキークラブで活動するオヤジの一人として
抑えなくてはならないオヤジーズの習性に気がついた次第だ。。。

私もその後 しばらくしてから
赤城を登り始めた
途中、先ほどのオヤジーズ3人組みがいた
超遅い
『トレーニングなんて言葉は使っちゃ駄目でしょ』
そう思いながら 私は彼らを抜いていった。

これからのスポーツを支えていくのは
若手達なのだ
今は若者のスポーツ離れが問題になっている
彼らには彼らの尺度があり やり方や価値観がある
頑張ることがダサいことと思う世代
きっとそれはスポ根を見て育ってきた我々にはわからないものなのだろう

だからこそ
彼らのやり方を伸ばしてやる
見守ってやる我々オヤジーズの寛大さが必要なのではないだろうか?

テーマ : 50代のライフスタイル
ジャンル : 日記

        

オヤジーズ(4)

Category : スポーツ
昨日のブログの続きを書く

20年ぶりに息を吹き返したオヤジーズ達は
スキーという二本の板から
ロードバイクという二輪に乗り換えた
たちまち日本はロードバイクブームになり
(私もその一人だが)
ここ数年 特にヒルクライムの大会は盛況
どの大会も即日申し込み終了が続いた
おそらくヒルクライムという競技
基本的にはそんなにテクニックを要せず
(実際には相当にテクニックは必要なのだが)
ひたすらこぎ続けるという根性要素が
オヤジーズの体育会魂をくすぐるのだと思う。

と、同時にあちこちで
サイクルクラブができはじめている
これは私もわかるのだが
一人で走るよりも仲間と走ると
楽しさ倍増
さらに強い選手と一緒に走ると
自分も強くなる
そういう意味で団体で活動することは決して悪くないとも思う

が、しかしオヤジーズの弱点
「上下関係」
がこの世界をある意味排他的にしてしまわないかと
やや心配になってしまうのだ。。。

そんな気になってしまうことが
先日 赤城に行ったときにあった。。。

(続きは明日)

テーマ : 50代のライフスタイル
ジャンル : 日記

        

オヤジーズ(3)

Category : スポーツ
昨日のブログの続きを書く

スキーブームを作った先輩、後輩達は
しばらくの間なりを潜めていた
ある者は一家の主として
あるものは会社の管理職として

そして2010年代に突入
当時の先輩達もあれから20年の時間が経ち
子育てに、そして肩書き作りに
余裕が持てるようになった頃
欧州からロードバイクの波が押し寄せてきた

スキーを改めて始めたくても
カービングスキーの台頭で大きく変わったスキー技術を
今更やり直すこともややプライドが許さない

そんな彼らにとって
スキーブームよろしく 派手なコスチュームに
男の子の大好きなメカニック
自分でちょこちょこいじれるとことろは
スキーのチューンナップなんかにも似てたり。
それに自転車だったら誰でも乗れるぜというハードルの低さも手伝って
ロードバイクは広がっていく要素が十分にあった。

さらに彼らは昔と違っていた
ある程度経済的にも余裕が持てるようになっていたのだ
大人買いよろしく
高級なロードバイクを購入し
ぽっちゃりお腹を気にすること無く
レーサーパンツとスリムなジャージを着て
街を走り始めた
オヤジーズが息を吹き返したのだ。
20年ぶりのオヤジーズ達の復活はこうして始まった。

(続きはまた明日)

テーマ : 50代のライフスタイル
ジャンル : 日記

        

オヤジーズ(2)

Category : スポーツ
昨日のブログに引き続き
オヤジーズについてさらに書きたい

スキーブームの基本になったのは基礎スキーであったことを
昨日のブログに書いた
基礎スキーというのは主観のスポーツであり
ある意味 審判の好き嫌いで勝敗が決まる
一応一定の評価基準はあるのだが
それもかなり曖昧なもの
まぁ主観的な評価を持つスポーツはみんなそうだが。

審判は大抵が競技のOB
ということは大先輩
選手達は少しでも点数を出すために
先輩にこびることもなかったとは言えない
また先輩達もそれをいい気におごっていなかったとも言えない
基本、タイムやゴールの数を競うスポーツと違い
好悪が入るスポーツ
自然と上下関係は生まれてくるものだ

当時のSAJの教育本部にもその風潮はあったように思う
夜の飲み会で若手は動き回って酒をつぐ。
あれ、これって会社と同じか・・・
 
まそれはおいといて。
このようなSAJの上下関係は地域の下部組織でも同様
いつまでもその役職にしがみつきたい先輩
利得権があったかどうかは不明だが。
そしてその先輩に頭の上がらない選手達
本来コーチ(先輩)は親身になって
選手(後輩)のことを考えるもの。
しかし基礎スキーの場合
それもあったかもしれないが
どこかしら 自分の利得権を優先に考える先輩もいたはずだ。

この習わしを知ったまま
当時のスキーブームを作った人々はスキーを離れていった
そしてしばらくなりを潜めていたのだ
子供や妻を養うため、各企業で上に立つために。。。

(この続きはまた明日。)

テーマ : 50代のライフスタイル
ジャンル : 日記

        
プロフィール

Yoppi828

Author:Yoppi828
自称:滑って走れるエンジニア
・群馬県高崎市在住
・8月28日生まれ (乙女座)
・大阪府富田林市出身
 その後 仙台ですくすくと・・・・
 就職は熊谷の大手非鉄金属メーカの研究所
 高崎市の電子部品メーカに転職
 2014年に気合い入れて脱サラ
 現在の技術コンサルタント業に従事
・SAJ指導員
 (元秋田県デモンストレータ)
・職業:流浪のエンジニア(コンサルタント)
・趣味:スキー、ロードバイク、その他運動
・血液型:O型
・座右の銘:継続は力なり
・スキークラブJESCの代表
・HOME PAGE http://jesc.web.fc2.com/

投票ボタン
blogramで人気ブログを分析
地球の名言

presented by 地球の名言
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。